ネルソン・ロックフェラーの名言

ネルソン・ロックフェラーのプロフィール

ネルソン・ロックフェラー、米国の政治家。第41代アメリカ副大統領。ニューヨーク州知事。ロッキーの愛称で親しまれる。石油王ジョン・ロックフェラーの孫

ネルソン・ロックフェラーの名言 一覧

私たちは父(石油王ジョン・D・ロックフェラーの息子ロックフェラー2世)から週25セントもらい、その他のお金は自分たちで稼がなくてはなりませんでした。私たち兄弟は常に働いて稼ぎました。


私の考えでは、創造するということ、創造性を開花させる教育、創造の関係など、人間が持っている優位性はこの世界がどんどん機械的になっていく時、また人々が政府や社会から阻害されていると感じている時に特に必要なのです。


世界の貧しい人々を助けるためには、諸国民に税金を課す力をもった自由世界の超国家的な政治組織が必要である。


アートは私の精神生活を満たし、どの分野でも年齢に関係なく観察し、理解し、楽しみ、健全な考え方を持たせてくれる私の暮らしの源になっています。


諸君は我々(ロックフェラー家)が経済的にとてつもない支配力を持っているとお考えかもしれないが、そんなものは存在しない。我々は投資の対象を持っているが、支配権は持っていないのだ。


成功への秘密は、何も持たないことであるけれども、すべてをコントロールしてください。


人生には三つの段階がある。青少年期、中年期、そして「まあ、何てお元気な」と言われる時期。


「ボクはいいよ。ボクの代わりにパパにやってもらう。なぜってパパの方が手が大きいもの」(覚書き|ある駄菓子屋が、ネルソン・ロックフェラー少年にお菓子を一掴み分クリスマスプレゼントとしてただであげようといった。これを聞いたネルソン・ロックフェラーの答え。自分が不得意な分野や、自分よりうまくできる人がいたらその人に仕事をやってもらうというリーダーの在り方をあらわしている)


ネルソン・ロックフェラーの経歴・略歴

ネルソン・ロックフェラー、米国の政治家。第41代アメリカ副大統領。ニューヨーク州知事。ロッキーの愛称で親しまれる。石油王ジョン・ロックフェラーの孫

他の記事も読んでみる

すはらひろこ

私たちの生活は、実は2割の持ち物で8割のシーンをカバーできます。振り返ってみてください。実際に、資料や文具などの仕事の道具は、いつも同じものを使っているのではないでしょうか。それがあなたの「定番」。残りの多くは、捨てても困らないことが多い。


宋文洲

国がだらしないから希望が持てないと嘆く日本人は多いですが、国がしっかりしていたら、個人がビジョンを持てるというのは戦前の考え方。国のビジョンと個人のビジョンは全く関係ありません。


生田絵梨花

舞台が重なってはいましたが、いろんな方がスケジュールを調整してくださったし、なによりも自分に負けたくないという一心で立ち向かいました。


江頭年男

一部のエリートだけで企業が成長する時代はもう終わった。さまざまな個性とやる気を持った人間が横に広がったフラット型の組織を作ることが必要となっている。


陰山英男

言葉は生ものだから、場面に適した使い方というものがあります。それを考えると、本や映画から学ぶのもいいですね。映画のDVDを英語の字幕で観てみるのをお勧めします。映画に出てくる単語は、実は知っている単語がかなり多いのです。でも意味がわからないのは、日本語の同音異義語と同じでひとつの単語にいろんな意味があるから。それを映画の場面のニュアンスと合わせて習得していくわけです。


本田健

これまで私は運の研究のために、多くの人にインタビューをしてきた。その結果わかったことは運というものは存在し、運のいい人悪い人が必ずいて、運のいい人はずっと運がいい、運の悪い人はずっと運が悪いという法則があるということ。ただし、運は変えることができる。たまたま出会った人によって運が変わることもよくある。


大坪勇二

いいアイデアを思いつくには、前日夜の準備がものをいいます。私は就寝前、翌日に会うお客様の資料などをざっと眺めることを習慣にしています。そこでどのような提案をするのかを簡単に考えておくと、睡眠中に脳が働いてくれるのか、翌日お客様の心に刺さりそうなキラートークがふっと思い浮かぶことがあるのです。そのままでは商談に出向く前に忘れてしまいます。そこで、手帳のフリースペースを使い、自宅にいるうちにメモをします。この習慣を身につけてから成約率はグッと上がりました。


西田厚聰

イノベーションは「革新」「技術革新」と訳されることが多いですが、私は「創新」が的確だと考えています。東芝では市場に存在しない新しい価値を提供できるような事業や製品を生み出すことを「バリュー・イノベーション」と定義しています。


吉田正弘(経営者)

朝1時間ほど歩き、毎日必ずプールに入ります。週に1回以上は必ずゴルフに行っていますが、今でもずっと立っていられます。足は使わないとどんどん弱くなってしまうので、上半身以上に足だけは鍛えようと思っています。


山田昭男

当社では、コンセントの差込口やスイッチボックス、電線を通すパイプなど、電気設備に関するさまざまな部品・器具を製造している。大部分の製品は法律で規格が定められているため、寸法や材質はどの会社がつくっても同じ。要するに、なかなか差別化しにくいものを扱っているといえるだろう。しかし私どもは、商品を開発する際、他社がまだやっておらず、他社の特許も侵害しない工夫を必ず込めるようにしている。当然、新しい工夫を思いつかなかったら、商品として発売することはない。つまり、差別化しにくい分野でありながら、何らかの差別化が実現できた新製品だけを世に送り出しているのである。


村田昭治

適材適所を実行するために第一にやるべきことは、全社員に実力をつけさせることだ。それぞれの分野でいい、自分で実力をつけるようにさせるのだ。


角山剛

部下をものごとを決める場に参加させることが、決して形だけであってはなりません。部下を巻き込んでも、実際には上司の意向ばかりが一方的に反映されてしまい、当事者の判断や考えが尊重されなければ、不満や失望が高まり、かえって意欲を低下させます。お互いの理解と納得が得られるまで、辛抱強く話し合うことが大切です。


藤沢武夫

布を織るとき、タテ糸は動かず通っている。タテ糸がまっすぐ通っていて、はじめてヨコ糸は自由自在に動く。一本の太い筋が通っていて、しかも状況に応じて自在に動ける、これが「経営」であると思う。


坪内寿夫

何かの決断を迫られた場合、前もって情報を収集し、分析することは大切だが、考えすぎてはいけない。最後の最後は、自分の経験と運を信用して、ズバッと下すべきだ。私の経験では、頭でなく、肌で決断した場合の方が結果としてよかった。


中澤優子(経営者)

何か問題が発生してつらい思いをすることはあります。そのときに「仕事だから」という割り切りでは、きっと乗り越えられない。つらいことも自分なりに咀嚼して前に進めるのは、やっぱり好きだからなのだと思います。


ページの先頭へ