名言DB

9429 人 / 110879 名言

ニック・バーリーの名言

twitter Facebook はてブ

ニック・バーリーのプロフィール

ニック・バーリー。国際スポーツコンサルタント。スポーツコンサルティング会社「Seven46」CEO(最高経営責任者)。ロンドン、リオ・デ・ジャネイロ、東京のオリンピック誘致に貢献。Seven46を創業。著書に『日本はこうしてオリンピックを勝ち取った! 世界を動かすプレゼン力』。

ニック・バーリーの名言 一覧

私は皆さんに「やってみなさい!」と言いたい。英語を上達させるには、やってみる以外に方法はない。


小さな間違いを恐れる必要はない。もっと自信を持って、堂々とした態度でトライしていい。


やってみることで、害もなければ、損することもないならば、やればいいのです。


プレゼンの場では俳優になれ。プレゼンテーションの会場は、いわばシアター。聴衆の心をつかむには、舞台の上に立つ俳優としての演技力が問われる。


相手とコミュニケーションを取るためにお互いの共通点を見つけようと、あなたが努力していることが大切。その目的の半分でも達成することができたら、あなたは既に半分以上の目的を達成したのと同じ。そこに大きな意味がある。


まず最も重要なポイントは、完璧な英語に固執しないことだと思います。英語を話す時に気後れしてしまったり、自分の言語スキルが不十分なのではと考えてしまいがちですが、英語を話す側からすれば、コミュニケーションを取ろうと努力してくれること自体、ありがたいことです。文法や構文が完璧かどうか、発音がきちんとできているかいないか、ということで、あなたを判断しようとする人はいません。


人前でスピーチをする時は、話すスピードや声の大きさなど、普段とは全く違った話し方が求められます。一度やってみるとよく分かりますが、原稿の内容を頭に叩き込み、スピードやボリュームをコントロールしながら話すだけでも、かなり苦労するはずです。効果的なボディーランゲージも加えていかねばなりません。ひたすら「練習あるのみ」です。


プレゼンには繰り返しリハーサルして臨め。原稿や資料に関してはプレゼン前に入念な準備をするのに、「人前に立って話す」ということに関しては、しっかり準備する人が意外に少ない。


日本人がプレゼンテーション下手と言われてしまうのには、文化的な背景も大きく影響していると思います。日本は古くから「謙虚で控えめ」が美徳とされてきました。しかし海外の方が相手のプレゼンの場合、その奥ゆかしさは通用しません。自分たちの強みをアピールする場なのですから、積極的で、自信にあふれた態度で臨むことを心がけてください。


大切なのは「英語が上手かどうか」ではなく、「相手に思いが伝わるか」どうか。英語を母国語としないあなたが英語で話そうとしてくれただけで、相手はその努力を認めてくれるし、感謝もしてくれるはずです。


意思の疎通ができるのだから、私から見れば十分に英語が話せるレベルです。それなのに日本の方々の多くは「完璧に話せない」ことを気にしすぎるあまり、話し方や態度に自信のなさが表れてしまう。


日本が今後、グローバルな舞台で活躍していくためには、英語力だけでなく、国際的に通用する「プレゼンテーション力」を鍛える必要がある。


多くの日本の方々と仕事をしてきた経験から感じたのは「日本は説得力のある商品を持っているにもかかわらず、その売り方があまり上手ではない」ということ。


ニック・バーリーの経歴・略歴

ニック・バーリー。国際スポーツコンサルタント。スポーツコンサルティング会社「Seven46」CEO(最高経営責任者)。ロンドン、リオ・デ・ジャネイロ、東京のオリンピック誘致に貢献。Seven46を創業。著書に『日本はこうしてオリンピックを勝ち取った! 世界を動かすプレゼン力』。

他の記事も読んでみる

アーヴィング・フィッシャー

貨幣数量説は究極的には、あらゆる人間の財の中でお金だけが持っている根本的な特異性に依存している。つまりそれがそれ自体では人間の欲望を満たすことはなく、欲望を満たすようなモノを買う力しかない、ということだ。


松田譲

入社2年目に、上司に(財)微生物化学研究会に出向しろと言われたときは、正直言って「自分は会社に必要とされていないのか」と悩みました。でも今になってみると、あれは社外の人と交わるまたとないチャンスでした。若い研究者は社内に閉じこもらず、どんどん外の空気に触れるべきだと思います。


清水康一朗(清水康一郎)

希望するセミナーを探すのが一苦労。さらに、セミナーを、主催したい人にとっても告知する場所がないことに気づきました。受講者と主催者、両方の立場でニーズがあるのにミスマッチが起こっている。両者を結びつけるセミナー情報サイトを作れば、ビジネスになると思ったんです。


櫻井英明

投資マネーが生きるか死ぬかという課題で常に動いているのが相場。それをきれいごとや断片的な些細な事象で片付けようとするから無理が生じるのでしょうし、なかなか成功することが出来ないでしょう。「自分の目で見て自分の足で立つ」ことこそこれからの株式投資には必要です。


神田昌典

「真面目に働く」というのと、「儲かる」ことは、相関関係は無い。残念なことではあるが、真面目にやっても潰れることがある。社長が真剣に社会に貢献しようと頑張っていても、社員が夜中まで血のにじむような努力をしていても、容赦ない。最高にいいやつでもガンになってしまうのと同じように、真面目で、誠実な会社でも潰れる。これが現実である。


ジョージ・ハーバート

もし金を貸すならば、なくしても惜しくないだけの額を貸すことだ。


澤村伊智

この話を聞いたら何日後に死にます、何かが来ますというパターンの都市伝説は、誰しも一度くらいは聞いたことがあると思います。話自体は他愛ないし、根拠がないと分かっているのに、小学生時代には眠れなくなるくらい怖かった。あの怖さを活字のホラーでちゃんと表現してみたいというのが今回の狙いでした。ある意味、幼稚でベタな題材であっても、工夫次第でまだまだ怖くできるんじゃないかという思いもあって。


桂三枝(6代目桂文枝)

恥をかくことに慣れると、相手の失敗にも寛大になれます。それは人間力を高めることにもつながっていくのです。


江上治

守備範囲は広いけれども平凡な成績の人と、ある特定の分野で社内ナンバーワンの人とでは、後者の方が高い評価を得るのがビジネスの世界です。稼ぐ人は何かしら得意分野があり、その得意分野に一貫して時間と労力を投資することで、誰にも負けないくらい深い知識とノウハウを持っています。


宇佐美進典

事業責任者はクルーにビジョンを理解、共感してもらい、ワクワクしながら仕事をするようにしてほしい。願わくば、クルー一人ひとりが自分の言葉で語れるようになってほしいのです。何を作っているのか説明せずに、レンガを積んでくださいでは作業になってしまいます。