名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ニクラス・ゼンストロームの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ニクラス・ゼンストロームのプロフィール

ニクラス・ゼンストローム。スウェーデンの起業家、投資家。スカイプの共同創業者。ストックホルム出身。ウプサラ大学、ミシガン大学を卒業。ヨーロッパの通信事業者「Tele2」に入社し、インターネットサービスプロバイダ「get2net」、ポータルサイト「everyday.com」を立ち上げる。その後、ヤヌス・フリスとともにP2Pファイル共有ソフト「Kazaa」、インターネット電話サービス「スカイプ」、インターネットテレビ配信システム「Joost」などを開発。その後、投資会社「Atomico」を設立し、ベンチャー企業を支援する活動を行った。

ニクラス・ゼンストロームの名言 一覧

消費者の声を聞くことは大事です。しかし、もしへンリー・フォードが顧客の声を聞いていれば、クルマの大量生産よりもより速く走る馬を大量生産することに邁進していたはずです。顧客の声を聞くべきタイミングはプロダクトを世に出した後でしょう。


日本の大企業は困難に直面しています。いまこそ、視点を変える必要があるのです。大企業こそ起業したばかりの若い企業から学ぶべきことが多い。これが私の持論です。


私は世に革新を起こすために、「自分は世の中に何をもたらしたいのか」という問いをブレずに持ち続けました。革新的なプロダクトを世に出すつもりなら、まず自分自身の声を聞き、信じることです。


スカイプは国境を越えて世界中に広がりましたが、振り返れば2つの点で成功要因があったと思います。まず、スカイプは文字や動画を使ってコミュニケーションをするツールです。コミュニケーションは世界中のみんなができることであり、また求めているものでもあります。プロダクトそのものに国を問わない普遍性が内包されていたと言えます。もうひとつはイノベーションを起こすために自分自身を信じたことです。


いま、私はスカイプのCEO(最高経営責任者)、会長職を退任し、英ロンドンに本拠地を構えるVC(ベンチャーキャピタル)「アトミコ」を創業しました。優れた技術と野心を持ち合わせた若い起業家たちが羽ばたける環境を作りたい。この思いは、紛れもなくスカイプ創業時の苦労があったからです。


私は2003年に無料電話ソフト「スカイプ」の事業を立ち上げました。いまでこそ世界中で使われているソフトウェアに成長しましたが、起業当時はいろいろと悩みを抱えていました。最大の悩みは資金調達でした。スカイプで用いる技術は画期的なものでしたが、その技術を理解してくれる投資家が周りにいなかったのです。世の中のトレンドがどう変わっていくのかを理解してくれる投資家もいませんでした。


いま、世界中のイノベーションは若い企業から起きています。若い起業家たちの中には最初からグローバル市場を舞台に戦う野心を持つ人たちが多くいます。そして、彼らはオープンな思考を持ち、企業同士のエコシステム(生態系)に対する理解度も高い。


ニクラス・ゼンストロームの経歴・略歴

ニクラス・ゼンストローム。スウェーデンの起業家、投資家。スカイプの共同創業者。ストックホルム出身。ウプサラ大学、ミシガン大学を卒業。ヨーロッパの通信事業者「Tele2」に入社し、インターネットサービスプロバイダ「get2net」、ポータルサイト「everyday.com」を立ち上げる。その後、ヤヌス・フリスとともにP2Pファイル共有ソフト「Kazaa」、インターネット電話サービス「スカイプ」、インターネットテレビ配信システム「Joost」などを開発。その後、投資会社「Atomico」を設立し、ベンチャー企業を支援する活動を行った。

他の記事も読んでみる

西田文郎

人はそもそも「楽しい」「うれしい」といった感情に喜びを感じ、何度も同じ感情を味わおうとする。こうした脳内の「報酬系」の仕組みを使うことが、モチベーションを保ち、集中力と持続力を高めるために欠かせない。


志賀内泰弘

お風呂に入って粉状の入浴剤を入れるシーンを想像してください。徐々に粉が溶け、一部のお湯の色が変わっています。その色のついたお湯をかき寄せてみてください。すると、どうでしょう?色のついたお湯は自分から遠ざかっていく。逆に、自分から遠ざけようと払うと、色のついたお湯は自分のほうへ寄ってくるのです。欲しいとかき寄せると遠ざかり、相手に与えるために手放すと寄ってくる。これは自然の摂理なのです。


岩田松雄

今でも私は講演や執筆の仕事は基本的に断わりません。もちろんハードですが、忙しい時こそ頭がフル回転する。たとえば、空き時間の30分で原稿を書かなければいけない、といったときですね。余裕があるときに書いた原稿とくらべても、不思議とこういう時に書いた原稿はクオリティが高い。これも、負荷をかけることで本質にフォーカスせざるを得なくなるからでしょう。


中原淳

「仕事に直結するかどうか」「あとで潰しが利くかどうか」という観点で学ぶことを選ぶと、興味のないことを選んでしまい、続かないことがとても多い。


井上知子

丸投げ的な業務アサインで通じる人もいれば、もっと細かいサポートが必要な人もいる。パフォーマンスを引き出すためには、ミスを責めることではなく、その人に応じた「ミスを出しにくい仕組み」を整えることが大切です。


村上太一

相手に好かれたいなら、その人がどんな性格や嗜好を持っているのか、こちらも知ろうとする努力は必要だと思います。そして、相手が求めるものに合わせて振る舞えばいい。ビジネスマナーのマニュアル通りに礼儀正しく振る舞うだけが正解ではないはずです。


蒲島郁夫

一歩を踏み出せば、何かが起こり、人生が動き出す。そこで、120%の努力をする。その繰り返しが自己実現であり人生だ。


田浦秀幸

毎日できれば2時間、無理なら20分でも英語に触れてください。適切なトレーニングをコツコツ積み上げていけば、ビジネスや日常生活に困らないくらいまでには十分にスキルアップが可能です。


古川武士

悪い習慣をやめたいなら、まずは悪循環の全体像を把握することです。そして、連鎖している悪い習慣のうち、まずはひとつに絞って、それをやめる取り組みをしてください。一度にあれもこれもやめようとしないことが大切。


田村次朗

交渉の事前準備はまず、ビジョンの設定だ。ビジョンとは、目先の合意目標ではなく、交渉の成功によって実現されるべきものである。たとえば価格交渉であれば「新しい商品を世に送り出すことによって社会に貢献する」といったビジョンが考えられる。なぜビジョンを考える必要があるかと言えば、目先の合意目標に双方の視点が固定されると、交渉は必ず暗礁に乗り上げるからだ。


作山若子

有機栽培、そしてフェアトレードで世界中の美味しくて安全なお茶を提供していきたい。


石川康晴

「気になることは何でも言い合える」部署の雰囲気作りというのは、ミスを減らすために効果的。