名言DB

9413 人 / 110706 名言

ノヴァーリスの名言

twitter Facebook はてブ

ノヴァーリスのプロフィール

ノヴァーリス。ドイツ・ロマン主義の詩人、小説家、思想家、鉱山技師。神聖ローマ帝国オーバーヴィーダーシュテット出身。イェーナ大学、ライプツィヒ大学、ヴィッテンベルク大学で学んだ。初期ロマン主義の中心人物。

ノヴァーリスの名言 一覧

すべて、見えるものは見えないものに、聞こえるものは聞こえないものに、感じられるものは感じられないものに付着している。おそらく、考えられるものは考えられないものに付着しているだろう。


ノヴァーリスの経歴・略歴

ノヴァーリス。ドイツ・ロマン主義の詩人、小説家、思想家、鉱山技師。神聖ローマ帝国オーバーヴィーダーシュテット出身。イェーナ大学、ライプツィヒ大学、ヴィッテンベルク大学で学んだ。初期ロマン主義の中心人物。

他の記事も読んでみる

山尾幸弘

リーマンショック時、従業員に対しては「解雇しない」「賃下げをしない」と宣言し、結束力を高めました。その代わり、人材紹介以外でも仕事がある分野への配置転換を行いました。


鈴木茂晴

会社にロイヤリティ(忠誠度)の高い営業マンほど、お客様のリスクに対して敏感になります。そして、細かい点にまで気を配った商品の説明を行い、長期的な信頼関係を築き、成績をあげていくものなのです。


辻野晃一郎

後悔しないためには、自分のアジェンダ(工程表)をつくり、それに基づいて生きることです。そのためには、何事も自分で確かめて、その経験をもとに考えることが必要でしょう。


中田亨

どんな職場でも、小さなミスを引き金にした大きな問題は起こり得る。人間が関わっている限り、ミスは起こり得ます。職場において、「ミスは防ぎにくい」ことを念頭に置き、あらゆる防止策を講じることが、大きな問題にしないために必要なのです。


茂木健一郎

学生に言うのは「メタ認知」が大切だということ。自分の世界だけじゃなくて、そこから一歩引いてみて、他者も含めた世界の中で全体を捉えなおすという。ところが日本人って独りよがりの自己完結で終わってしまう人が多いんです。だから戦争にも弱い。


中田誠司

営業のやり方を180度変えました。今までは本部が全支店に対し「今月は投資信託をいくら販売する」といったように商品ごとに目標を決めていました。支店からすると、月初には販売すべき商品がおのずと決まっていたということです。これを、毎月どの商品をいくら売るかは支店が自分で考えるように改めました。収支の予算、預かり資産の増加額、投信の運用報酬などの安定収益の3つは本部が指示していますが、それをどういう商品で達成するかは支店に任せている。始めたばかりなので支店ごとに取り組みレベルに違いはありますが、マーケットの動きと顧客ニーズの変化に合わせて機動的な対応ができるようになりました。売る側の都合ではなく顧客の立場で行動するよう促しています。


成田和幸

目標はあまり高みを目指して重くなりすぎてもいけませんし、必ず達成しなければと凝り固まってもいけません。目標や計画は自由に変えることもできますし、「5つのうち3つ達成できたらバンザイ!」と窮屈にやらないことが肝要。


高原真由美(髙原真由美)

せっかく整理できても使い勝手がよくなければ、また雑然とした状態に戻ってしまいます。自分にとってどうすれば使いやすいのか利用方法を見直す、さらに使いやすく改良する、うまくいかなかったなら整理の仕組みを修正することをしてみましょう。


徐俊植

人間が経験する苦難というものは、その人間が苦難の重みにひしがれて卑屈になったり、卑怯になったり、野卑になったり、貪欲になったりしないだけの「魂の力」を持ってさえいれば、この上なく立派な人生の師なのです。そして魂の力はそうした数々の苦難を克服するたびごとにぐんぐんと成長して、ふたたび次に来る苦難と対決します。


上田準二

あらゆる業種は「ナンバーワンVS抵抗勢力」という構図に収斂する。3番手以下は脱落するリスクが大きい。


笹川友里

みんなと良好な関係を築けば、その場がホームになる。


瀧本哲史

「あいつは傍流だから、付き合わなくてもいいだろう」という考え方は危険です。ビジネスモデルの変化の激しい時代では、主流が壁にぶつかり、突然、傍流が主流となることがあります。


ジョン・チャートン・コリンズ

すべての人々について良く言う人間を信頼するな。


村口和孝

起業家は、どこに可能性をかけて良いのか、迷い道に入ったような気持ちになる。しかし、ここであれこれ探索して試行錯誤して、自分がなすべき事業を発見することが重要である。後でその迷い道の途中で観察でき、体験し、発見したことが長い人生の中で、役に立ってくることはよくある。


野口美佳

始めは一人でスタートして、やがて3人、50人、100人と増え、いまは300人規模の会社になりました。経営の仕方というのは、規模によって違います。私は会社の成長とともに、社長として成長してきたと思います。