名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ニエンハ・シェの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ニエンハ・シェのプロフィール

ニエンハ・シェ(謝念和)。「ハーバード・ビジネス・スクール」准教授。専門はジェネラルマネジメント。

ニエンハ・シェの名言 一覧

企業利益の追求と倫理的な活動は共存すべきもの。


「真実を話す」「盗みは悪いことだ」といった一般的な倫理的思考を共通に持っていなければ、経営倫理を議論の俎上に載せることは難しい。


新たな問題を自分たちで設定し、幅広い価値観の中で議論することで、決断力をさらに強めていくことができる。


思考のフレームワークを構築するためには、多くのビジネスの事例に触れることが欠かせない。


国が違っても共通する価値観を持っていたり、出身が同じであっても異なる思考を持っていたり、必ずしも、文化の違いによって倫理観は規定されるものではないと感じています。たとえ異なる価値観を持った人同士であっても、互いに納得できるような倫理観の着地点を探っていくことが重要です。


自分自身で「これが問題だ」と課題に気づき、判断をくだし、自身の価値観を築いていくことは、どんな立場であっても求められることです。意思決定を避けない、そして、倫理の問題について語り合うことを厭わないことこそが、ビジネスマンに必須の素養といえるのではないでしょうか。


授業で注意するのは、主観的に議論を進めることです。起こっている現象を俯瞰し、机上の出来事として客観的に結論を出すのでは、実際に同じような場面におかれたときに生かすことができません。そこでまずは、「自分がその場にいたらどう考えるか」と学生に声を掛けることからはじめます。これにより、臨場感を持った思考を促すのです。議論のときには「自分がこの経営者だったらどう判断するか」と投げかけることもあります。そうするとまた違う意見が出てきたりする。どこまでも自身の出来事として話し合いを進めるのです。


企業倫理は、企業のリーダーや管理者たちが、意思決定をする軸の一つとなります。人によって答えが違ったり、一筋縄では解答を導き出せない課題に直面する際には、法的、経済的、倫理的な観点から決断が必要です。


企業倫理は世界規模で事業を展開する企業が増えている現在、特に注目したいテーマです。企業は利益を追求するだけではなく、社会に貢献できる存在となれるよう、倫理観を育んでいく必要性が高まっています。


ニエンハ・シェの経歴・略歴

ニエンハ・シェ(謝念和)。「ハーバード・ビジネス・スクール」准教授。専門はジェネラルマネジメント。

他の記事も読んでみる

及川智正

農作物をどこのスーパーで売るか、ITを駆使することでより効率的に配置できます。私たちが配送を担うのは、集荷場からスーパーのセンターまで。そこから販売される店舗までの運送は各スーパーの物流に任せています。これまではスーパー各社ごとに、バーコードの種類が異なっていました。ですから、新たに提携させていただくスーパーが増えるたびに、それぞれのバーコード発券機を使用する必要がありました。しかし農家の方々から「どの発券機を使えば良いのか分からない」との相談を受け,一台の発券機からあらゆるラベルが発券できる仕組みを構築。これによって農家の方々も簡単に様々なスーパーに商品を並べられ、気兼ねなく新たなスーパーとも直取引できるようになりました。またこの仕組みでは、生産者自身が売価を決めることができます。これで生産者は販売場所、価格を自分自身の手でコントロール可能となりました。


似鳥昭雄

とにかく人のやらないことをやれというのがうちの方針です。他社のいい商品を真似するのも悪くないですけれど、目指すのはこの世にないものを作ることです。


勝田忠緒

じっとしているのも勇気。


奥野宣之

難しい言葉を使いたがるのが、人間の本能。そう言い切れるほど、多くの人が使わなくても済む難しい言葉を使っています。文章でそれをやられると、読み手は本当に疲れます。文章の中から難しい言葉を徹底的に排除していきましょう。


湖中謙介

他社もオーダーの店舗を増やすという話は聞こえてきています。それでも既製服とは違って、オーダースーツでは店ごとの個性が出やすいので、差別化はできると思います。当社の差別化ポイントは総合力です。少々面倒なオーダーでも納期が延びず、総じて高いレベルのサービスを提供できます。この総合力を支えているのは生産力です。当社は創業以来、生産直販体制を貫いてきた。これはなかなか他社ではマネができないのです。


仲摩恵佑

最初は独学でした。今思えば、創業したばかりの貪欲さと熱意だけで突っ走っていた。


井上智治(コンサルタント)

他の球団に比べると、球場経営から来る収入、とりわけ広告収入は多いですね。球団と球場が一体になると、別々だったときと比べて、収入がグンと増えます。球場会社だけならば、「スタジアム広告を出してくれませんか」と営業するだけですが、一体で運営すると看板だけでなく、1試合ごとの試合のスポンサーをとることや、年間シートを売りに行くこともできるのです。


山極寿一(山極壽一)

人間は食物を取って運び、あるいは自分たちで生産して、みんなで集まって食べます。この「共食」によって家族と共同体という二重構造が成立したわけです。そして、他の家族と一緒に子育てすることによって共同体が強くなっていく。こうした子育てをコストとして考えたら、見返りを要求することになってしまいます。現代は、まさにそういう流れになっていますね。でも、共同の子育てというのは本来、楽しいものであり、むしろ得なことなんです。


高橋新

「アーレスティなら信頼できる」といわれる会社になる。それが、当社の持続的な成長にもつながっていく。


藤原智美

パソコンで打った文章を、そのまま関係者に配るのは間違いのもとです。できれば一度は印刷して、読み直したほうがいいでしょう。多くの場合、画面で見ているときには気づかなかった構成の歪みが発見できるものです。文章を客観的に見る仕掛けが必要です。


増田紀彦

どこかに新規性があることが肝心です。いい方法は、ベンチマークする存在を見つけること。そこがやっていない方法を考え出せばいいのです。


田中良和(GREE)

会社とは業態を転換していくものです。グーグルは検索の会社ですが、今や世界最大のOSメーカー。アップルはPCメーカーから携帯メーカーになりました。昔はソニーというラジオの会社がやがてゲームや映画を手がけるとは誰も思わなかったでしょう。