ネルソン・マンデラの名言

ネルソン・マンデラのプロフィール

ネルソン・マンデラ。南アフリカ共和国の政治家、弁護士。南アフリカ連邦トランスカイ出身。フォート・ヘア大学在学中に学生ストライキを主導し退学処分を受ける。南アフリカ大学夜間通信課程で学士号を取得。ウィットワーテルスランド大学で法学学士号を取得。若くして反アパルトヘイト運動に参加。逮捕され国家反逆罪で終身刑になる。27年投獄されたのち釈放される。その後、アフリカ民族会議議長、南アフリカ大統領などを務めた。アパルトヘイト撤廃に尽力しノーベル平和賞を受賞。

ネルソン・マンデラの名言 一覧

私は基本的に楽観主義者です。楽観的であるということは、頭を上げて太陽に向かうことであり、足を前に前にと運んでいくことなのです。


闘いは我が人生。


私の長い道のりは、まだ終わっていない。


人種差別は魂の病だ。どんな伝染病よりも多くの人を殺す。悲劇はその治療法が手の届くところにあるのに、まだつかみとれないことだ。


私は民主的で自由な社会の実現のために生きている。しかし、もし必要あらば、その理想のために私は死ぬことも覚悟している。


後ろの牢にこれまでの恨につらみを捨てていこう、そうしなかったらこれからも牢にいるのと同じことになる。
【覚え書き|釈放されたときを振り返っての発言】


私の長い道のりは、まだ終わっていない。


もし憎むことを学べるなら、愛することも学べるはず。なぜなら、愛することはその正反対の感情を持つことより、人間の感情としては自然だと思うからです。


私の人間性を痛々しくも試された暗黒の時期もありましたが、私は自分を絶望させることはできませんでしたし、しませんでした。絶望は、敗退と死を意味したからです。


ネルソン・マンデラの経歴・略歴

ネルソン・マンデラ。南アフリカ共和国の政治家、弁護士。南アフリカ連邦トランスカイ出身。フォート・ヘア大学在学中に学生ストライキを主導し退学処分を受ける。南アフリカ大学夜間通信課程で学士号を取得。ウィットワーテルスランド大学で法学学士号を取得。若くして反アパルトヘイト運動に参加。逮捕され国家反逆罪で終身刑になる。27年投獄されたのち釈放される。その後、アフリカ民族会議議長、南アフリカ大統領などを務めた。アパルトヘイト撤廃に尽力しノーベル平和賞を受賞。

他の記事も読んでみる


菊池昭一(経営者)

当社は昔のスタイルから脱却すべく改革を進めている最中です。多くの企業と同様、お客様と接する時間より社内にいる時間の方が長いんですね。社内のルールや規則、コンプライアンスに縛られて「報連相」をしなければならないために、社内にいる時間が一日のうち30~40%にも増大していました。それを半分にしようと思っています。


ロバート・ドブキン

インターンシップ・プログラムは注意深く見分けなければいけません。多くの企業のインターンシップ・プログラムはスタディ・プロジェクトで、実際の仕事はさせません。それに対して、リニアテクノロジーでは学生に実際に仕事をさせ、彼らはそこで製品を開発して結果を出します。多くの学生がそのやり方をとても気に入っています。


黒木渚

厳しい学校の寄宿舎で中・高時代を過ごした私は、音楽とは簡単に触れあえない環境にいたんですね。そこでひたすら向き合ったのが図書館の蔵書。出会ってきた膨大な言葉のストックが私の源です。


フランク・ポポフ

成功は保守主義を生む。つまり現状べったりになって、頭から変化を受け付けなくなる。
【覚書き|売上高が小さかった農薬と医薬部門の売却に異を唱え、次世代のバイオ事業を育てることを決断した時の言葉】


小松美羽

どんな業もすべて関わりで成し遂げるものなのだと、傲慢に自分を誇示しそうにならないように受け止めてくれる人がいる。画家はチームプレーで突き進んで行くのだ。


橘フクシマ咲江

ヘッドハンティングは、その人が「優秀か否か」を判断・評価する仕事だと思われがちですが、実は違います。企業と人材とを引き合わせる際に考えるのはマッチングです。長所、短所、まだ発揮されていない能力といった、その人の適性をトータルに見て、顧客企業のニーズに合うかを考えます。「こういう学歴や職歴を持っているから、こういう人に違いない」という決めつけでは、真の適材適所のマッチングはできません。この視点は、すべてのコミュニケーションに不可欠です。勝手な判断や先入観を持たずに相手と向き合うことが、相手を尊重する態度の基盤と言えます。


本庄八郎

伸びる人は一所懸命な人。これしかない。頭がいいとか悪いとか、いい大学を出たとか、そんなことは関係ない。本当に一所懸命、自分の仕事をしっかりやっている人は伸びていく。


ページの先頭へ