ハッソ・プラットナーの名言

ハッソ・プラットナーのプロフィール

ハッソ・プラットナー。ドイツ人経営者。大手ソフトウェア会社「SAP」共同創業者。ベルリン出身。カールスルーエ大学卒業。IBMに入社。その後、同僚たちとともにSAPを設立。同社CEO(最高経営責任者)を務めた。

ハッソ・プラットナーの名言 一覧

経営者は常に備えている必要がある。


問題の本質は、事業の軸足をいつ既存製品から新製品に移行するかにある。躊躇していれば、会社の命取りになる。


SAPが再び成長軌道に乗れたのは、大学で新技術を開発して次の時代に備えていたからだ。


ソニーのウォークマンはアップルのiPodに、フィンランドのノキアの携帯電話はiPhoneにとって代わられた。変化に対応できなければ、会社を危機に追い込む。我々も、かつては変化に対応できない恐竜と揶揄されていた。


一般に、会社が成長している時は、次世代を担う事業への投資に関心が向かない。一方で、会社が危ないと気付いた時には大抵、投資資金が底をついている。事業の世代交代は適切なタイミングで決断できるか否かにすべてがかかっている。


ハッソ・プラットナーの経歴・略歴

ハッソ・プラットナー。ドイツ人経営者。大手ソフトウェア会社「SAP」共同創業者。ベルリン出身。カールスルーエ大学卒業。IBMに入社。その後、同僚たちとともにSAPを設立。同社CEO(最高経営責任者)を務めた。

他の記事も読んでみる

藤沢武夫

重役とは、未知への探求をする役である。重役が未知の探求をしないで後始末ばかりしている掃除屋であってはならない。


石坂典子

父親が裸一貫で起こしてきて、誰よりも朝早く来て、仕事を指示してやってきたわけですから。父そのものが経営方針みたいなものだった。だけど、うちは家業から企業への転換期に差しかかっていたし、父に経営方針というのを作って欲しいと頼んだんです。やはり創業者が作るべきだと思いましてね。


柳井正

当社は大きくはありません。大きいことはいいことではありません。大きくなると動きが鈍くなる。もっと俊敏にならないと。


三宅裕之

私は極力、昼食に同じものを食べないようにしています。日常生活の中で小さな変化に慣れておくことで、大きな変化やチャレンジに臆せず向き合うことができるのです。


石坂典子

社長としてまず取り組んだのは、会社のイメージを良くし、ブランドを高めることです。私は子供の頃、産廃処理業者の娘だと周りからバカにされた経験があります。当社に入社してからも、産廃処理業者がいかに下層の仕事だと見られているかを、イヤというほど感じさせられました。産廃処理は絶対に世の中に必要な仕事なのに、これでは次の世代を担おうという人が現われないという危機感もありました。


赤羽雄二

会社では落ち着いて情報収集することができませんし、目先の情報しか追えません。ほかの人が起きていない時間などに自分のスキルアップやキャリア形成に関わる記事などを、範囲を広げて読むことをお勧めしています。


本間正人

妥協グセのある人は、心の振れ幅が基本的に少ない。つまり、感動や悔しさを人より感じにくい。このため、仕事の楽しさを見つけにくい。妥協グセの人が渇望しているのは、ずばり心理的報酬です。


小笹芳央

楽観的に考えるか、悲観的に考えるか。ものごとの捉え方が重要です。これは10年以上、会社を経営してきた中で学んだ経験則です。


名越達彦

サービス開始前は厳しい意見をいただきましたが、お客様の信頼を得ようと努力してきました。100%子会社の小売り事業者を全国各地に8社設立。社名も「札幌電力」「東日本電力」など親しみのある社名にしました。お客様の支持も得られ、実績もでき、大手の子会社がしのぎを削る中、現在、業界24位のポジションの事業者になっています。


前川正

やみくもに拡大を目指すつもりはありません。製造業の原点に立って、お客様が求めるモノを作り続けていけば、自然と規模は拡大すると信じています。


新井淳子

若い世代の人たちは自信がないだけ。ぜんぜんやる気がないように見える部下でも、いろいろ話を聞くと、成功体験がなく経験値も低いので不安なだけだということがわかってきます。


松本晃(経営者)

従業員の給料は、会社にとって「費用」ではなく「投資」です。その意味で、給料は会社にとって設備投資よりも大事な投資なのです。だから、儲かれば返す。当たり前のことです。そうすれば、皆もっと頑張ります。


安田道男

戦略の方向を間違えないことも会社の雰囲気を良くするには重要です。間違った戦略を取ったことで、会社の士気が落ちると社内がギスギスしてしまいますから。


高原豪久

社長就任時、多角化経営の縮小や指示待ち体質の社風を変えることが急務だったが、変革を断行すれば、最大の強みである一体感が瓦解するリスクもある。改革を進めつつ、前社長(父で創業者の慶一朗氏)のカリスマ性に変わる何か、すなわち「求心力維持のためのシンボル」を早急につくりあげる必要があった。


石川康晴

経営者の仕事の一つは、壊すこと。創造性を意識した破壊で、これまでの流れを断ち切るのです。私たちで言えば、企業理念、事業領域、社名を変えました。また、完成度の高まったブランドを一度見直したり、無くしてしまったりするのも社長の仕事です。これは、優秀な部長でもなかなか出来ません。


ページの先頭へ