名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ナラヤン・パントの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ナラヤン・パントのプロフィール

ナラヤン・パント。経営コンサルタント。フランスのビジネススクール「INSEAD」教授。リーダーシップ・戦略などについて教えた。

ナラヤン・パントの名言 一覧

自分の下した判断を明確に表明し、どういう判断を下したのかを黒板に書きだすようにして、自分自身で認知することが大切。


良いリーダーは判断を下す際の弱点を熟知しており、常に修正している。


いまこの世界で成功するために必要とされるスキルとは、実はこれまでの時代で必要とされていたスキルとそう変わりはない。


過去だけに注目して決断を下すのは間違っている。リーマンショックが起きたのは多くの人々が過去のデータのみに基づいて判断を下していたからで、過剰なほど過去に依存したことが金融危機を引き起こしました。


非常に危険なのは下した判断の結果だけを見て、それが正しかったかどうかを決めつけること。結果はあくまで結果であって、その判断を下さなかった場合、どういう結果になっていたのかは計り知ることができないからです。その判断を下すまでに至ったプロセスを見ることのほうが評価基準としては適切です。


非常に品質の良い商品が出来上がり、市場に送り出すことになったとします。当然、営業マンたちには自信を持ってその商品を売り込むようにさせなければいけません。しかしそのとき、リーダーがその商品や市場に送り出すという決断に対して自信があるかどうか、自ら下す判断に信念を持っているかどうかによって、結果は大きく変わってくる。


自らの判断がどのように下されているのかを自ら理解し、それを目に見える形で表現し、改善していくこと。これこそが現在、リーダーたちに求められている資質であり、終わりのない課題です。


ナラヤン・パントの経歴・略歴

ナラヤン・パント。経営コンサルタント。フランスのビジネススクール「INSEAD」教授。リーダーシップ・戦略などについて教えた。

他の記事も読んでみる

古市幸雄

勉強は未来の成功のための自己投資です。いま自己投資をしておけば、5年先、10年先に大きなリターンとなって返ってきます。それがわかっている人は、勉強が続けられるはずです。


伊藤直彦

百年に一度の危機であろうが、春はちゃんとやってくる。人生の大きな節目である入社式シーズンも間もなくだ。毎年、この時期になると、次代を担う若者たちに語りかけたいというエネルギーが体中にみなぎってくる。人生はもっと深くて大きいことを知ってもらいたい。


安藤宏基

守れば守るほど弱くなり、競えば競うほど強くなる。物事はそういう原理なのです。


鈴木喬(経営者)

世の中、先に頭を下げられて命まで取ってやろうという根性のあるヤツはそうそういない。腹を括って先に頭を下げたら勝ちなんです。


野田サトル

うじうじ悩んでる主人公は嫌いなんですよ。杉元(主人公)は即断即決して、躊躇なく人を殺す。読者の予想より早く決断させることで、読者の気持ちをぐいぐい引き込める。


瀬々敬久

起承転結の「結」となるような決定的な出来事に向かって踏み込んでいかないと、いつまでたっても相手との関係性は変化しないと思うし、世の中で起きているいろいろな問題も解決しないと思ってしまう。


清水浩(電気自動車)

技術とは効率の悪いものから良いものに変わっていくものです。技術屋として電気自動車の普及を確信しました。


松田憲幸

機能や性能ももちろん大事ですが、極論すれば、今の時代はビジュアルが商品の売り上げを左右すると思っています。ビジュアル次第で売り上げは100倍にも100分の1にもなる。恐ろしく思うかもしれませんが、見方を変えればチャンスです。なぜなら機能や性能だけをいくら高めても売り上げを100倍にするのは難しい、ビジュアルにはその潜在力があるからです。だからこそ、私はパッケージのデザインに徹底的にこだわっています。中身より箱から先に作る製品もあるぐらいですから。


舛成孝二

僕は派手なアクションにはあまり興味がないんです。カット割りでバンバン見せていくようなアクションには、あんまり興味がない。自分が監督の作品で、わざわざ他の方がやっているようなアクションをやらなくてもいいかなあと思って。


セルジオ越後

僕が生まれ育ったブラジルのサンパウロでは何も言わないでいたら、生きていけなかった。18歳の時にプロになりましたが、本当にサポーターやメディアの目が厳しい。シュート1本でもミスをすれば、声援は罵声に変わる。僕が生まれ育った国は、そういう国でした。それがずっと染みついているのかもしれません。


春田真

もともと好奇心が強く、興味が広いんです。今はネットの世界にいますが、興味はそこだけじゃないですから、また、ひとつのことをやり続けることもないと思いますね。要は、よくばりなんですよ。


伊藤秀嗣

当社は倉庫を自社で持つことはせず、複数の倉庫会社と提携しています。出荷作業をはじめ、物流業務を担う倉庫会社と、ECで商品を販売する荷主とを当社独自のプラットフォームでつなげています。