名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ニケシュ・アローラの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ニケシュ・アローラのプロフィール

ニケシュ・アローラ。インド人経営者。「ソフトバンク・インターナショナル・アンド・メディア・インク」CEO(最高経営責任者)。インド・ウッタル・プラデーシュ州出身。バナーラス・ヒンドゥー大学卒業、米国ボストン大学卒業、ノースイースタン州立大学でMBAを取得。フィデリティ・インベストメンツ、パトナム・インベストメンツ、ドイツテレコム、Tモバイル欧州最高営業責任者などを務めたのちグーグルに入社。同社上級副社長や営業・マーケティング・提携戦略の最高責任者を務めたのちソフトバンクに移籍。

ニケシュ・アローラの名言 一覧

長期的な成功を勝ち取るためには、やはり次世代の企業家を探さねばならない。


有名な企業は、情熱を持った創業者がこういう事業をしたいと始めたものばかりです。それが今や大きく成長し、世界的な企業となっています。


まったく知らない文化の中で2年間、ビジネススクールに通ったことを自分は一番誇りに思っている。異なる環境でも適応できるということを教えてくれたあの経験は、自分が成し遂げたことの中でも最も重要な成果だった。
【覚え書き|米国に来た当時を振り返っての発言】


世界中の著名な経営者には、直接か、知人の一人を介せば連絡を取れる。


ニケシュ・アローラの経歴・略歴

ニケシュ・アローラ。インド人経営者。「ソフトバンク・インターナショナル・アンド・メディア・インク」CEO(最高経営責任者)。インド・ウッタル・プラデーシュ州出身。バナーラス・ヒンドゥー大学卒業、米国ボストン大学卒業、ノースイースタン州立大学でMBAを取得。フィデリティ・インベストメンツ、パトナム・インベストメンツ、ドイツテレコム、Tモバイル欧州最高営業責任者などを務めたのちグーグルに入社。同社上級副社長や営業・マーケティング・提携戦略の最高責任者を務めたのちソフトバンクに移籍。

他の記事も読んでみる

湊かなえ

悪意を持って行動する人間が引き起こした事件は、加害者を改心させたり罰したりすることで解決できます。だけど、事件のきっかけが「善意による行動」だった場合、これは余計にたちが悪いし、解決も難しくなるのではないかなと思ったのが、この物語(『ユートピア』)の原点になりました。自分は善いことをしていると思っている分、落ち度にはなかなか気づきにくいし、気づけたとしても「誰も私の気持ちをわかってくれない」などと他人のせいにしてしまいがちです。悪意よりももっとやっかいなものが日常にはあふれているんです。


石田淳(コンサルタント)

軽い運動を習慣化すればセロトニンが分泌されて気分が前向きになりますので、「次はこれに挑戦してみよう」と意欲的になります。


ハワード・シュルツ

父は1988年1月に肺がんで亡くなったが、このときほど悲しかったことはない。父には貯金も年金もなかった。何よりも胸が痛んだのは、父が自分の仕事に生きがいも誇りも持てなかったことである。少年時代の私は、いつの日か自分が会社の経営者になろうとは夢にも思わなかった。しかし、何かできる立場になった時には、決して人々を見捨てるようなことはしないと固く心に誓っていた。


庄野直之

うちのコア・バリューを伝えて、商品を買っていただくのが営業の仕事。


ロベルト佃

僕たち代理人の仕事は選手とクラブチームとの間に立ち、契約交渉をすること。その代理交渉に関して得るフィーが、僕らの収入になるわけです。当然、契約金は大きいほうがいい。けれど、僕は選手が確実にステップアップできる環境でなければ、いくら契約金が高くても、ビッグクラブでも移籍させません。たとえば、日本企業のスポンサード目当てで選手を欲しがるチーム、試合に出る機会も得られないチームには絶対に選手を入れないんです。なぜなら、それが日本サッカーのためにならないからですよ。南米や欧州の代理人なら、そんなことは考えません。毎年のように若く才能のある選手が現れ、多くのクラブが早い時期から目をつけ始めるから。


桐山一憲

当社には長い歴史で培ったカルチャーや働き方があり、それも時代に合わせて変化しています。


中野信子

ネガティブ感情が強いときほど、自分をなるべく遠くから見る視点を持つことが大切です。自分を引いて見て、あ、自分は今ネガティブな感情を抱いているんだな、というのを認識するのです。すると、自分のネガティブな声はちょっと強すぎるなとか、周りから強く責められていると思っていたけど、意外とそこまで強くはないなというのが冷静に見えてきたりします。冷静に見るには、そもそも人は誰でも必ず失敗するものだという開き直りも大切です。


吉村久夫

既存のマスメディアの企画力の貧困やマンネリ化がなぜ起こるのか。優秀な人材を採用していながら、既得権益にあぐらをかき、本来の競争を忘れてしまっているからでしょう。今こそ激しい競争の中に身を投ずるという意識改革が必要です。


志賀内泰弘

最近ご無沙汰している相手に、「久しぶり、元気?」とだけでも連絡を入れてみる。相手は驚くかもしれませんが、それが眠っている関係を呼び起こすきっかけになります。私が携帯電話をもっているのは、タクシーに乗ったときなどのちょっとした時間に、「どう?元気?」と知り合いたちに連絡を入れるためです。何も用事がなくてもこちらから気軽に連絡をとることが大切です。それだけで、こちらが相手を気にかけていることが伝わりますし、相手もこちらを気にかけてくれるようになります。人脈をつくるには、なにも特別なことをする必要はないのです。


山本康博

売り込もうとするのではなく、何か困っていることを助けてあげるという視点から企画を書くことが大切。


下園壮太

たくさんの選択肢から自由に自ら選べることは、基本的には素晴らしい状況でしょう。しかし、私は自由の過度の拡大が、今日の日本社会のストレス増加の理由のひとつと考えています。私たちは「エネルギー消費=肉体を使うこと」と捉えがちですが、無数の選択肢の中から「選ぶ」という頭脳労働もかなりのエネルギーを使うのです。


中鉢良治

情報をリンクするためには、情報のストックが必要です。僕の場合は、気になった情報を手帳にすべて手書きでメモしていきます。この手帳術は、学問を志していた30年以上前から始めており、いまでもソニー手帳を利用して、欠かさず続けています。いってみれば、手帳がアナログのデータベースになっているのです。情報のストックが多ければ多いほど、連結点も増えていくというわけです。