ハイデッガー(ハイデガー)の名言

ハイデッガー(ハイデガー)のプロフィール

マルティン・ハイデッガー。ドイツの哲学者。バーデン大公国ウュルテンベルク州メスキルヒ出身。フライブルク大学教授・総長などを務めた。著書に『存在と時間』『心理学主義の判断論』『形而上学入門』。

ハイデッガー(ハイデガー)の名言 一覧

人は、いつか必ず死ぬということを思い知らなければ、生きているということを実感することもできない。


人間の現存在の過去というものは、無ではなくて、私たちが深淵へと成長するときに繰り返しそこへと帰っていくところなのです。しかし、この帰還はけっして過ぎ去ったものを継承することではなく、それを変貌させることなのです。


死とはたんにまだ実現していないあることではないし、極小にまで縮まった最後の間隙でもない。死は何よりも、そこまで来た差し迫りなのだ。


ハイデッガー(ハイデガー)の経歴・略歴

マルティン・ハイデッガー。ドイツの哲学者。バーデン大公国ウュルテンベルク州メスキルヒ出身。フライブルク大学教授・総長などを務めた。著書に『存在と時間』『心理学主義の判断論』『形而上学入門』。

他の記事も読んでみる

山崎元

自分から作る人間関係と、受動的な人間関係とでは、長い目で見ると非常に大きな差がつく。


北尾吉孝

「志」は「士」に「心」と書きますね。「士」のうちの「十」は一般大衆を表し、「一」は、彼らを率いる指導者を表す。方向性を与え、責任を担うのがリーダー。


根岸秋男

これまでの企業理念は長かった。素晴らしい理念でも従業員に伝わらなければ意味がない。そこで、短い言葉でわかりやすくした。


中田亨

会社の情報漏洩の多くが、いわゆる「風呂敷残業」、つまり仕事を家に持ち帰ることから生まれています。「不必要な書類は作らない」とルール化することで、一石二鳥の情報漏洩防止になるのです。


柳井正

寛容性や他人への共感がないとビジネスの現場は回っていきません。いろいろな人に会って、いろいろな考え方を知る。いろいろな現象を分析する能力がなければ経営はできません。


和地孝

おもてなしの感性を持ったプロが上司にいました。大阪の話ですが、ある日、高麗橋の吉兆に会合の下見に行くように言われました。心の中では「前の日にも接待で行っていたので、わざわざ下見に行かなくてもわかっている」と思いながらしぶしぶ出かけて帰って報告すると、「クーラーの風はどの方向に流れていた?」と聞かれたんです。ギョッとしましたね。「最初に言ってくれればいいのに」と思いましたが、いま振り返ればそれが教育なんですね。はじめからクーラーの風の向きを見てくるようにと指示してしまうと、それしか目に入らなくなってしまうわけです。ただ行って見て来いとしか言われなければ、自分で問題意識を持ちます。それが大切なんです。


ジョセフ・アディソン

人間は笑うという才能によって、他のすべての生物よりも優れている。


おちまさと

自分にイライラする人にありがちなのが、本来は優先順位が低く、イライラするべきではないことに、イライラしているというケースです。そんなときは当初の目的に立ち戻ることが大切です。


殿村美樹

賛否両論をどんどん出してもらって、出来ることと出来ないことがはっきりしたら、企画書を作り直せばいいんです。修正のチャンスがもらえるのは、相手が自分と組みたいと思った証拠。企画自体は通ったようなもの。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

計画性というのは、一種の習慣です。ですから、それが習慣として身に付いていない人にとっては、「目的を達成するためにまずは計画を立てる」という行為が決して当たり前のことではないのです。


鵜澤静

当社がさまざまな事業を手がけてきたのには理由がある。かつては、企業があまり多くの事業に手を出すと、選択と集中がうまくいっていないとか、コングロマリットディスカウント(企業全体の価値が、個々の事業部がもたらす価値の合計を下回ること)だと言われたものだが、私は「ひとつの事業だけで、ゴーイングコンサーン(継続企業の前提)を守れるのだろうか」と、特にリーマンショックをきっかけに、危機感を抱くようになった。


小田與之彦

お客様へのもてなしを支えるのは社員です。だからこそ、当社では社員が幸せだと感じてもらうことが大切だと考えて体制を作ってきました。例えば、女性社員が子供を育てながら安心して働けるよう、母子寮を併設した企業内保育園「カンガルーハウス」を86年に設置しています。また、料理搬送システムも省人化を実現すると同時に、客室係の負担を減らすことで、お客様へのもてなしを手厚くすることを可能にしました。


内田篤人

成長って、その環境に慣れることだと思う。だからレベルの高いところへ行った方がいい。


ダン・ケネディー

企業の業績を判断する基準は同じだ。売上高や市場シェア、利益率、収益の伸びがその基準となる。しかし、私は以前から別の基準を唱えてきた。私は、長期利用の顧客やリピーターの確保をもっと重視すべきだと考えている。顧客ロイヤリティ(顧客の愛着度)を高めることを最優先に経営を行えば、売上高アップなど経済的な目標もおのずと達成できる。


川野幸夫

自分たちの独自性をどこまで深く追求していくことができるか、それが勝負だ。


ページの先頭へ