ニエンハ・シェの名言

ニエンハ・シェのプロフィール

ニエンハ・シェ(謝念和)。「ハーバード・ビジネス・スクール」准教授。専門はジェネラルマネジメント。

ニエンハ・シェの名言 一覧

企業利益の追求と倫理的な活動は共存すべきもの。

「真実を話す」「盗みは悪いことだ」といった一般的な倫理的思考を共通に持っていなければ、経営倫理を議論の俎上に載せることは難しい。

新たな問題を自分たちで設定し、幅広い価値観の中で議論することで、決断力をさらに強めていくことができる。

思考のフレームワークを構築するためには、多くのビジネスの事例に触れることが欠かせない。

国が違っても共通する価値観を持っていたり、出身が同じであっても異なる思考を持っていたり、必ずしも、文化の違いによって倫理観は規定されるものではないと感じています。たとえ異なる価値観を持った人同士であっても、互いに納得できるような倫理観の着地点を探っていくことが重要です。

自分自身で「これが問題だ」と課題に気づき、判断をくだし、自身の価値観を築いていくことは、どんな立場であっても求められることです。意思決定を避けない、そして、倫理の問題について語り合うことを厭わないことこそが、ビジネスマンに必須の素養といえるのではないでしょうか。

授業で注意するのは、主観的に議論を進めることです。起こっている現象を俯瞰し、机上の出来事として客観的に結論を出すのでは、実際に同じような場面におかれたときに生かすことができません。そこでまずは、「自分がその場にいたらどう考えるか」と学生に声を掛けることからはじめます。これにより、臨場感を持った思考を促すのです。議論のときには「自分がこの経営者だったらどう判断するか」と投げかけることもあります。そうするとまた違う意見が出てきたりする。どこまでも自身の出来事として話し合いを進めるのです。

企業倫理は、企業のリーダーや管理者たちが、意思決定をする軸の一つとなります。人によって答えが違ったり、一筋縄では解答を導き出せない課題に直面する際には、法的、経済的、倫理的な観点から決断が必要です。

企業倫理は世界規模で事業を展開する企業が増えている現在、特に注目したいテーマです。企業は利益を追求するだけではなく、社会に貢献できる存在となれるよう、倫理観を育んでいく必要性が高まっています。

ニエンハ・シェの経歴・略歴

ニエンハ・シェ(謝念和)。「ハーバード・ビジネス・スクール」准教授。専門はジェネラルマネジメント。

ページの先頭へ