名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

ハイデッガー(ハイデガー)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ハイデッガー(ハイデガー)のプロフィール

マルティン・ハイデッガー。ドイツの哲学者。バーデン大公国ウュルテンベルク州メスキルヒ出身。フライブルク大学教授・総長などを務めた。著書に『存在と時間』『心理学主義の判断論』『形而上学入門』。

ハイデッガー(ハイデガー)の名言 一覧

人は、いつか必ず死ぬということを思い知らなければ、生きているということを実感することもできない。


人間の現存在の過去というものは、無ではなくて、私たちが深淵へと成長するときに繰り返しそこへと帰っていくところなのです。しかし、この帰還はけっして過ぎ去ったものを継承することではなく、それを変貌させることなのです。


死とはたんにまだ実現していないあることではないし、極小にまで縮まった最後の間隙でもない。死は何よりも、そこまで来た差し迫りなのだ。


ハイデッガー(ハイデガー)の経歴・略歴

マルティン・ハイデッガー。ドイツの哲学者。バーデン大公国ウュルテンベルク州メスキルヒ出身。フライブルク大学教授・総長などを務めた。著書に『存在と時間』『心理学主義の判断論』『形而上学入門』。

他の記事も読んでみる

岡野原大輔

私の目標は技術を通じて、世の中を良くしていくということ。そのためには、技術を研ぎ澄ます一方で、世の中の課題や問題を理解した上でそれを解決したいという熱意をもつことが重要。


岸上克彦

メーカーとして、商品の供給を途絶えさせることは許されない。


田村恵子

常に緊張を強いられる仕事のため、生活には意識してメリハリをつけるようにしています。私はどこでも眠れる体質で、疲労をためこまずに済んでいますが、精神のコンディションを整えることも大事ですからね。


日野原重明

昔は糖尿病や心疾患、脳血管疾患のことを「成人病」と呼びましたね。そう呼ぶと患者さんたちが「成人になったのだから、成人病にかかるのは仕方ない」と思ってしまう。しかし、こうした病気は食生活や日頃の運動によって予防できるし、治癒もできる。生活習慣が原因なら、それを改めればよいのです。「成人病」を「生活習慣病」と呼び換えるだけで、人々の意識は変わるのです。だから公的な文書でもそう呼び換えるよう、政府に働きかけました。


神田昌典

できる営業マンは、しゃべらない。できる営業マンを分析していくと、共通する特長がある。ほとんど例外なく、しゃべらないのである。まず「お客様はどんな商品が欲しいのですか?」と聞く、そしてお客の方から話をさせる。しゃべっているうちに、お客は自己説得をしてしまうのである。


堺雅人

もちろん伝統は大事です。しかし、それにこだわらず、自分たちが面白いと思うものに嘘をつかずに作っていくことが誠実なやり方だと思っています。


亀井忠夫

「社会環境デザインの先端を拓く」という意識は強く持ち続けていきます。社員の一人一人がこの考えを共有していますが、私自身もこの最終的な目的を考えながら、建築家としての信念は貫いていきます。


宮原賢次

私は通算で10年近く米国に駐在し、90年から93年までは米国法人の社長を務めました。役員の中では米国社会を最も理解している一人であるという自負もありました。だから、新米社長として事件処理に直面したとき、「自分がやらねば誰がやるのか。これは巡り合わせだ」と、あえて自分を奮い立たせました。
【覚書き|元社員による米国での銅の簿外取引で3000億円の損失を出した問題が、社長内定後に発覚したときを振り返っての発言】


松田昌士

当社には役員室をはじめ、どのフロアにも個室や間仕切りは一切設けていません。社長も個室はなく、役員と一緒の大部屋です。そこで役員が話していることは、聞こうとしなくても耳に入ってきます。いまの情勢をどう見ているかといったことも聞こえてきます。電話の声が聞かれたって困りません。結果的に役員間の意識は共有化し、情報も共有化します。これも風通しを良くしている一因でしょう。


茂木健一郎

私は年代論はあまり好きではない。一括りにしてしまうと、その中にある様々な個性や多様性が見えなくなってしまうと感じる。また、年齢で人の生き方や考え方が決まるとも思わない。現代においては、何歳になっても若々しい人たちもいるし、子供でも、大人顔負けの知識やスキルを持っていることも多い。


佐藤勝人

フィルムカメラであろうがデジタルカメラであろうが、あるいはそれが「スマホ」に替わろうが、お客さんには関係ない。お客さんは、「想い出をきれいに残す」ためにカメラを買うのであって、突き詰めれば我々も、そのためにこの商売をしている。


島正博

和歌山の方が空気も良く、渋滞もありませんから、仕事をするにはちょうど良いでしょう。都会から離れている方が、独創的な発想も生まれてきます。だからこそ和歌山が一番だと思い、本社を置いているのです。現在日本には目立った競合がおらず、したがって質の良い新しいサービスやソフトを供給するには、創造性が大切だと考えました。