名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ハイデッガー(ハイデガー)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ハイデッガー(ハイデガー)のプロフィール

マルティン・ハイデッガー。ドイツの哲学者。バーデン大公国ウュルテンベルク州メスキルヒ出身。フライブルク大学教授・総長などを務めた。著書に『存在と時間』『心理学主義の判断論』『形而上学入門』。

ハイデッガー(ハイデガー)の名言 一覧

人は、いつか必ず死ぬということを思い知らなければ、生きているということを実感することもできない。


人間の現存在の過去というものは、無ではなくて、私たちが深淵へと成長するときに繰り返しそこへと帰っていくところなのです。しかし、この帰還はけっして過ぎ去ったものを継承することではなく、それを変貌させることなのです。


死とはたんにまだ実現していないあることではないし、極小にまで縮まった最後の間隙でもない。死は何よりも、そこまで来た差し迫りなのだ。


ハイデッガー(ハイデガー)の経歴・略歴

マルティン・ハイデッガー。ドイツの哲学者。バーデン大公国ウュルテンベルク州メスキルヒ出身。フライブルク大学教授・総長などを務めた。著書に『存在と時間』『心理学主義の判断論』『形而上学入門』。

他の記事も読んでみる

田中孝司(経営者)

スピード感の欠如は業界特有の問題でもあります。通信業者は月々に決まった収入があり、収益は急激に変わりません。世の中に10の変化が起きても、0.5くらいの変化しか起きません。そのため、世の中の変化が業績に直結するメーカーなどとは違い、社会の変化に乗り遅れてしまうのです。


佐々木常夫

まわりがサポートしたくなるのは、自分の弱さから目を背ける人ではなく、弱さを認めたうえで改善しようと頑張る人。うまくいかないときにまわりの目を気にして格好つけても、事態は良くなりません。自分の弱さを素直にさらけ出すことで人は共感し、手を差し伸べてくれるのです。


荻野幸一

ヒトを大事にすると同時に、現場を大事にする。モノをつくる最後の砦は現場にあって、そこの技能を継承するためにこの学校(デンソー工業技術短期大学校)があるのです。新製品開発や試作などの高い創造性が求められる分野は、高度な技能を持つ人材の育成がますます重要になっています。技能五輪はそうした現場のひとつのシンボルといえるもので、ここまでこだわってやっているのは、あるいはうちぐらいのものかもしれません。


外村仁

経営的な視点で見ると、結果的に効率的なんです。例えば、無料の社員食堂。社員全員の食費を負担していますから、一見コストがかかりそうに見えます。しかし、米国は日本のようにオフィスビルを出るとすぐに食事ができる場所がありませんから、駐車場まで歩いてクルマに乗ってとやっていると、すぐに1時間以上取られてしまうわけですね。だったら、食事を無料にしてでも会社の中で済ませてもらい、時間を効率的に使ってもらった方が、会社から見ればはるかに生産性を高められます。社食を無料にすれば、お金を管理する決済事務も不要ですし、レジ打ちの人を雇う人件費も不要です。出張理容店や歯医者、クリーニングやオイル交換も基本は同じ理由です。


岩田聡

私はもともとプログラマーですから、自分がつくったものに対して、喜びにしろ、怒りにしろ、ユーザーの反応をすぐに知りたいという欲望がものすごく強いのです。


宇佐神慎

我々は、コンペティションには参加しません。コンペは統一基準を前提にするため「会議室は何部屋で机は何席」等とベースが決まっていることが多く、顧客にとって有益なデザインに結び付くのか疑問です。当社は企業のビジョンに合わせた個別対応で、デザインから施工まですべて正社員が行います。


谷所健一郎

人材を選別するときに見るのは、「組織適応力」です。つまり周囲の人間を巻き込んで、協力しながら仕事をしていける人材かどうか。いくら実務能力や実績があっても、一匹狼的な人ははじかれる可能性があります。


渡邊陽一

自分の心に素直にならないと、何にも始まらない。


山田満(経営者)

誰でも少年の頃には、いつもときめいていたでしょう。新しい人との出会いや世界が広がる経験をすれば、心が躍った記憶があるでしょう。大人になっても、いくつになってもときめいていなければいけません。私は新しいことに挑戦しているときは、新鮮な気持ちでいられるし、今でもときめきます。


孫崎享

30代になると、それなりの経験と力が身についてきて、「自分がこんなポジションにいるのはおかしい」「もっとふさわしい仕事があるはずだ」と考えたくなることもあるでしょう。でもそんなときこそ、好機と心得るべきです。世の中には、自分の望みどおりの仕事に就けないと、力を出し惜しみする人がとても多い。一方で、仕事を選り好みせずに期待以上の働きをする人は少ないですから、努力の何倍も評価されるのです。


北尾吉孝

自分に起きたことはみな天の配剤だと思って受け入れる。これは私の考え方の基本にあるものです。だからクヨクヨ悩んだりもしません。たとえば、ある会社を買収しようとして上手くいかなかった場合、「ああよかった。これはきっと天が買収しない方がいいからと、そう仕向けたんだ。買収したら何か問題が起こったに違いない。そんなことに資金を使わずに済んでよかった」と考えます。


林文子

お客様がショールームにいらっしゃったら、真っ先に「お忙しいなか、わざわざ足を運んでいただいて、本当にありがとうございます」という感謝の気持ちを全身で表現するようにしていました。具体的には、お疲れの様子であれば、ソファーに座っていただく。暑い日であれば、冷たいお茶を差し上げるといった具合にです。その次に、お客様のよいところを素早く見つけてほめるんです。このときのポイントは、買うか買わないかではなく、「どこからお越しになったのか」「素敵なお洋服だな」というように、そのお客様個人に関心をもつこと。そうすれば自然と、「そのハンドバッグ、とても素敵ですね。じつは私も、同じくらいの大きさのものを探していたところだったんですよ」と、ほめ言葉が出てくるものです。ほめられて嫌な気がする人はいません。だから、スムーズに商品説明へと入っていくことができるんです。