ノーマン・ヴィンセント・ピールの名言

ノーマン・ヴィンセント・ピールのプロフィール

ノーマン・ヴィンセント・ピール。米国の牧師、講演家、能力開発分野の権威。ポジティブシンキングの伝道師。多くの成功哲学の本を書く。中でも著書「積極的考えの力」は41ヶ国で翻訳販売され2000万部以上売り上げた。多くの人々の人生に大きな影響を与えた人物

ノーマン・ヴィンセント・ピールの名言 一覧

ポケットが空だからといってできないことは何もない。できないのは頭の中身や心の中が空っぽのときだけである。


あなたの考え方を変えなさい。そうすればあなたの世界を変えることができるのです。


全身全霊を注げば、問題解決の能力は驚異的に高まる。


ノーマン・ヴィンセント・ピールの経歴・略歴

ノーマン・ヴィンセント・ピール。米国の牧師、講演家、能力開発分野の権威。ポジティブシンキングの伝道師。多くの成功哲学の本を書く。中でも著書「積極的考えの力」は41ヶ国で翻訳販売され2000万部以上売り上げた。多くの人々の人生に大きな影響を与えた人物

他の記事も読んでみる

ウォーレン・バフェット

私は一日中、いつもワクワクしているんです。なぜなら、自分が本当に愛してやまない人たちと一緒に、自分が本当に愛する仕事をしているのですから。


宿澤広朗

スポーツでも、音楽でも、美術でもいい。その子によって興味を示すものがある。親がこれをやれって決めちゃうのはいけない。色々な事をやらせてみて、本人がこれをやりたいっていうのが出てくればいいのではないか。学生は勉強が日常的な事で、それ以外のスポーツなり、芸術なりの非日常的なものを小さい頃からずっと持っている、それが重要なことだと思う。


加来耕三

歴史の繰り返しは、同じ形にはならないけれど、似たような形には必ずなる。


太田光

僕は面白い時代に生まれたと思いますよ。面白がっちゃいけないけれど、混沌としているじゃないですか、すべてが。一歩間違えば破滅だけど、逆に何かのちょっとしたきっかけでいい方向に行く可能性もある。そうすれば、まったく新しい価値観を持った理想的な社会になるかもしれない。現代って、そんなどっちに転ぶかまったくわからない状況にあると思うんです。


碓井稔

エプソンは経営理念を変えて、「なくてはならない会社でありたい」というのを入れた。利益だけでなく、世の中の課題に真摯に向き合う中でもっといい社会を作り上げる中心的な役割でいようという思いを込めた。その具体策として長期ビジョン「Epson25」や中期経営計画も出した。これらを実行する相当強い覚悟が自分や役員にはある。


松本恭攝

どんな事業でも同じでしょうが、初めからクオリティの高い状態でスタートさせるのは難しい。


俣野成敏

私がそうでしたが、自主的に学ばない人間はリストラ予備軍になりかねない。


南部靖之

創業当時、結婚などで会社を離れた多くの主婦の方が、自分のスキルを活かせる仕事がなくて困っていた。そんな悩みを見聞きして、自分に何ができるのかを考えて挑戦したのが、人材派遣の仕組みでした。私には先見力はありませんが、いろいろな人から話を聞いて、その声を吸収する力は、人一倍あるかもしれません。わからないことは率直に聞いて、教えてもらう。それは今も変わりません。


福嶋康博

企画の立案者が社員なら、その企画はその立案者に任せるべきです。「なぜこれをやるのか」というポイントを一番知っているのは、立案者自身だからです。つまり、アイデアを考え企画した人が、事業の責任を持つということです。


柳弘之

現地、現場、現物の「三現」を重視するのが、日本的経営の一番の強みだと僕は思っている。だから、開発途上の製品に乗ったり、現場の若い人たちと定期的に話す機会をつくったりすることは、ずっと意識的に続けてきました。やっぱり現場に入っていくと、彼らもいろんな意見や質問をフランクにしてくれるから。


小林道寛

事業スタート時はいろんなことに手を出していました。インフラだけでなく、開発も闇雲にやっていました。開発プロジェクトがあまりに失敗するので、その時のリーダー層で話し合ったのが2006年頃。自分たちを高く評価してもらうことができ、お客様にも喜んでいただける仕事に集中しようということになり、インフラに舵取りをしました。


守安功

ディー・エヌ・エーが創業以来の急成長をつづけてきた理由のひとつは、「人材の質」に強くこだわったことです。人材の質といっても、単に仕事がデキるというだけでは十分ではありません。成長意欲やポテンシャルも含めたトータルの質なのです。


周防正行

映画監督になりたいからと、いきなり会社を辞めるなどという無謀なことはしない方がいいと思います。いま自分がいる世界から学べることはたくさんあるはずです。


安田隆夫

多事多難から学んだ最大の教訓は「社会と共に生きる企業でなければならない」ということ。


寺町彰博

当社のお客様になってもらうには、我々の存在を知っていてもらう必要があります。そして自分たちのレベルが上がったら、次はTHKの製品を使いたい、または使わなければならないと思ってもらうようにならなければいけません。中国では、そうした活動を地道にやってきたお陰で、今では「工作機械分野はTHKでなければ」という評価を得るまでになりました。この政策をさらに広げていきます。


ページの先頭へ