名言DB

9419 人 / 110788 名言

ニエンハ・シェの名言

twitter Facebook はてブ

ニエンハ・シェのプロフィール

ニエンハ・シェ(謝念和)。「ハーバード・ビジネス・スクール」准教授。専門はジェネラルマネジメント。

ニエンハ・シェの名言 一覧

企業利益の追求と倫理的な活動は共存すべきもの。


「真実を話す」「盗みは悪いことだ」といった一般的な倫理的思考を共通に持っていなければ、経営倫理を議論の俎上に載せることは難しい。


新たな問題を自分たちで設定し、幅広い価値観の中で議論することで、決断力をさらに強めていくことができる。


思考のフレームワークを構築するためには、多くのビジネスの事例に触れることが欠かせない。


国が違っても共通する価値観を持っていたり、出身が同じであっても異なる思考を持っていたり、必ずしも、文化の違いによって倫理観は規定されるものではないと感じています。たとえ異なる価値観を持った人同士であっても、互いに納得できるような倫理観の着地点を探っていくことが重要です。


自分自身で「これが問題だ」と課題に気づき、判断をくだし、自身の価値観を築いていくことは、どんな立場であっても求められることです。意思決定を避けない、そして、倫理の問題について語り合うことを厭わないことこそが、ビジネスマンに必須の素養といえるのではないでしょうか。


授業で注意するのは、主観的に議論を進めることです。起こっている現象を俯瞰し、机上の出来事として客観的に結論を出すのでは、実際に同じような場面におかれたときに生かすことができません。そこでまずは、「自分がその場にいたらどう考えるか」と学生に声を掛けることからはじめます。これにより、臨場感を持った思考を促すのです。議論のときには「自分がこの経営者だったらどう判断するか」と投げかけることもあります。そうするとまた違う意見が出てきたりする。どこまでも自身の出来事として話し合いを進めるのです。


企業倫理は、企業のリーダーや管理者たちが、意思決定をする軸の一つとなります。人によって答えが違ったり、一筋縄では解答を導き出せない課題に直面する際には、法的、経済的、倫理的な観点から決断が必要です。


企業倫理は世界規模で事業を展開する企業が増えている現在、特に注目したいテーマです。企業は利益を追求するだけではなく、社会に貢献できる存在となれるよう、倫理観を育んでいく必要性が高まっています。


ニエンハ・シェの経歴・略歴

ニエンハ・シェ(謝念和)。「ハーバード・ビジネス・スクール」准教授。専門はジェネラルマネジメント。

他の記事も読んでみる

関口康

BCG(ボストン・コンサルティング・グループ)に転職したころは、本当に苦労しました。それまで商社に勤めてきてそれなりに自信があったのですが、それがまったく通用しなかったからです。担当案件の課題をA4にまとめて書きだすと、ダメ押しをされ、バサバサと半分以上切られてしまう。自信が揺らいでいた時期は、1年ぐらい続いたでしょうか。それでもなんとか踏んばっているうちに、問題を発見できる能力がレベルアップし、成果も徐々に出るようになりました。そのときの経験は、製薬業界に移ったいまも、非常に役立っています。


三木谷浩史

若さをいい訳にするな。プロのビジネスパーソンであれ。してはいけないことは、仕事でできない理由を言うことです。どうやって目標を達成するかということを考えるより、できない理由を挙げるほうが簡単ですから。


須田勝也(経営者)

それぞれの人の「理想の働き方」は、一人ひとり違うのではないか。もちろん、どんどんキャリアアップして正社員として働きたい人がそれを目指せる仕組みは必要ですし、我々もそれを積極的に後押しします。ただ、いろいろな都合により短時間だけ、都合のいいときだけ働きたいという人、あるいは働きたくても働けない人もいます。一つの企業に縛られたくないという人もいる。世の中が、「正社員になることだけがすべて」という風潮になっていることには、多少疑問を感じます。


落合信彦

これからいろんなトラブルに出会うだろう政治家に言いたいのは、醜い姿の己を直視して、困難な道を選択すること。逃げるも立ち向かうも、結局最後はそれで自分が許せるかという誇りの問題なんだよ。


三宅裕之

いったん逃げることを頭の中で考えるからこそ、「逃げることと、逃げずに挑戦することのどちらが得か」をきちんと考えることができる。


高橋秀明

肩書や年功序列、社内のしきたりや部門間の壁……。これらが無言の圧力となり、社員の個性や創造力を抑圧してるのではないか。もちろん、日本的経営の良いところは残すべきですが、経営者は余程気をつけなくてはいけない。


渡部卓

昔からの日本人ならではのメンタリティも疲れを増幅させている面があります。日本人には真面目で完璧主義、ひいては減点主義な人が多く、「上手くできないところ」に目を向けがちです。結果、人の批判や叱責に弱く、それが人間関係の悪化につながることも。そうした個人レベルの気質に加え、社会にも「追い詰められやすい」土壌があります。


佐藤卓(経営者)

店をオープンして長らく、赤字すれすれの期間が続きました。売上という目標だけを見たらやめたくなるし、やめるべき。でも私は踏ん張った。目的に対してポジティブな要素がいろいろあったからです。


松本晃(経営者)

私は、外国企業との交渉ではまず、その交渉の性格を考える必要があると思っています。性格とは、この交渉が「両者が権利など何かを取り合うためのもの」なのか、それとも「互いが一体となって、両者の利益を増やそうとするウィン・ウィンのためのものか」といったことです。そして、性格を考えたうえで大事なのは、「交渉における相手の目的は何か」「自分たちの目的は何か」を分析することです。特に重要なのは相手の本当の目的です。カルビーとペプシコの提携交渉が10年間もまとまらなかったのは、カルビー側が「ペプシコは当社に出資したがっているが、下手をすると乗っ取られるのではないか」と恐れたことがひとつの原因でした。一方、私は、彼らの本当の目的が「世界有数の市場である日本で、世界一のスナック菓子メーカーらしい利益を上げたい」ということではないかと考えました。ジャパンフリトレーは利益こそ出しているものの、ペプシコの期待にはほど遠いレベルに思えたのです。


宮本恒靖

先がはっきりと見えない分、難しさはもちろんあるけれど、「今できることをやっていこう。では何をやるのがよいのか?」というふうに考えています。