ハイデッガー(ハイデガー)の名言

ハイデッガー(ハイデガー)のプロフィール

マルティン・ハイデッガー。ドイツの哲学者。バーデン大公国ウュルテンベルク州メスキルヒ出身。フライブルク大学教授・総長などを務めた。著書に『存在と時間』『心理学主義の判断論』『形而上学入門』。

ハイデッガー(ハイデガー)の名言 一覧

人は、いつか必ず死ぬということを思い知らなければ、生きているということを実感することもできない。

人間の現存在の過去というものは、無ではなくて、私たちが深淵へと成長するときに繰り返しそこへと帰っていくところなのです。しかし、この帰還はけっして過ぎ去ったものを継承することではなく、それを変貌させることなのです。

死とはたんにまだ実現していないあることではないし、極小にまで縮まった最後の間隙でもない。死は何よりも、そこまで来た差し迫りなのだ。

ハイデッガー(ハイデガー)の経歴・略歴

マルティン・ハイデッガー。ドイツの哲学者。バーデン大公国ウュルテンベルク州メスキルヒ出身。フライブルク大学教授・総長などを務めた。著書に『存在と時間』『心理学主義の判断論』『形而上学入門』。

ページの先頭へ