名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ネム・バジュラ(ネム・バズラ)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ネム・バジュラ(ネム・バズラ)のプロフィール

ネム・バジュラ、ネム・バズラ。アメリカの経営者。「カルソフトシステムズ」社長。ネパール出身。アメリカに移住。南カリフォルニアのソフトウェア企業に勤務したのち、カルソフトシステムズを創業。

ネム・バジュラ(ネム・バズラ)の名言 一覧

いかにして実際に実践するかが、とても重要。


社内のチームワークで助け合い、顧客の利益や社会貢献を考えることが、心に満足感をもたらしてくれる。


物質を求めれば求めるほど、ストレスやフラストレーションを感じていたのも事実。精神的にハッピーになることも重要。


ネム・バジュラ(ネム・バズラ)の経歴・略歴

ネム・バジュラ、ネム・バズラ。アメリカの経営者。「カルソフトシステムズ」社長。ネパール出身。アメリカに移住。南カリフォルニアのソフトウェア企業に勤務したのち、カルソフトシステムズを創業。

他の記事も読んでみる

大竹一樹

本番当日は、100点満点だと思いながらステージに立っていました。ただ、いつものことなんですけど、終わった瞬間に反省点が出てくるし、「もっとこうすればよかった」って思うので、点数がどんどん下がっちゃうんです。でも、不思議なもので、何年か経って見返してみると、なんだよ面白いじゃんって(笑)。


中村健一郎(経営者)

社員たちと夢を共有し、ひたすら走ってきました。人生を共にできる仲間と出会う事が出来るのも、自分自身の夢に共感してもらったからだと思う。


江尻宏一郎

商品とだけ付き合わず、会社と付き合え。
【覚書き:ビジネスマンは自社製品の知識だけでなく、会社全体の方向性も考えたうえで開発や営業をしなければならないという趣旨の発言。社員に口酸っぱく伝えた】


漆紫穂子

学業も大事ですが、学校での評価軸に限定されることなく、生徒たちの可能性は拓かれていることを伝えてあげたい。だから、「好きなことは大事にしてほしい」「いろんなことにチャレンジし続けてほしい」と、言い続けています。


江見朗

ショッピングセンターの中にサンドイッチ店を出店したのが当社の始まりです。最初の1年か1年半くらいは全く売り上げが伸びませんでした。このままでは赤字が積み重なるだけ。そう考えて、追い込まれた時に、お店で待っていても売れないのであれば、自分から外に出て売るしかないと考えたのです。そこでサンドイッチを台車に積んで、岐阜市内の商店街に売りに行きました。そうすると、飛ぶように売れていく。店の1日の売上分が、わずか2時間で売れていきました。


田中里沙

広告や広報は、人の良いところを見いだして世の中に広く知ってもらうことです。いわば、社会や人を応援していく立場。


奥田陽一

経営トップの使命は、様々な形で社員に刺激を与え、懸命に働いてもらうことです。現場に活気がないのだとすれば、それは社員のせいではなく、トップの責任。


小倉昌男

本当は税金を納める能力があるにもかかわらず収入をごまかしたり、補助金をもらって普通の人よりも贅沢な暮しをしていたりする人間は「タックス・イーター」と呼んでいい。他人が苦労して払った税金を食って、自分だけ楽をしているのだ。これは本来、国民の一人として恥ずべきことだろう。ところが、大半のタックス・イーターは悪知恵を絞って楽な生活を手に入れている自分を、他人よりも賢いと思っている。


荒川詔四

どれほど素晴らしいことをやっていても、激変する環境下では、スピードが遅いだけで重要な機を逸してしまいます。自分自身のスケジュールの流れを把握し、最短導線で予定をこなすだけでは十分ではありません。トップが率先して現場に足を運ぶことで、一次情報に基づく正確な判断が可能になり、結果的にスピードアップにつながるのです。


イチロー(鈴木一朗)

苦しいけど、バッティングに終わりはない。もうこれで終わりというのがわかっていたら、救われるんです。もし、2割9分3厘でも、まあいいんじゃねえの、と感じている自分がいたら、ぶっ殺してやりたい(笑)。そんな打率しか残せていないことに怒りを感じている自分がいることは、悪くないんです。3割切って悪くないなと思いだしたら、僕、野球辞めます。4割を打つか、3割を切って満足したら、僕、確実に野球辞めますから。


家入一真

極論かもしれませんが、僕にとってのリスクはただひとつ、「死ぬこと」だけです。そのリスクさえなければ、何でもできる。たとえ起業して経営に失敗したとしても、自ら命を絶たないかぎりは死ぬことはない。そう考えると、新しくビジネスを始める際も、別に不安にはなりません。


松本晃(経営者)

「長くやるな、集中してやれ」。これは、私が口を酸っぱくして社員に言っている言葉です。誤解されがちですが、会社は社員に「時間をかけること」を求めていない。期待しているのは「成果」です。