名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

ニケシュ・アローラの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ニケシュ・アローラのプロフィール

ニケシュ・アローラ。インド人経営者。「ソフトバンク・インターナショナル・アンド・メディア・インク」CEO(最高経営責任者)。インド・ウッタル・プラデーシュ州出身。バナーラス・ヒンドゥー大学卒業、米国ボストン大学卒業、ノースイースタン州立大学でMBAを取得。フィデリティ・インベストメンツ、パトナム・インベストメンツ、ドイツテレコム、Tモバイル欧州最高営業責任者などを務めたのちグーグルに入社。同社上級副社長や営業・マーケティング・提携戦略の最高責任者を務めたのちソフトバンクに移籍。

ニケシュ・アローラの名言 一覧

長期的な成功を勝ち取るためには、やはり次世代の企業家を探さねばならない。


有名な企業は、情熱を持った創業者がこういう事業をしたいと始めたものばかりです。それが今や大きく成長し、世界的な企業となっています。


まったく知らない文化の中で2年間、ビジネススクールに通ったことを自分は一番誇りに思っている。異なる環境でも適応できるということを教えてくれたあの経験は、自分が成し遂げたことの中でも最も重要な成果だった。
【覚え書き|米国に来た当時を振り返っての発言】


世界中の著名な経営者には、直接か、知人の一人を介せば連絡を取れる。


ニケシュ・アローラの経歴・略歴

ニケシュ・アローラ。インド人経営者。「ソフトバンク・インターナショナル・アンド・メディア・インク」CEO(最高経営責任者)。インド・ウッタル・プラデーシュ州出身。バナーラス・ヒンドゥー大学卒業、米国ボストン大学卒業、ノースイースタン州立大学でMBAを取得。フィデリティ・インベストメンツ、パトナム・インベストメンツ、ドイツテレコム、Tモバイル欧州最高営業責任者などを務めたのちグーグルに入社。同社上級副社長や営業・マーケティング・提携戦略の最高責任者を務めたのちソフトバンクに移籍。

他の記事も読んでみる

ラース・レビアン・ソレンセン

日本法人での会議に出席したのですが、社員から質問が出ました。「糖尿病が根治したら、自分たちの職がなくなるのではないか」と。社員は心配しているわけですね。しかし、患者が何を望んでいるかを聞けば、根治という答えが返ってくるはずです。世界で4億人が悩んでいるとんでもない病気がなくなるのだとすれば、ライバルではなく、我々こそがそれを実現する企業として手を挙げたいと思っています。


藤田晋

言葉を「拾う」ためにも読書は必要ですが、「使いこなす」ためにも読書は必要ですね。言葉を使いこなせない人は、読書量が足りない。


安岡正篤

人間は、早成する、早くものになるというほど危ないことはない。人間もなるべく晩成がよい。まあ、死ぬ頃なんとかものになるというくらいの覚悟でぼつぼつやるがよい。


谷原誠

「仕事を先延ばしにする人」は3日前、1週間前、ひと月前にできていたはずの仕事に追われ、仕事ぶりにも余裕がなくなります。対して、「すぐやる」人は、仕事が終わった時点で次のプラン、つまり未来に視点を向けることができます。結果、仕事の内容も生産的なものになるのです。


櫻田謙悟(桜田謙悟)

私自身22歳で旧安田火災海上保険に入社し、保険金の支払いや営業を歴任、労働組合専従にもなっています。その間の経験からいえば、人間の素材の部分は固まっているかもしれないが、それを開花させ、磨いていくことは、いくつになっても可能ではないかと思います。


河岸宏和

技術とは、時間とコストをかけて受け継いでいくもの。今後、人材を使い潰す利益至上主義のチェーン店は衰退の一途でしょう。反対に、地域密着で地道に営業している個人店のほうが信頼できる。ただ、個人店は二極化が激しく、ハズレを引くととんでもない店があるので、利用者の目利きが試されるでしょうね。


鈴木みゆき(経営者)

私自身はものごとをシンプルに考えるため、あまり失敗を恐れないタイプですが、その代わりたくさん失敗をしてきました。一度はモバイル決済の会社を自分で立ち上げたものの、利用者の伸び悩みから資金繰りが悪化し、会社を売却せざるを得なかったこともあります。苦渋の思いをたくさん経験してきましたが、失敗こそは成功の糧だと信じています。


山元賢治

残念ながら、今の日本には「To Be(なりたい将来像)」を持っている人が少ない。これは大きな問題です。「To Be」がないということは、自分で自分をデザインできていないということ。「みんながそうするから」「そうするのが普通だから」という理由で、仕事をし、生活をしてしまっているのです。これでは当事者意識を持つことができません。「上司が悪い」「部下が悪い」「会社が悪い」「景気が悪い」と、被害者意識で物事を考えてしまいます。


樋口裕一

異なる価値観を持つ人を理解するための訓練に、いろいろな価値観の集積の場である新聞の投書欄を利用することをお勧めします。そこに掲載されている記事を読むだけでも、職業や年齢によってずいぶん違う考え方があることがわかるはずです。さらに思考を深めようと思うなら、自分とは最も遠い意見を選んで、賛成と反対、両方の立場に立ち、それぞれ根拠を2つずつ挙げるということをやってみるといいでしょう。これが自然にできるようになれば、どんな価値観の人の話も正確に聞けるし、自分のことも客観視できるようになります。


塚越寛

成長するために、あえて踊り場をつくる。そこでは過去を振り返り、これからさらに堅実に成長の階段を登っていくために一呼吸置く。登り続けると息が切れますものね。


細谷英二

課題が浮かぶたびに経営の在り方にメスが入ります。新しい経営改革についても、客観的な視点を持った社外取締役に、外から見た場合にどう見えるかを率直に言ってもらいました。世の中の常識からみて、「ちゃんと合っている」「いや、おかしい」と単刀直入に指摘してもらうことが重要です。


佐々木正悟

指定した時間に「いまはこのタスクをやりなさい」と通知してくれるのがリマインダです。これを、スマートフォンのアプリなどを使ってしかけるといいでしょう。私の場合は、iPhoneアプリの「Due」を愛用しています。リマインダを活用することで、ついつい脱線しがちな仕事でも、きちんと進められるようになります。毎日必ずやらなくてはいけない仕事をスムーズに進めるのに役立つ方法です。