ニケシュ・アローラの名言

ニケシュ・アローラのプロフィール

ニケシュ・アローラ。インド人経営者。「ソフトバンク・インターナショナル・アンド・メディア・インク」CEO(最高経営責任者)。インド・ウッタル・プラデーシュ州出身。バナーラス・ヒンドゥー大学卒業、米国ボストン大学卒業、ノースイースタン州立大学でMBAを取得。フィデリティ・インベストメンツ、パトナム・インベストメンツ、ドイツテレコム、Tモバイル欧州最高営業責任者などを務めたのちグーグルに入社。同社上級副社長や営業・マーケティング・提携戦略の最高責任者を務めたのちソフトバンクに移籍。

ニケシュ・アローラの名言 一覧

長期的な成功を勝ち取るためには、やはり次世代の企業家を探さねばならない。


有名な企業は、情熱を持った創業者がこういう事業をしたいと始めたものばかりです。それが今や大きく成長し、世界的な企業となっています。


まったく知らない文化の中で2年間、ビジネススクールに通ったことを自分は一番誇りに思っている。異なる環境でも適応できるということを教えてくれたあの経験は、自分が成し遂げたことの中でも最も重要な成果だった。
【覚え書き|米国に来た当時を振り返っての発言】


世界中の著名な経営者には、直接か、知人の一人を介せば連絡を取れる。


ニケシュ・アローラの経歴・略歴

ニケシュ・アローラ。インド人経営者。「ソフトバンク・インターナショナル・アンド・メディア・インク」CEO(最高経営責任者)。インド・ウッタル・プラデーシュ州出身。バナーラス・ヒンドゥー大学卒業、米国ボストン大学卒業、ノースイースタン州立大学でMBAを取得。フィデリティ・インベストメンツ、パトナム・インベストメンツ、ドイツテレコム、Tモバイル欧州最高営業責任者などを務めたのちグーグルに入社。同社上級副社長や営業・マーケティング・提携戦略の最高責任者を務めたのちソフトバンクに移籍。

他の記事も読んでみる

リチャード・ブランソン

何故私が航空業界にチャレンジしたか。それは、既成の航空会社が料金に見合ったサービスを提供していなかったからです。そこで、私たちが質の高い、コストに見合ったサービスを提供することで独占状態に風穴を開けられると考えたのです。私にとっては、「ヴァージン」とは、「チャレンジ精神」と同義語なのです。


野中正人

90年代に入ると、品質だけでなく流行に乗った商品が求められるようになりました。しかし、トレンドを追い求めると、読みが外れたときのリスクが大きいのです。90年代初めは他の店の店頭で売れている商品を調査して、2、3か月後には店頭に並べるようにしました。流れがゆっくりしていたので、たとえ半歩化一歩遅れることになっても、十分商売になりました。しかし、2000年代に入ると、半歩遅れでは売れなくなってしまいました。


澤田秀雄

緊急事態で、しかも外部の人間だからこそ、しがらみにとらわれることなく、取引先についても見直すことができるんです。


佐藤治彦

料理や洗濯などの家庭科力を磨くことで、日々の節約は自然と達成される。夫婦で協力すれば家庭円満にもつながる。


石崎芳行

福島の皆さんのために汗をかく姿を見てもらうしかない。福島を歩き回り、誠意を尽くさない限り信頼回復などありえませんから。


北方謙三

いまも休みなく書き続けているんですよ。もっともっと自分を磨こうと。俺にもし美徳というものがあるとすれば、勤勉さだけはあるんじゃないかな。それは勤勉に小説を書けるということだけで、ほかは全然ダメなんだけど(笑)、人間は勤勉なものが一つだけあればいい。


リー・アイアコッカ

人を見抜くのがうまくても、ちょっと会っただけでは絶対に見抜けない資質がふたつある。ひとつはその人物が怠け者であるかどうか、ふたつ目は決断力があるかどうか。人間の腹の中に燃える炎と決断を迫られたときの機転とは、どんな心理テストによっても計算できない。


伊地知晋一

私の本業はクチコミマーケティングですが、ネットの反応がプラスに現れたものがクチコミ、マイナスに振れたものが袋叩きや炎上なのです。真摯に謝罪すれば、マイナスの反応はプラスに変えることができます。クレーマーはロイヤルカスタマーになるとよく言われます。袋叩きされて頭を抱えるのではなく、逆にチャンスと考え、上手く活用してはどうでしょう。


藤田寛之

自分はあまりスランプを意識するタイプではないんですが、もちろん調子の波はあります。シーズンを通しても、大小さまざまな波がある。そんなとき意識しているのは、「軸をブラさない」ことです。不安になると新しい材料を取り入れたくなりがちですが、それよりこれまで積み上げてきたものを大事にする。そのなかで、不調の出口を見つけることが多いように思います。


鈴鹿可奈子

両親から店を継ぎなさいと言われたことは一度もありませんが、中学生の頃には、将来継ごうと決めていました。大好きな八ッ橋に携われますし、しかもマネジメントをできる機会などなかなか得られるものではありません。せっかく貴重なチャンスを持って生まれたのだから、それを活かしたいと思ったのです。


小杉俊哉

利益に直接結びつかなくても、自分が人とつながり、また自分が間に入って人と人をつないでおくといいでしょう。やがてそれがネットワークとなり、思わぬところであなたを助けてくれるのです。「運のいい人」はこのようなネットワークを必ずもっています。


和田浩子

目的が明確でないと、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃとプレッシャーを感じたり、あるいは優先順位の低い業務ばかりをこなして仕事をした気になったりします。それでは決して成果を出すことはできません。


大西実(大西實)

品質管理と新技術で、日本企業は戦後の高度成長を実現し、黄金の80年代を築きました。しかし、バブル崩壊後、低迷期に突入し、いまだに混乱したままです。こうした中で企業が生き残っていくには、やはり変わることを恐れず、事業構造の変革をそれこそ日々進めていくしかありません。事業も組織も技術も、一日過ぎれば、もう古くなっていくのです。


松本晃(経営者)

「重要度は高くないが、緊急度は高いこと」は、人に任せても大丈夫なことが多いので、1人で抱え込まない方が時間を効率的に使える。


中野ジェームズ修一

とにかく自分がどうなりたいのか、何をしたいのかをはっきりさせることが先決。これを動因と呼びますが、紙に書き出すことで、モヤモヤしていたものがはっきりする。


ページの先頭へ