名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

ネルソン・ロックフェラーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ネルソン・ロックフェラーのプロフィール

ネルソン・ロックフェラー、米国の政治家。第41代アメリカ副大統領。ニューヨーク州知事。ロッキーの愛称で親しまれる。石油王ジョン・ロックフェラーの孫

ネルソン・ロックフェラーの名言 一覧

私たちは父(石油王ジョン・D・ロックフェラーの息子ロックフェラー2世)から週25セントもらい、その他のお金は自分たちで稼がなくてはなりませんでした。私たち兄弟は常に働いて稼ぎました。


私の考えでは、創造するということ、創造性を開花させる教育、創造の関係など、人間が持っている優位性はこの世界がどんどん機械的になっていく時、また人々が政府や社会から阻害されていると感じている時に特に必要なのです。


世界の貧しい人々を助けるためには、諸国民に税金を課す力をもった自由世界の超国家的な政治組織が必要である。


アートは私の精神生活を満たし、どの分野でも年齢に関係なく観察し、理解し、楽しみ、健全な考え方を持たせてくれる私の暮らしの源になっています。


諸君は我々(ロックフェラー家)が経済的にとてつもない支配力を持っているとお考えかもしれないが、そんなものは存在しない。我々は投資の対象を持っているが、支配権は持っていないのだ。


成功への秘密は、何も持たないことであるけれども、すべてをコントロールしてください。


人生には三つの段階がある。青少年期、中年期、そして「まあ、何てお元気な」と言われる時期。


「ボクはいいよ。ボクの代わりにパパにやってもらう。なぜってパパの方が手が大きいもの」(覚書き|ある駄菓子屋が、ネルソン・ロックフェラー少年にお菓子を一掴み分クリスマスプレゼントとしてただであげようといった。これを聞いたネルソン・ロックフェラーの答え。自分が不得意な分野や、自分よりうまくできる人がいたらその人に仕事をやってもらうというリーダーの在り方をあらわしている)


ネルソン・ロックフェラーの経歴・略歴

ネルソン・ロックフェラー、米国の政治家。第41代アメリカ副大統領。ニューヨーク州知事。ロッキーの愛称で親しまれる。石油王ジョン・ロックフェラーの孫

他の記事も読んでみる

上野和典

仕事で周りの協力を引き出すには、いくつか条件があります。まず頭をパラレルに動かすのではなく、毎回切り替えることです。普通は複数の案件が同時進行しているので、前の会議の内容を引きずったまま次の会議に臨むと、的確な指示ができません。


松岡修造

強制的に練習をやらされるということは、基本的には自分がなくなっちゃうことなんだ。


木戸一敏

相手の言うことを否定してしまうと、こっちにも否定が返ってきます。「それはいいですね」と肯定すると、受け入れてもらいやすいんです。会話が弾めば、お客さんは自分から不満に思っていることや求めていることを話してくれるようになります。あとは相手が欲しがっているものを売り込むだけで、「売れない」という問題は解決していきます。


星野陽子

お金よりも時間のほうが大切。お金は際限なく増やしたり、貯めたり、借りたりできるんですが、時間はそれができないし、一度失うと二度と取り戻せない。ユダヤ人は「時間は本当に希少な資源だ」とよく言っています。


内田久美子

特に要となるのはトップです。企業は業績がいい時もあれば、悪い時もある。ですが、悪い時に不正や隠ぺいに走ったり、違法行為に手を染めたりということはもっての外です。倫理的に間違ったことをして社会の信用を失えば、会社は一瞬にして潰れてしまう。その怖さこそ、肝に銘じて頂きたいですし、トップの考え方や姿勢はそれだけ重要ということだと思います。


伊藤友則

よい会社には、強い経営者がおり、そうした会社の株価パフォーマンスは明らかにいい。強い経営者は今、変化を求め、グローバル競争に勝とうとする日本企業にとって、必須の条件になりつつあるのだ。


吉松徹郎

個人的には「不安定であること」が大事だと考えています。不安定だから前に進んで行こうとする。


木川眞

オンリーワン商品を考え出したら、商品の価格設定が利益の先取りになっていないかをチェックします。まさに小倉(昌男)さんの経営哲学、「サービスが先、利益は後」です。お客様に喜ばれるサービスを開発し、価格は利用しやすい水準にとどめる。そうすれば需要は拡大して、利益は後からついてきます。うちの社員にはこの哲学が私以上に浸透しています。利益のほとんどをお客様に還元しようという案が出てきて、私が修正を求めるくらいです(笑)。


高萩光紀

仕事での一番のポイントは、成果をあげるためにどこが重要なのかを見抜く力を養うことです。仕事というのは、必ずしも端から端まで全力でやる必要はないのです。


中田宏

僕はいまでも下積みの時期にいると思っています。歳を重ねると、世の中がわかったようなセリフを吐いてしまいがちですが、それは本当にわかっている人のセリフではないと思います。その「世の中」とは、あくまでその人が知っている世の中にすぎません。僕は50歳になっても、60歳になっても、そういうセリフだけは口にしたくないと思っているんです。


林野宏

幸運だったのは、自分の思うようにやることができたことです。多くの会社ではヒエラルキーがあり、上の人がやったことを変えるのはむずかしい。でもクレディセゾンは一度つぶれた会社のため、反対する人がいなかった。ですから躊躇なくタブーを破ることができた。


遠藤信博

一番難しいのは、技術を起点として、どのようにビジネスモデルを構築するかです。