名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ニティン・ノーリアの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ニティン・ノーリアのプロフィール

ニティン・ノーリア。「ハーバード・ビジネススクール」学長。インド工科大学卒業、マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院で博士号を取得。「ハーバード・ビジネススクール」教授、第10代学長を務めた。共著に『人がやらないことをやる人』。

ニティン・ノーリアの名言 一覧

グローバル人材とは、チャンスを追い求める人だ。


ニティン・ノーリアの経歴・略歴

ニティン・ノーリア。「ハーバード・ビジネススクール」学長。インド工科大学卒業、マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院で博士号を取得。「ハーバード・ビジネススクール」教授、第10代学長を務めた。共著に『人がやらないことをやる人』。

他の記事も読んでみる

瀬戸薫

現場の社員に対しては、小倉さんは「サービス第一」としか言っていませんでした。「とにかくお客様の喜ぶことを自分で判断してやりなさい」と、それだけです。なぜ「サービス第一」としか言わなかったのか。それは、一つには、多くのことを言っても相手には伝わらないと考えていたからだと思います。


澤田道隆

スピーチのテーマは同じでも、その時々で話し方を変えるのは、今この瞬間に相手の心に一番響く方法を常に考えているから。


西川浩司

苦しい環境でも決して開発を怠ってはいけない。止めたら終わり。


久保征一郎

「ぐるなび」はまったく新しい事業なので、顧客を獲得するのは大変ですが、滝(久雄)は、プロパーの人間だけで営業をすることにこだわりました。なぜかというと、代理店を挟むと、メディア側である「ぐるなび」の考え方が飲食店になかなか伝わらないからです。


田岡信夫

新製品を開発して市場導入をはかる場合、先発・後発を問わず共通する最大の戦略は、セグメンテーションという言葉に尽きる。要するに細分化である。成熟期には成熟期としての高度の細分化が必要である。また、強者には総点検としてセグメンテーションが必要であり、弱者には隙間荒らしとしてセグメンテーションが必要である。


亀井忠夫

昔の建物を利活用しながら、経済的な価値もしっかり備えているような開発の仕方ができないか常に考えています。古い建物に宿った設計者の魂というのは引き継がれていきますから、それを残していくのは非常に大切なことです。もちろん、すべての建物を残せば良いというわけではありません。ただ、本当に価値がある建物を見極めつつ都市の財産として残すべきものは残すという見方が主流となれば、新しく建物を創る時にも芯のしっかりした建物をつくろうという気概が生まれてくる好循環が出てくると思います。


小柴満信

世界の化学メーカーを見渡すと、時価総額は1兆円以上か、当社のように5000億円以下か、ほとんどがどちらかに分類されます。これがなぜなのかは分かりませんが、当社がこれまでと同じような取り組み方を続けているだけでは、1兆円企業になれないことは確かです。その壁をどうやって乗り越え、結果として1兆円と評価される企業になるかが、会社全体のチャレンジなのです。


高妻容一

内発的モチベーションを高めるには、短長期の目標設定をおろそかにしないことが重要。


吉田たかよし

受験ではケアレスミスが命取りになりますが、問題文に指をさせばこれを防げます。人間の脳には、ヤリやキバから身を守るため、尖ったものの先端に注意を向ける性質があり、指を差せば集中力が自動的に高まるのです。右利きの方は、試験中、左手が余っているので、重要な箇所を左手で指しながら解けば、効率良くケアレスミスを防げます。


御手洗冨士夫

コーポレートガバナンスについて言えば、私は社長になってから、「透明度の高い経営」を推進してきました。たとえば、社長直轄の監査部門をつくりましたが、現在約70名の社員がその部門にいて社内監査を担当しています。監査対象には、私の担当領域も含めて聖域はありません。


田中ウルヴェ京

思考のクセを知るにはセルフトークノートをつけること。その日あった様々な出来事と、それに対して自分がどう感じたかを率直に書く。私自身、以前は本当の意味での感謝などほとんどできていない人間でした。むしろメダル獲得後、もっと自分は注目されていいのにと、不平不満が募っていたのです。セルフトークノートをつけ、後から読み返して、バカじゃないのと思えるくらい、自分の思考が偏っているのを感じましたそこから少しずつ、思考のクセに気づき、直していきました。


佐治信忠

経営者は勘を磨くことが大事。トップは、いろいろ情報はあっても、最後は自分で決めなければなりません。将来のことは誰も言ってくれませんし、いくらITやテクノロジーが発達しても答えを出してくれることはないでしょうから、勘を磨くことは大事です。この場合の勘というのは、第六感的な勘ではなくて、やはり自分の知識や経験、あるいは人から聞いたことが蓄積されたもので、それが最後の決断をさせるのだと思います。