名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ノーマン・ヴィンセント・ピールの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ノーマン・ヴィンセント・ピールのプロフィール

ノーマン・ヴィンセント・ピール。米国の牧師、講演家、能力開発分野の権威。ポジティブシンキングの伝道師。多くの成功哲学の本を書く。中でも著書「積極的考えの力」は41ヶ国で翻訳販売され2000万部以上売り上げた。多くの人々の人生に大きな影響を与えた人物

ノーマン・ヴィンセント・ピールの名言 一覧

ポケットが空だからといってできないことは何もない。できないのは頭の中身や心の中が空っぽのときだけである。


あなたの考え方を変えなさい。そうすればあなたの世界を変えることができるのです。


全身全霊を注げば、問題解決の能力は驚異的に高まる。


ノーマン・ヴィンセント・ピールの経歴・略歴

ノーマン・ヴィンセント・ピール。米国の牧師、講演家、能力開発分野の権威。ポジティブシンキングの伝道師。多くの成功哲学の本を書く。中でも著書「積極的考えの力」は41ヶ国で翻訳販売され2000万部以上売り上げた。多くの人々の人生に大きな影響を与えた人物

他の記事も読んでみる

蛭子能収

ギャンブルで負けても、自分なりのルールがあれば、引き際を見失わずにすみます。「このルールを破ってしまうとどうなるか?」を、いつも念頭に置いて行動しています。


峯島忠昭

先のことを考えて、いまの自分の人生を変えたいと考えている人は少なくないはず。そうした方には、考えるだけではなく、ぜひ行動を起こしてほしい。


山本良一(経営者)

マーケットの変化に対応できなければ壊滅。


弘兼憲史

群れたがる人は、自分に自信がないのでしょう。1人では不安だから、仲間を増やす。もちろん、派閥が出世に影響することもありますが、派閥争いに負ければ、一蓮托生で冷遇されることもある。


羽田圭介

芥川賞の受賞直後に、本の紹介とは関係ないバラエティ番組の依頼がきて、ためしに1個受けてみたら、オンエアの後に他のバラエティ番組からも依頼が来て。最初の頃はテレビに出るとものすごく疲弊していたし、街で顔がバレるのもイヤだったんですよ。ただ、これって得るものが多いなと思ったんですよね。普通、なかなか経験できないことじゃないですか。何本かバラエティに出た頃には、この経験を基にした小説を書こうという気持ちになっていました。


木村俊昭

リーダーは、増幅型リーダーと消耗型リーダーの二つのタイプに分けられるという研究があります。消耗型リーダーとは、一言でいえば周囲の人を道具のように扱うリーダーです。スタッフがミスをすればそれを責め、会議では自分ばかりがしゃべり、ほかの人の意見を求めない。優秀な人間かほしいときは、外部から雇えばいいと考えている。これでは持続的な地域の活性化は望めません。地域創生においては役割分担や出番創出もポイントになります。これを実現できるのは、組織や周囲の人の力を引き出すことを得意とする増幅型リーダーだといえます。


田中ウルヴェ京

意固地になっていても、目的は達成できません。冷静に、柔軟に、様々なアプローチをとらなければなりません。


岡本行夫

私の友人が文部科学大臣だった時に、せっかく小学生から英語を教えることになったのに、次の大臣がそれをひっくり返してしまった。子供には無限の吸収能力があるので、小学生から教えればいいんです。今や英語は国際語ですから、そこに逆らってみても仕方ありません。


島田裕巳

いまの日本は無縁社会かもしれない。しかし、無縁は自由の同義語であり、住み慣れた自分の土地はある意味で自分の一部である。いざというときは自分一人の部屋で死ぬことや、自分の土地で辛い目にあうことを覚悟し受け入れてしまえば、思い切りよく明日を生きていくことができるだろう。世の成り行きに不安を覚えている人たちに、そのことを伝えたい。


佐々木常夫

部下に仕事を頼むとき、ただ作業内容を伝えているだけ、なんてことはありませんか? これでは頼まれたほうは考えることもなく作業をこなすだけなので、実になりません。大事なのは部下が仕事を始める前に、何のための仕事なのかを明確に示した上でゴール(目標)をきちんと設定させること。これを怠ると、部下はヤル気もやりがいも、達成感すらも得ることができません。


森川亮

人間、上からものを言われるよりは、お願いされた方が気持ちいいですから。


三浦しをん

人間と人間か出会い、葛藤し、その結果うまくいくか決裂するか、というのがやっぱりストーリーの定型だと思うんですよ。つきつめると、それ以外の型って実はあまりないもちろんどう描くかという味つけは様々ですが、特に男女の関係性を書こうとすると、間に生まれた恋愛が成就するかどうかがクライマックスになりやすい。型を踏まえたほうが、物語としては絶対に面白くなるんですよ。盛り上がりを作りやすいし、何を言わんとしている話なのかも読者に伝わりやすくなる。それも悪くはないし私も大好きなんだけど、たまには違うのもあっていいんじゃないかなって思うんですよね。一瞬の恋愛よりも、その先だったり恋愛ではない関係性だったりを知りたいし書きたいんですよ。