名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ニケシュ・アローラの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ニケシュ・アローラのプロフィール

ニケシュ・アローラ。インド人経営者。「ソフトバンク・インターナショナル・アンド・メディア・インク」CEO(最高経営責任者)。インド・ウッタル・プラデーシュ州出身。バナーラス・ヒンドゥー大学卒業、米国ボストン大学卒業、ノースイースタン州立大学でMBAを取得。フィデリティ・インベストメンツ、パトナム・インベストメンツ、ドイツテレコム、Tモバイル欧州最高営業責任者などを務めたのちグーグルに入社。同社上級副社長や営業・マーケティング・提携戦略の最高責任者を務めたのちソフトバンクに移籍。

ニケシュ・アローラの名言 一覧

長期的な成功を勝ち取るためには、やはり次世代の企業家を探さねばならない。


有名な企業は、情熱を持った創業者がこういう事業をしたいと始めたものばかりです。それが今や大きく成長し、世界的な企業となっています。


まったく知らない文化の中で2年間、ビジネススクールに通ったことを自分は一番誇りに思っている。異なる環境でも適応できるということを教えてくれたあの経験は、自分が成し遂げたことの中でも最も重要な成果だった。
【覚え書き|米国に来た当時を振り返っての発言】


世界中の著名な経営者には、直接か、知人の一人を介せば連絡を取れる。


ニケシュ・アローラの経歴・略歴

ニケシュ・アローラ。インド人経営者。「ソフトバンク・インターナショナル・アンド・メディア・インク」CEO(最高経営責任者)。インド・ウッタル・プラデーシュ州出身。バナーラス・ヒンドゥー大学卒業、米国ボストン大学卒業、ノースイースタン州立大学でMBAを取得。フィデリティ・インベストメンツ、パトナム・インベストメンツ、ドイツテレコム、Tモバイル欧州最高営業責任者などを務めたのちグーグルに入社。同社上級副社長や営業・マーケティング・提携戦略の最高責任者を務めたのちソフトバンクに移籍。

他の記事も読んでみる

石田淳(コンサルタント)

走っているときはネガティブな発想にはならない。オフィスにいると、忙しさ、大変さだけを感じてしまうのに、走ると発想が変わる。すべてシンプルに、ポジティブに考えられるようになり、いままで思いもつかなかったようなアイデアが、ふっと閃くこともある。


植木義晴

私たちが入社した頃は、非常に厳しいパイロットもいました。なかには、ちょっと気に障ったら大変という本当に怖い50代の機長もいました。でもそういう方は、後輩に対して強い情熱を持っている。だからこそ厳しいのです。そこから逃げたらおしまい。懐に入っていかなければいけない。一度入ると、もう結構ですと言っても面倒を見てくれます。そんな関係の中で様々な技術を学びました。


田島弓子

失敗体験は同時に、克服体験にもなっています。大事なのは、失敗を失敗で終わらせないこと。トラブルを招いても、「ならば、どうする?」と知恵を絞ること。それが収束につながれば失敗は成功のプロセスにつながります。


ガルブレイス

雑なテクノロジを達成しようとする姿を見ると、宇宙開発を説くとするアメリカがなぜスラム問題を不得意とするのか、そのヒントが見えてくる。


山本憲明

緊急の仕事がないときは、あらかじめ順番を決めることはせず、取りかかりやすい仕事から、どんどんこなしていきました。気が進まない仕事から進めても、うまく進まないことが多かったからです。そのときの気分に応じて、手のつけやすい仕事から進めていくほうが、結局は仕事が速く進むものです。


池田晃治

人材育成について、入行して数年間は「鋳造型」で育成します。「鋳造」とは型にはめて同じものをたくさんつくるという考え方ですが、まずは「鋳造型」の研修などにより、銀行員としての基礎を固めます。そこから先は粘り強く、さまざまな方向からの力に強く、変化に対応できる人材になるよう、OJTを中心とした「鍛造型」の指導・育成を行います。


千本倖生

DDI設立当初、まるで暗闇の暴風雨の中を進んでいるような思いでした。初めての起業で、何もかもが手さぐりでした。それ以降の起業はDDIの経験があるので、「いま、このくらいまできているな」というのがわかりますが、DDIのときはそれがなかったのですから。


長尾裕

これだけ労働人口が減少していますし、仕事内容、働くニーズも多様化していますから、採用にあたっては「このような働き方のできる人を求めています」といった思考ではなく、応募者の需要に合った働き方を提示していかなければ、新たな人材を確保することも難しくなっています。そして、働いていただく以上は長く働いていただきたいので、定着のための環境整備にも投資をしなければなりません。


黒川光博

今、虎屋が作っている菓子の特徴を言葉で表現すると、「少し甘く、少し硬く、後味良く」となります。この言葉を社員皆で共有し、菓子の製造や開発をしています。


南場智子

伝統的な日本の幸せのイメージだけでは危ないし、その通りに生きていたら、自分や自分の愛する人を守れない時代になっている。でも、それをポジティブに考えて、過去に囚われず、人生の選択をして欲しい。


鍵山秀三郎

人は人に対してたいへん大きな影響を与えうるものです。親子であれば親が節度を保ち、実践していれば、よい感性は子どもに継承されるはずです。また他人同士でも、お互いに影響を及ぼし合います。


澤上篤人

投資して利益を上げるだけなら、安く買って高く売るだけですからマネー転がしにすぎない。それだけではなく応援したい企業を見付けるのが一番大切なこと。