ニコラス・ハイエックの名言

ニコラス・ハイエックのプロフィール

ニコラス・ジョージ・ハイエック。レバノン出身の経営者。スウォッチ・グループ創業者。レバノン・ベイルート出身。コンサルティング会社「ハイエック・エンジニアリング」を創業。スイス時計業界のコンサルティングを行ったことをきっかけに時計業界に入る。開発したスウォッチが世界的に大ヒットした。その後、オメガなどの時計ブランドを擁する世界的時計製造グループを形成した。

ニコラス・ハイエックの名言 一覧

6歳のときの空想を忘れるな。子供が砂浜で遊ぶような感覚でいればアイデアは生まれてくる。


ニコラス・ハイエックの経歴・略歴

ニコラス・ジョージ・ハイエック。レバノン出身の経営者。スウォッチ・グループ創業者。レバノン・ベイルート出身。コンサルティング会社「ハイエック・エンジニアリング」を創業。スイス時計業界のコンサルティングを行ったことをきっかけに時計業界に入る。開発したスウォッチが世界的に大ヒットした。その後、オメガなどの時計ブランドを擁する世界的時計製造グループを形成した。

他の記事も読んでみる

安藤美冬

もともと私はさほど整理熱心ではなく、デスク周りのグッズの定位置も厳格には決めていません。それでも必要なものはすぐに取り出せます。それはやはり、持ち物を絞り込んでいるからです。整理の前段階として、まずは厳選に重点を置くことが大切だと思います。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

「計画性」の習慣が身に付いていないのであれば、何よりもまず、ある目的のために、いつ、何をするか、を考えるトレーニングが必要。そのために、効果的な指導法は、スケジュール帳の活用の仕方を教えること。


木村信司

私はずっと精神的に裸でいますね、とくに演出家として役者に接するときは。隠しても自分の状態は相手に意外と伝わるもんだと気づいたので。


枡野俊明

チームがうまく機能しないのは、メンバー全員の目指すべき方向性が共有しきれておらず、それぞれが違う方向を向いている場合があるのではと感じます。


米山公啓

ストレスを減らすには、ストレスを生む元を取り除くことも大切。たとえば、仲のよい間柄でも、SNSに不快な投稿をする人の投稿は、画面表示されないよう設定。すると、楽しい話題などの投稿だけになり、SNSでストレスを感じることは減ります。


川村透

目的は整理そのものではなく、仕事のタスクを効率的に達成すること。だから無駄な作業が発生しないようにモノを配置し、座ったまま手が届くことが何より重要です。集中力が途切れることがありませんから。


南雲吉則

告知義務違反で訴えられては困るなどと考えると、「麻酔事故や出血多量で死ぬ場合もあります」といった、最悪の場合の話から始めてしまうことになります。しかし、これでは告知義務というより、たんなる医者の保身にすぎません。自分が保身に走れば、相手の心に寄り添うことなどできませんし、本当に自分のことを考えてくれているのだろうかと、相手を不安にさせるだけです。


ボビー・ジョーンズ(ゴルファー)

ゴルフが1ストロークを積み重ねていくスポーツだ、というのは昔からいわれているあたりまえのことだ。だがそれを理解するのに何年もかかった。


松沢幸一

世の中はどんどん変化していきますから、変化の中で努力を続ける以外に方法はありません。


岡本和彦(経営者)

アメックスには「ブルーボックスバリュー」と呼ばれる理念が浸透していました。アメックスでは「Principle Based Decision Making(理念に基づいた意思決定)」と言って、意思決定の際に必ず理念に照らし「合っているのか」「矛盾はないか」と問うことが習慣づけられていました。経営活動の中に理念を織り込み、実現に向けて邁進していたのです。


樋口武男

自分の作った製品を自画自賛して「これは絶対に必要なものだ」と言っても、国民が使ってくれなければ意味がない。国民が使って「良かった」と思ってくれないと、その商品は広がらない。


横澤夏子

番組では、とんねるずさんをはじめ、みなさんのお世話になりましたが、審査員の関根勤さんが「すごいねぇ!」「面白い!」と、特にほめちぎってくださって。大きな勇気と自信になりました。関根さんは、その後もお会いするたびに「いいねえ」「お肌もキレイになってきたねえ」と、ほめてくださって。ありがたすぎます。


飯田亮

部下の育て方なんて、いくつもの方法があるわけではありません。経営者や幹部でありながら社員を信用できないなんて大変な不幸です。信じることが部下を育てることです。


常陰均

厳しい交渉で大切なのはしっかりした理屈と誠意を持ち続けること。


小笹芳央

仕事でも、どんな人間関係でも、ある意味で賭けが必要です。賭けるということは、相手を信頼するということでもあります。100%失敗しないことを求めてはいけません。


ページの先頭へ