名言DB

9429 人 / 110879 名言

ニケシュ・アローラの名言

twitter Facebook はてブ

ニケシュ・アローラのプロフィール

ニケシュ・アローラ。インド人経営者。「ソフトバンク・インターナショナル・アンド・メディア・インク」CEO(最高経営責任者)。インド・ウッタル・プラデーシュ州出身。バナーラス・ヒンドゥー大学卒業、米国ボストン大学卒業、ノースイースタン州立大学でMBAを取得。フィデリティ・インベストメンツ、パトナム・インベストメンツ、ドイツテレコム、Tモバイル欧州最高営業責任者などを務めたのちグーグルに入社。同社上級副社長や営業・マーケティング・提携戦略の最高責任者を務めたのちソフトバンクに移籍。

ニケシュ・アローラの名言 一覧

長期的な成功を勝ち取るためには、やはり次世代の企業家を探さねばならない。


有名な企業は、情熱を持った創業者がこういう事業をしたいと始めたものばかりです。それが今や大きく成長し、世界的な企業となっています。


まったく知らない文化の中で2年間、ビジネススクールに通ったことを自分は一番誇りに思っている。異なる環境でも適応できるということを教えてくれたあの経験は、自分が成し遂げたことの中でも最も重要な成果だった。
【覚え書き|米国に来た当時を振り返っての発言】


世界中の著名な経営者には、直接か、知人の一人を介せば連絡を取れる。


ニケシュ・アローラの経歴・略歴

ニケシュ・アローラ。インド人経営者。「ソフトバンク・インターナショナル・アンド・メディア・インク」CEO(最高経営責任者)。インド・ウッタル・プラデーシュ州出身。バナーラス・ヒンドゥー大学卒業、米国ボストン大学卒業、ノースイースタン州立大学でMBAを取得。フィデリティ・インベストメンツ、パトナム・インベストメンツ、ドイツテレコム、Tモバイル欧州最高営業責任者などを務めたのちグーグルに入社。同社上級副社長や営業・マーケティング・提携戦略の最高責任者を務めたのちソフトバンクに移籍。

他の記事も読んでみる

佐々木常夫

思い通りにならない場面が人生には多々あることを認められるようになれば、その状況でのベストを尽くす覚悟が生まれてくる。


大木優紀

入社したての頃は、肩肘張っていたというか、カッコつけてたんですよ。「素の自分を捨て、立派なアナウンサーにならなければ」と思い、新人研修のときから、髪の毛もメイクもバッチリ整えて、言葉少なくすましていた。周囲の人から見たら、相当取っつきにくかったと思います。実際、同期の前田(有紀アナ)にも「最初は話しかけづらかったよ~」と言われました。でも、バラエティ番組内での前田とのマイクパフォーマンス対決で取り乱したり、番組降板ドッキリや激辛料理企画で号泣したりと、素の自分をさらけ出すうちに、それまでのカッコつける自分がいなくなった。すると仕事を楽しめるようになったんです。


小林惠智

他人と自分との人間関係を考える場合、多くの人は自分を変化しない「定数」、相手を変化する「変数」ととらえがちです。しかし、普段は気が長くても、忙しくなるとイライラしてせっかちになるなど、自分も変わります。自分自身も「変数」なのです。人間関係は「変数」と「変数」で成り立っているといえます。


レイ・クロック

もっとよい15セントのハンバーガーを、迅速なサービスを、もっと清潔な場所を提供し続けることができないのなら、明日破産して、別のビジネスを最初から立ち上げた方がましだ。


石井貴士

私もテレビ局で働いていたときには、やりたくない仕事が多々ありました。犯罪被害者の遺族の方からコメントを取るといった仕事は、誰しも苦しい思いをします。しかし、報道という仕事に携わる以上、それを嫌だと言うわけにはいきません。仕事に向き合う場面では、ときにこうした「割り切り」をしなくてはならないこともあるのです。


橋本孝之

私は「変化を楽しもう」と社員に言っています。ビジネスはどんどん変化していく。それに合わせて自分も変化していく。もちろん、変化することは苦しいことです。ですが、これが苦行になってはいけません。


石田建昭

変化の時代には挑戦する企業がうんと伸びるチャンスがある。


井上和幸(ヘッドハンター)

スタッフ部門を大事にする人は出世します。ふだんあまり会話をしない人たちとダイレクトな関係を持つことで、自分のキャラクター情報が広まるのです。広報マンとの付き合いなど社内営業が上手い人は、やはり大物になりますね。


吉田秀彦

試合になっても、相手の攻撃を無理に読もうなどと考えず、自分がとにかく練習で培ってきたものを発揮する。技術的なことを言えば、総合格闘技でずっと打撃でやってきた選手には、同じ土俵で太刀打ちしようとしても、敵わない。でも、苦しい練習を耐えてきたという自信があれば、大一番でも自分の力は発揮できるものです。


木皿泉(妻鹿年季子)

『すいか』をやる前の2002年は価値観が変わった年で、強いと思われていた恋愛ドラマの数字が取れなくなっていて、放送局は何を作っていいのか目標を失っていた時期だったんです。そのドサクサに紛れて『すいか』みたいな地味な企画が通ったんでしょう。ほんとはほかの作家と共同で書くはずだったけど、私たちが書いた1話目があまりにもヘンだったからほかの人は無理だろうと、結局、マイナー作家の私たちがメインで書くことになって。あの時、最初から決めていたのは、せっかく書かせてもらえるんだから、ほかのドラマにはないもの、現実にはあるのにドラマではやらないことを書こうということでしたね。それは制約でできないんじゃなくて、おもしろくないと思いこまれていた。