名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

ネイサン・ロスチャイルドの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ネイサン・ロスチャイルドのプロフィール

ネイサン・ロスチャイルド。19世紀、イギリスの銀行家。金融一族ロスチャイルド家始祖の一人。為替投資で財産を築く。広い情報網を持ち、誰よりも先に世界状況を知り投資に生かした。市場の熱狂を嫌い売買場の外の柱に寄りかかりながら冷静に売り買いを指図していたという逸話が残っている。

ネイサン・ロスチャイルドの名言 一覧

街のあちこちで通りが血に染まっているときこそ、買いの絶好のチャンスだ。


ネイサン・ロスチャイルドの経歴・略歴

ネイサン・ロスチャイルド。19世紀、イギリスの銀行家。金融一族ロスチャイルド家始祖の一人。為替投資で財産を築く。広い情報網を持ち、誰よりも先に世界状況を知り投資に生かした。市場の熱狂を嫌い売買場の外の柱に寄りかかりながら冷静に売り買いを指図していたという逸話が残っている。

他の記事も読んでみる

金子源

「晩杯屋」が単なる居酒屋ではなく「コンビニエンスストア」と捉えています。「晩杯屋」の客単価1300円と言うのは、一般的なサラリーマンが仕事帰りにコンビニに立ち寄って、ビールとつまみ類を買って家で食べるのと、大して変わらない金額です。「わざわざコンビニに行かなくても、コンビニ感覚でふらっと立ち寄って飲んで帰る」というのが「晩杯屋」であり、月に数回利用する居酒屋とは基本的なコンセプトが異なるのです。こういうお店であれば、それこそ駅ごとにあっても構わないと、私は考えています。


江上治

稼ぐ人間になろうとしたら、それぞれの持つ時間の価値は不平等であることを、まず自覚したほうがいい。その上で、いかに自分の時間の価値を高めていくかを考えていく。


立川志らく

師匠・立川談志の言葉がやはり折に触れて私を変えましたね。とは言え、最初はひどいもんでしたよ。弟子入りしてすぐですから、私は右も左もわからないわけです。談志はイチから教える人じゃありませんからね。掃除機をかければ「そっとやれ、バカ野郎!」。行き先もわからないのに「なぜ後ろを歩く? お前が案内しろ!」とか。そりゃムリですって(笑)。もちろんそうやって怒られるうちに、落語に必要な「気を利かせる」ことを肌で学ぶわけです。


理央周

睡眠時間が3~4時間しかとれないと、どうしても昼食後の会議などでウトウトしてしまう。そんなときは、ランチタイムに15分ほど昼寝をすれば、効率的に仕事をすることができます。


石田淳(コンサルタント)

新人を叱るときは、求める結果と必要な行動を明示することが必要です。さらに、短期的に達成感を得られるタスクを与えることです。チェックリストやマニュアルを使い、自分がどれだけ成長できたかマイルストーンを置くことで、ビジネスマンとしての素地を早く整えることができるのではないでしょうか。


和田裕美

ワクワクする気持ちは湧き水みたいに自然に湧いては来ない。ワクワクする気持ちは、「ワクワクの種」を植えるとか、「ワクワクの素」を探すとかして、自分で生み出すものだから。


松村誠一(経営者)

上司もいない一人きりの海外赴任で現地市場の可能性ばかり考える日々を通じて「将来ビジョンはどのようにビジネスを展開すればいいだろう?」と自分でも考えるようになりました。ちょっと大げさに言えば大局観みたいなものが身についたとでも言えばいいでしょうか。


和田秀樹

睡眠時間に正解はありません。「日本人の平均睡眠時間は7.7時間」などという報道を聞き、自分はそれを下回るから睡眠不足で不健康だ、と思い込んでいる人もいるかもしれません。しかし、十分な睡眠には個人差もあり、一概に何時間がいい休暇はとは言えないのです。睡眠時間に限らず、平均年収を始めとする「平均」という言葉にとらわれると、心がムダに疲弊します。


ラリー・ペイジ

イノベーションは小さなグループから起こる。


小宮輝之

「好きなこと」をするには、「コネ」も必要です。コネは不公平な印象があるので嫌悪感を持つ人もいると思いますが、「自分でコネを作る」のはとても大事です。


犬山紙子

クソバイス(上から目線の持論の押しつけ)はするほうも悪いことと思っていないからたちが悪い。私も過去クソバイスをたくさんやらかしていました。そして、マジメな人ほどクソバイスを真に受けてしまう危険性があります。ちょっとでも苦しくなる前に「これはクソバイスだ」と切り捨てられるようになれれば楽ですよ。


麻野進

外資系企業で長年生き延びている人は、じつはパフォーマンスが高いタイプより、担当業務の専門性を引き継ぎ不可能なレベルにまで引き上げているタイプだというのも示唆的です。ただ専門性が高いだけでなく、小規模なりに社のミッションとして成り立つもの、あるいは事業として予算を達成していけるものがベストでしょう。