名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ニクラス・ゼンストロームの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ニクラス・ゼンストロームのプロフィール

ニクラス・ゼンストローム。スウェーデンの起業家、投資家。スカイプの共同創業者。ストックホルム出身。ウプサラ大学、ミシガン大学を卒業。ヨーロッパの通信事業者「Tele2」に入社し、インターネットサービスプロバイダ「get2net」、ポータルサイト「everyday.com」を立ち上げる。その後、ヤヌス・フリスとともにP2Pファイル共有ソフト「Kazaa」、インターネット電話サービス「スカイプ」、インターネットテレビ配信システム「Joost」などを開発。その後、投資会社「Atomico」を設立し、ベンチャー企業を支援する活動を行った。

ニクラス・ゼンストロームの名言 一覧

消費者の声を聞くことは大事です。しかし、もしへンリー・フォードが顧客の声を聞いていれば、クルマの大量生産よりもより速く走る馬を大量生産することに邁進していたはずです。顧客の声を聞くべきタイミングはプロダクトを世に出した後でしょう。


日本の大企業は困難に直面しています。いまこそ、視点を変える必要があるのです。大企業こそ起業したばかりの若い企業から学ぶべきことが多い。これが私の持論です。


私は世に革新を起こすために、「自分は世の中に何をもたらしたいのか」という問いをブレずに持ち続けました。革新的なプロダクトを世に出すつもりなら、まず自分自身の声を聞き、信じることです。


スカイプは国境を越えて世界中に広がりましたが、振り返れば2つの点で成功要因があったと思います。まず、スカイプは文字や動画を使ってコミュニケーションをするツールです。コミュニケーションは世界中のみんなができることであり、また求めているものでもあります。プロダクトそのものに国を問わない普遍性が内包されていたと言えます。もうひとつはイノベーションを起こすために自分自身を信じたことです。


いま、私はスカイプのCEO(最高経営責任者)、会長職を退任し、英ロンドンに本拠地を構えるVC(ベンチャーキャピタル)「アトミコ」を創業しました。優れた技術と野心を持ち合わせた若い起業家たちが羽ばたける環境を作りたい。この思いは、紛れもなくスカイプ創業時の苦労があったからです。


私は2003年に無料電話ソフト「スカイプ」の事業を立ち上げました。いまでこそ世界中で使われているソフトウェアに成長しましたが、起業当時はいろいろと悩みを抱えていました。最大の悩みは資金調達でした。スカイプで用いる技術は画期的なものでしたが、その技術を理解してくれる投資家が周りにいなかったのです。世の中のトレンドがどう変わっていくのかを理解してくれる投資家もいませんでした。


いま、世界中のイノベーションは若い企業から起きています。若い起業家たちの中には最初からグローバル市場を舞台に戦う野心を持つ人たちが多くいます。そして、彼らはオープンな思考を持ち、企業同士のエコシステム(生態系)に対する理解度も高い。


ニクラス・ゼンストロームの経歴・略歴

ニクラス・ゼンストローム。スウェーデンの起業家、投資家。スカイプの共同創業者。ストックホルム出身。ウプサラ大学、ミシガン大学を卒業。ヨーロッパの通信事業者「Tele2」に入社し、インターネットサービスプロバイダ「get2net」、ポータルサイト「everyday.com」を立ち上げる。その後、ヤヌス・フリスとともにP2Pファイル共有ソフト「Kazaa」、インターネット電話サービス「スカイプ」、インターネットテレビ配信システム「Joost」などを開発。その後、投資会社「Atomico」を設立し、ベンチャー企業を支援する活動を行った。

他の記事も読んでみる

山本寛斎

私は人が持つ力を信じています。私たち一人ひとりには、まだ出し切っていない才能や隠れた力があるんじゃないか。それを一緒になって引き出そうよと、ずっと呼びかけてきた。


星野佳路

危機感を持ち経営するには、競争相手を設定することが非常に重要です。誰をライバルにし、誰に勝たなければならないかというのを社内に常に示しています。ライバルを明確にすることが重要です。


木股昌俊

当社は海外売上高比率が全社で67%、機械だけで言えば70%を超えています。その一方で海外生産は全社の30%程度、機械で40~45%程度ですから、まだまだ為替に左右される体質です。国内の仕事量をきちんと確保しつつ、現地生産をさらに進めていきます。基本的に私の考えは、需要地で研究開発、部品・ユニットの調達、生産、販売、サービスまで一気通貫で行いたいというものです。また、マーケティングを繰り返しながら、スパイラルで質を高めていくことが理想です。


小川洋子

想像力でより遠くへ旅するためには、むしろ何か制限がかかっている方がジャンプ力が出る。


加藤宣明

当社では「事業グループ事業部制」と「地域本社制」という「縦軸」と「横軸」の関係でうまく話し合いながら事業を進めていくことを目標にしています。一方の軸だけでは、単眼的な見方になってしまいます。これだけ組織が大きくなると、事業軸だけでも、また地域軸だけでもマネジメントは不十分で、2つの軸を両立させつつ、本社の権限を極力、事業部および地域に渡していかなければならないと考えています。


安田佳生

「走りながら考える」とよく聞きますが、あれほど効率の悪いことはありません。これは私の持論ですが、走りながら考えることはできません。考える時間と、企画づくりなどアウトプットする時間は別物です。作業が遅い人は、考えながら作業しているからです。それではダメなのです。


山下泰裕

仕事はいろいろな人が関わってやっていくもの。そこに信頼関係が結ばれていて一緒にやっていくのと、そうでないのとでは、仕事の進み具合が全然違う。信頼関係がない中で仕事をやるのは「いばらの道」。


清田瞭

売上というビジネスのサイズを大きくするだけでなく、組織の効率性などに常に取り組んでいる企業というのが一番成長力を持っている。


すはらひろこ

いつでも気兼ねなく、不用品を捨てるためにも、ゴミ箱を空にしておこう。そうすることで「捨てたい欲求」が高まる。まずはマメにゴミ箱の中身をチェックし、オフィス共用ゴミ箱などに中身を捨てに行く習慣をつけよう。これは自宅にも応用が利く。


林田英治

世の中にどうやって価値をつくり出すか。ゼロから何かを生み出さなければいけないのに、日本の会社はゼロから1が生み出されたら、1をn倍にすることしか考えていない。


ケリー・マクゴニガル

やる気を「ある」か「ない」かで考える人がいます。でも実際には、やる気が「ない」のではなく、自分が持っているやる気や意欲を満足させる具体的な方法を見つけられないだけ。


小宮一慶

迷いが生じるのは、志がなくて表面的な目標だけを追いかけているからでしょう。一流のリーダーたちは高い志を持ったうえで、それを目標に落とし込んでいます。ベースに志があるので、多少の困難があってもびくともしない。