名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ニッキー・オッペンハイマーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ニッキー・オッペンハイマーのプロフィール

ニッキー・オッペンハイマー。南アフリカ出身の経営者。ダイヤモンドで有名なデビアス・グループの会長。英国オックスフォード大学クライストチャーチ校で政治・経済・哲学を専攻。デビアス・グループ関連会社を経て、グループ会長に就任した。南アフリカ・ヨハネスブルク出身。

ニッキー・オッペンハイマーの名言 一覧

祖父がアフリカに渡ったときは、財産らしいものは何ひとつありませんでした。それがダイヤモンドで財を成すことができた。アフリカに対する感謝と敬意は忘れることがありません。「Living up to Diamond(ダイヤモンドの輝きに恥じない行動をとる)」というのがデビアス・グループの理念ですが、それはまさに私のアフリカに対する思いなのです。


アフリカにとってダイヤモンド産業は成長の原動力です。ボツワナ共和国はそのもっとも成功した例で、この成功をアンゴラやコンゴなどほかのダイヤモンド産出国でも推進すれば、潜在力を秘めたアフリカは飛躍的に成長します。ダイヤモンドを通じて、アフリカの将来に貢献することが、私のできる恩返しであり、ダイヤモンドの一族に連なる者としての私の人生の価値なのです。


ニッキー・オッペンハイマーの経歴・略歴

ニッキー・オッペンハイマー。南アフリカ出身の経営者。ダイヤモンドで有名なデビアス・グループの会長。英国オックスフォード大学クライストチャーチ校で政治・経済・哲学を専攻。デビアス・グループ関連会社を経て、グループ会長に就任した。南アフリカ・ヨハネスブルク出身。

他の記事も読んでみる

立川談四楼

質を高めるには、量もまた必要。


伊藤直彦

結婚式のあいさつで、この10数年、「寛容と忍耐」という言葉を新郎新婦に贈ることに決めている。生活を共にするとは、お互いにすべてをさらけ出すことで、交際中に気がつかなかった面も多々でてくる。意見も対立し、時には喧嘩になることもある。「寛容」とは心を広く持ち、お互い許し合うこと。「忍耐」とは辛くても我慢しなさいということではなく、自分勝手、つまり、わがままをお互いに押しつけないということである。縁があって一緒になった2人が、些細なことで別れる風潮があると聞く。もっと慎重であってほしい。


チャールズ・シュワブ(USスチール)

私はこれまで世界中の様々な大物に会ってきたが、人に褒められて働くよりは、自分に叱られて働いた方がよい仕事ができる。そういう人間には、まだ会ったことがない。


チャールズ・ディケンズ

今日できることを明日にしてはいけない。遅延は時間の盗人だからだ。


酒井孝康

クオリティーが高い番組を作るためには、弁当選びだって手を抜けません。それに、相手に喜んでもらうためにはどうすればいいかを考えるという意味では、番組作りも弁当選びも同じです。


窪山哲雄

製造業にもホスピタリティーの精神はますます求められるようになるでしょう。技術者もホスピタリティーがなくては、利用者を満足させる製品をつくれなくなるかもしれない。現にトヨタやホンダなどは、ホテルで研修を行うなど、すでにホスピタリティーの重要性に気づいています。21世紀の企業にとって、ホスピタリティーの精神は必須といえるでしょう。


二宮清純

心地よいと感じている自分に気づいたら、すぐにもっと緊張感のある距離に移動しなければなりません。楽な場所というのはもう終わっているということです。


松本晃(経営者)

みんながもっと稼いで、税金を払えば、日本は借金をして国債を発行する必要もありません。世のため、人のための事業をして、稼ぐ。そして税金を納める。これが企業の役目です。


篠塚孝哉

リクルート時代にも、友人からおすすめの宿をよく聞かれました。「じゃらん」で調べれば簡単に分かるのですが、たいていの方は年1~2回しか旅行に行かないので、2万5千件もの口コミから宿を選ぶのは大変ですよね。つまり、重要なのは選択肢の多さではないのです。信頼できるソースから3案程度に絞って提案されたほうが決めやすいということです。


松井順一

仕事をするうえで重要なのは、「なんのためにやるのか」という目的を認識して取り組むこと。そうすればゴールを見失うことはありません。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

リーダーは偉ぶる必要はないので、メンバーや部下からノウハウを吸収することを恥じることはない。どんどんやればいい。ただし、リーダーはみんなを目標の実現に導く存在なのだから、教わりっぱなしではダメ。そこから考えをめぐらそう。教わったノウハウは目標に向かうための戦略にどう組み込めそうか


北野泰男

当社の事業はビジネスモデルがしっかりしているので、創業者が現役のうちは、経営理念がなくても会社が成長できたからです。しかし、創業者が退任し、組織が大きくなって社員が増えると、会社の目的や存在意義をそれぞれが自分の解釈で語るようになり、言うことが人によって少しずつ異なるという問題が起きてきました。そこで私たちは、創業者の想いをきちんと言語化して、「我々はなんのためにこの事業をしているのか」を、社員全員が共有できるようにしたのです。