名言DB

9429 人 / 110879 名言

ニクラス・ゼンストロームの名言

twitter Facebook はてブ

ニクラス・ゼンストロームのプロフィール

ニクラス・ゼンストローム。スウェーデンの起業家、投資家。スカイプの共同創業者。ストックホルム出身。ウプサラ大学、ミシガン大学を卒業。ヨーロッパの通信事業者「Tele2」に入社し、インターネットサービスプロバイダ「get2net」、ポータルサイト「everyday.com」を立ち上げる。その後、ヤヌス・フリスとともにP2Pファイル共有ソフト「Kazaa」、インターネット電話サービス「スカイプ」、インターネットテレビ配信システム「Joost」などを開発。その後、投資会社「Atomico」を設立し、ベンチャー企業を支援する活動を行った。

ニクラス・ゼンストロームの名言 一覧

消費者の声を聞くことは大事です。しかし、もしへンリー・フォードが顧客の声を聞いていれば、クルマの大量生産よりもより速く走る馬を大量生産することに邁進していたはずです。顧客の声を聞くべきタイミングはプロダクトを世に出した後でしょう。


日本の大企業は困難に直面しています。いまこそ、視点を変える必要があるのです。大企業こそ起業したばかりの若い企業から学ぶべきことが多い。これが私の持論です。


私は世に革新を起こすために、「自分は世の中に何をもたらしたいのか」という問いをブレずに持ち続けました。革新的なプロダクトを世に出すつもりなら、まず自分自身の声を聞き、信じることです。


スカイプは国境を越えて世界中に広がりましたが、振り返れば2つの点で成功要因があったと思います。まず、スカイプは文字や動画を使ってコミュニケーションをするツールです。コミュニケーションは世界中のみんなができることであり、また求めているものでもあります。プロダクトそのものに国を問わない普遍性が内包されていたと言えます。もうひとつはイノベーションを起こすために自分自身を信じたことです。


いま、私はスカイプのCEO(最高経営責任者)、会長職を退任し、英ロンドンに本拠地を構えるVC(ベンチャーキャピタル)「アトミコ」を創業しました。優れた技術と野心を持ち合わせた若い起業家たちが羽ばたける環境を作りたい。この思いは、紛れもなくスカイプ創業時の苦労があったからです。


私は2003年に無料電話ソフト「スカイプ」の事業を立ち上げました。いまでこそ世界中で使われているソフトウェアに成長しましたが、起業当時はいろいろと悩みを抱えていました。最大の悩みは資金調達でした。スカイプで用いる技術は画期的なものでしたが、その技術を理解してくれる投資家が周りにいなかったのです。世の中のトレンドがどう変わっていくのかを理解してくれる投資家もいませんでした。


いま、世界中のイノベーションは若い企業から起きています。若い起業家たちの中には最初からグローバル市場を舞台に戦う野心を持つ人たちが多くいます。そして、彼らはオープンな思考を持ち、企業同士のエコシステム(生態系)に対する理解度も高い。


ニクラス・ゼンストロームの経歴・略歴

ニクラス・ゼンストローム。スウェーデンの起業家、投資家。スカイプの共同創業者。ストックホルム出身。ウプサラ大学、ミシガン大学を卒業。ヨーロッパの通信事業者「Tele2」に入社し、インターネットサービスプロバイダ「get2net」、ポータルサイト「everyday.com」を立ち上げる。その後、ヤヌス・フリスとともにP2Pファイル共有ソフト「Kazaa」、インターネット電話サービス「スカイプ」、インターネットテレビ配信システム「Joost」などを開発。その後、投資会社「Atomico」を設立し、ベンチャー企業を支援する活動を行った。

他の記事も読んでみる

星野佳路

今後の100年で最も大きな影響があるのは、私は人口減少だと思っています。東京は、過去100年で良いものを壊したかもしれませんが、何だかんだ言っても日本の中心でした。しかし、このまま日本の中心にいるだけでは、人口減少に転じたときのインパクトが非常に大きい。事業者としては怖さがあります。やっぱり、会社をグローバル化させなくてはいけないという発想になる。私が東京に期待するのは、日本の中心からアジアの中心に舵を切れないかということなんです。アジアの中心になるためには、マルチナショナルな都市にならなければいけないと思っています。そこにはすごくマイナスの面もあるでしょう。テロや失業、それに伴う排他的な動きなども出てくるかもしれない。それらを乗り越えて、東京がアジアの中心になるという。覚悟を持てないだろうか。もし持つことができれば、(グローバル化するより)この国でしっかり事業をする方がいいかもしれないと思えてきますよね。


坂信弥

雨が降り、水がだんだん山から落ちて石清水になるように、時間はかかったが我が社も一応の基礎はできた。今後の私の抱負としては社員の息子たちが「ぜひ父のあとをついで大商に入社したい」と言ってくれるような会社に仕上げたいと思っている。


横田南嶺

人の存在は、たとえるなら大海に浮かぶ泡のように、はかなくあやういもの。しかし、泡は海と一体であり、果ては大気になります。自然はすべてつながり、一体となって切り離せないものです。そのつながりの一部に自分が存在しています。頭で考えて自分を守ろうとするから、心に不安と動揺が生まれます。全体の中の一部として、与えられた役割を精一杯務めることが大切でしょう。


高岡浩三

お客さんが全然気が付いてない問題をこちらが先に発見して、それを解決したときに初めてイノベーションが生まれる。一方、お客さんが認識している問題を解決することで生まれる成果はリノベーション。


国部毅(國部毅)

フィンテック専門部署を設けてIT企業、ベンチャー企業、コンサルティング会社などから人材を集めています。服装も銀行の職場とはかなり雰囲気が違いますね。これまでに新しい生体認証のプラットフォームや、スマホを使った電子バーコード決済による代金収納サービスが生まれました。


畑村洋太郎

見学時は、メモをほとんど取りません。印象記(見学後に印象に残った出来事を書く記録)を書くのも、見学のあと一週間から10日経ってからです。記録が目的のひとつであるのに、なぜメモを取らないかというと、メモしなければ忘れてしまうような情報は、それほど価値のある情報ではないからです。逆にいうと、問題意識をもって観察すれば、必要な情報は時間を経ても頭に残っているはずです。残った材料だけで、十分に知見を深められます。


齋藤勇(齊藤勇)

ビジネスにリスクはつきもので、決断が常に最善の結果を導くとは限りません。もちろん本人も、それはよく理解しています。だからこそ、まわりにすべてを委ねて責任を回避したいという気持ちが湧いてきて、決断を避けるようになってしまいます。自分だけは安全地帯にいたいという心理が強く働いているわけです。しかし、ビジネスを取り巻く環境が目まぐるしく変わるいま、リスクをとるよりリスクを取らずに同じところにとどまっているほうがリスクが高いのです。失敗覚悟で前に進む勇気を持たなければ、淘汰されることになるでしょう。


水田正道

全体のパラダイム(産業の枠組み)や意識を変えていかないといけない。横並びで、他社がやるからやるということではやっていけない。


守島基博

どんなに戦略が優れていても、どんなに弁舌さわやかでも、いいリーダーシップとそうでないリーダーシップを分ける最後の基準は、フォロワー(部下)を率いて、成果を出すかにかかっている。そのためにすることは、極端に言えば何でもいいのだ。


夏野剛

どうすれば突き抜けた人材になれるかというと、僕は自分の好きなことで勝負するしかないと思う。世の中で突き抜けられている人って、みんな好きなことや、やりたいことを徹底した人たちです。僕の場合は、コンシューマーの気持ちを考えるのが大好きで、そういう仕事に携わったから突き抜けることができた。これがもし、何の興味もないBtoBビジネスをやっていたら、ずいぶん冴えないビジネス人生になっていただろう、と思う。