名言DB

9419 人 / 110788 名言

ナラヤン・パントの名言

twitter Facebook はてブ

ナラヤン・パントのプロフィール

ナラヤン・パント。経営コンサルタント。フランスのビジネススクール「INSEAD」教授。リーダーシップ・戦略などについて教えた。

ナラヤン・パントの名言 一覧

自分の下した判断を明確に表明し、どういう判断を下したのかを黒板に書きだすようにして、自分自身で認知することが大切。


良いリーダーは判断を下す際の弱点を熟知しており、常に修正している。


いまこの世界で成功するために必要とされるスキルとは、実はこれまでの時代で必要とされていたスキルとそう変わりはない。


過去だけに注目して決断を下すのは間違っている。リーマンショックが起きたのは多くの人々が過去のデータのみに基づいて判断を下していたからで、過剰なほど過去に依存したことが金融危機を引き起こしました。


非常に危険なのは下した判断の結果だけを見て、それが正しかったかどうかを決めつけること。結果はあくまで結果であって、その判断を下さなかった場合、どういう結果になっていたのかは計り知ることができないからです。その判断を下すまでに至ったプロセスを見ることのほうが評価基準としては適切です。


非常に品質の良い商品が出来上がり、市場に送り出すことになったとします。当然、営業マンたちには自信を持ってその商品を売り込むようにさせなければいけません。しかしそのとき、リーダーがその商品や市場に送り出すという決断に対して自信があるかどうか、自ら下す判断に信念を持っているかどうかによって、結果は大きく変わってくる。


自らの判断がどのように下されているのかを自ら理解し、それを目に見える形で表現し、改善していくこと。これこそが現在、リーダーたちに求められている資質であり、終わりのない課題です。


ナラヤン・パントの経歴・略歴

ナラヤン・パント。経営コンサルタント。フランスのビジネススクール「INSEAD」教授。リーダーシップ・戦略などについて教えた。

他の記事も読んでみる

佐々木常夫

私の知人に、サラリーマン人生の約半分を本社からの出向で子会社を渡り歩いていた人がいます。そこの本社の社長が後継者探しをしていたとき、これはと思う人材が本社の中で見つからなかった。それでふと子会社に目を向けたところ、面白いやつがいると目に留まった。これまでの経歴と実績を調べたところ、行った先々で優れた経営手腕を発揮していることが分かった彼は定年寸前に本社に戻されて、2年後に社長になりました。まさに真摯に努力をしていると運命は変わるという好例です。


山西健一郎

仕事そのものが天命だと思えるところまでやる。目的をしっかり見据えながら、情熱を持って戦ったなら結果は必ずついてくる。逆境のときほど、そう信じてやり抜く力があるかどうかが重要です。


大喜多治年

顧客との交渉力を高めるため、品質や納期、価格などへの目配りは当然だが、デザインなどセンスの部分も含めて付加価値を上げていく。


大西洋

目の前の仕事に集中しようとすればするほど、つき合う人も、普段自分の周りにいる人や自分と同じような人間に偏りがちなものです。そして、知らず知らずのうちに会社や業界の論理にとらわれて、それが絶対的な基準になっていく。すると発想も、従来の枠組みを出ない限定的なものになってしまうのです。そうならないためには、できるだけ自分とは異なる人たちに会うことです。


ラルフ・ウォルド・エマーソン

どれほど運命に翻弄されても、自分に無責任になってはいけない。


村上憲郎

「同期は自分より出世している」とか「自分よりあいつのほうが仕事ができる」などと考えて自信を失っている人は多いものです。けれども、経営者としての経験から言わせてもらえば、ビジネスパーソンの能力にはさほど差はないものです。結果には明らかな差が出るとしても、それは運によるところが大きい。「ツキの村上」と呼ばれた私が言うのだから間違いありません(笑)。良い顧客に出会えた営業マンと、意地悪な顧客に当たった営業マンの成績に差が出るのは当然でしょう。


仲暁子

リモートワークが生産性を向上させる、という論調も画一的なステレオタイプに陥っている気がします。当社も創業期、創業メンバーがそれぞれの自宅でシステム開発を進め、リモートでやり取りしていた時期がありました。でも、どうしても意思疎通が不十分になるため手戻りが多く、毎日オフィスに出勤するスタイルに戻しました。途端に手戻りは激減し、生産性は格段に上がりました。米国は日本よりもリモートワークが一周早く普及していて、今は米IBMや米ヤフーなどを中心に、「フェース・トゥー・フェース回帰」の動きが目立っています。


秋沢崇夫

起業する前にフリーランスで1年ほど仕事をしながら海外に旅に出たときに、離れていても仕事が成り立つのだと実感しました。働き方は生き方にも関わると痛感し、働き方をテーマに仕事をしていこうと考えました。


佐々木常夫

初めての仕事は不慣れだから大変だし、面白くないように感じる。でも、これも続けるうちに面白くなるのです。


柴山政行

部下に与える仕事の内容や難度は、おおむね年数に応じたものがいいでしょう。仕事を1年こなせば、1年分のキャリアはついてくると思うからです。そして、その経験に応じて価値が高まります。バランスシート上の数字には表れないものの、会社の目に見えない財産は着実に大きくなっていきます。