名言DB

9419 人 / 110788 名言

ハイデッガー(ハイデガー)の名言

twitter Facebook はてブ

ハイデッガー(ハイデガー)のプロフィール

マルティン・ハイデッガー。ドイツの哲学者。バーデン大公国ウュルテンベルク州メスキルヒ出身。フライブルク大学教授・総長などを務めた。著書に『存在と時間』『心理学主義の判断論』『形而上学入門』。

ハイデッガー(ハイデガー)の名言 一覧

人は、いつか必ず死ぬということを思い知らなければ、生きているということを実感することもできない。


人間の現存在の過去というものは、無ではなくて、私たちが深淵へと成長するときに繰り返しそこへと帰っていくところなのです。しかし、この帰還はけっして過ぎ去ったものを継承することではなく、それを変貌させることなのです。


死とはたんにまだ実現していないあることではないし、極小にまで縮まった最後の間隙でもない。死は何よりも、そこまで来た差し迫りなのだ。


ハイデッガー(ハイデガー)の経歴・略歴

マルティン・ハイデッガー。ドイツの哲学者。バーデン大公国ウュルテンベルク州メスキルヒ出身。フライブルク大学教授・総長などを務めた。著書に『存在と時間』『心理学主義の判断論』『形而上学入門』。

他の記事も読んでみる

池谷裕二

言語化しなければ、自己満足で留まってしまいます。少なくともサイエンスの世界においては、発表する能力がなければサイエンティストでさえないのです。当然、そのままでは、サイエンスの世界では「優秀ではない」と評価されてしまうでしょう。


最上悠

頼りになる人と、都合のいい人の境界線は、すべて相手の言いなりか、そうでないかの違いです。頼まれたことを無条件に引き受けるのではなく、自分で判断して手を貸すのかを決めることが肝心です。


豊田圭一

経験値を積み重ねることで体感したのは、「やったら必ず何らかの成果につながる」ということ。だから多くの経験を得るためにも、「すぐやる」ことが大切。


中原伸之

日銀の独立性とは突き詰めれば、個々の審議委員が周囲から影響を受けずに、独立して判断できるかにかかっています。議論はすべて政策決定会合の場でなされるべきとの信念から、事前の根回しのようなものは一切しませんでした。ずいぶん変な人間が来た、と見られたかもしれませんが、真剣勝負というのはそういうものだと思います。


大山健太郎

人員削減によって100の売上が70に減るのであれば、人員削減をせずに売上を120~150に伸びるよう考えさせた方がいい。そうすれば、経費削減以上の効果が出るものです。金利や共通費用の負担が減るだけで、みな前向きに動き出しやすくなる。


国吉拡

営業とは狩りと同じだというのが私の信念です。


横山信弘

上司から会議に招集される立場の人は、出る意味がないと感じた会議をボイコットしましょう。私も、「情報共有のためにとりあえず呼ばれた会議」には出席しませんでしたが、案外怒られませんでした。いてもいなくても同じだからです。そのうち飲み会と同じで、「いつも来ないから呼んでも仕方がない」と思われるようになり、呼ばれなくなります。とはいえ、他のメンバーが会議に出席しているのに、デスクで仕事をするのは得策ではありません。会議に出ないためには、それ相応の理由がなくてはならないのです。そこで、私は会議に合わせてアポイントを入れることを勧めています。「お客様のために」と言われれば、上司も「仕方がないな。そっちを優先しろ」と諦めてくれるものです。


西水美恵子

貧しい村で一晩でも村人と過ごせば、いままで見えなかったことがガンガン見えてきます。最初、自分に対して罪悪感が生じるものです。そこで、一人では精神的に危険と判断して、専門分野の違う人を複数で送り込みました。読み書きができなくても住人はよく地域経済を把握しています。パキスタン北部の僻村の人々は、BBCの短波放送をラジオで聞いています。こうしたことを体験すると、無学と人間の英知は関係ないことがわかります。裕福になる戦略を持っていても、実行に移すための政治やお金がない。そういう「真空状態」が貧困を強いていると気づくと、罪悪感が情熱に一変します。もともと持っている世界銀行職員としての使命感に火が付きます。
【覚書き|世界銀行職員に貧しい村で生活することを課したことについて語った言葉】


張勇(ダニエル・チャン)

アリババは「消費者ファースト、その次が従業員、その次が株主」というスローガンを掲げている。株式の短期的な上昇や下落よりも、いかに消費者のニーズを満たしていくかを重視している。


高橋克実

僕は51歳になっても何も変わらぬ、いなかっぺなんですよ。今も芸能人見て興奮して、クルマで東京を走っているだけで、「都会だー」って楽しくてしょうがない。芸能界に憧れて上京してきた、いなかっぺ代表。それが高橋克実です。