名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ナラヤン・パントの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ナラヤン・パントのプロフィール

ナラヤン・パント。経営コンサルタント。フランスのビジネススクール「INSEAD」教授。リーダーシップ・戦略などについて教えた。

ナラヤン・パントの名言 一覧

自分の下した判断を明確に表明し、どういう判断を下したのかを黒板に書きだすようにして、自分自身で認知することが大切。


良いリーダーは判断を下す際の弱点を熟知しており、常に修正している。


いまこの世界で成功するために必要とされるスキルとは、実はこれまでの時代で必要とされていたスキルとそう変わりはない。


過去だけに注目して決断を下すのは間違っている。リーマンショックが起きたのは多くの人々が過去のデータのみに基づいて判断を下していたからで、過剰なほど過去に依存したことが金融危機を引き起こしました。


非常に危険なのは下した判断の結果だけを見て、それが正しかったかどうかを決めつけること。結果はあくまで結果であって、その判断を下さなかった場合、どういう結果になっていたのかは計り知ることができないからです。その判断を下すまでに至ったプロセスを見ることのほうが評価基準としては適切です。


非常に品質の良い商品が出来上がり、市場に送り出すことになったとします。当然、営業マンたちには自信を持ってその商品を売り込むようにさせなければいけません。しかしそのとき、リーダーがその商品や市場に送り出すという決断に対して自信があるかどうか、自ら下す判断に信念を持っているかどうかによって、結果は大きく変わってくる。


自らの判断がどのように下されているのかを自ら理解し、それを目に見える形で表現し、改善していくこと。これこそが現在、リーダーたちに求められている資質であり、終わりのない課題です。


ナラヤン・パントの経歴・略歴

ナラヤン・パント。経営コンサルタント。フランスのビジネススクール「INSEAD」教授。リーダーシップ・戦略などについて教えた。

他の記事も読んでみる

中山哲也

世間の常識を鵜呑みにせず、いかに自分たちのアイデアで仕組みをつくっていくか。今の企業にはそこが問われている。


谷口恒

いきなり数億円規模の大きなプロジェクトを動かそうとすると、事業計画をつくり、予算を立ててと身構えてしまいますが、少人数で数千円を折半するような形ならさっとスタートできます。


井上高志

新入社員時代の自分は、平均を50点とするなら、35点しか取れないようなしゃべり方でした。あがり症なので、営業先でたった5人を前にして話すだけでも手に汗をかいていました。ですから、場数と訓練を重ねたのです。


坂根正弘

何ごとも自らの弱点を補おうとするのではなく、強みを伸ばすために限られた資源を集中させるべき。


中瀬ゆかり

編集の仕事は恋愛と一緒で、「あなたの作品が好きだからぜひお願いしたい!」という強い気持ちを持っていることが大前提。


中村獅童(二代目)

どんな些細なことでも経験を積めば、腕は確実に上がる。そこから独自の方法や仕事を生み出せば、それは「個性」になる。


三枝理枝子

背筋を伸ばすことは一見、疲れそうに思えますが、慣れてくると実は一番疲れない姿勢だと言われています。


福嶋覚

会議自体がまともに成立していない場合は、会議をきちんと成立させることから、もしくは会議を廃止するところから検討する。会議そのものは成り立っているが、何かどんよりとしている会議。このケースでは、どんよりとした原因を探り出すことから始める。会議を仕切るリーダーに原因があることが多いので、まずリーダーを見て、アドバイスする。


小池正一郎

私は様々な人から投資の上達法について聞かれます。答えは「投資を続けること」です。


高岡浩三

以前は、売れ行き次第で商品が入れ替わるコンビニエンスストアからの返品に応じるのが菓子業界の慣習であり、出荷した商品が、2~3日でまるまる返ってくることもありました。しかしながら、いったん手から離れたら、商品がどのような状態でも、すべて廃棄しなければなりません。だから問屋さんに対して、コンビニエンスストアから返ってきた在庫はほかの取引先に売ってください、その販促費用や経費については弊社が出すから、と提案しました。返品すれば単に売り上げが減るだけですが、売り切れば逆に儲かりますよと。誰も損しないはずですが、やったことがないからみんな抵抗感があります。でもこちらには、グローバル企業として、世界で10億人が飢餓で苦しんでいるなか、十分に食べられる食品を無駄にできない、という大義名分がありました。結果的に、ほかのメーカーさんも追従しましたしね。


ハーマン・サイモン

顧客や仕入れ先と今まで以上にオープンな関係を築くことができれば、要望にいち早く対応できるし他社との違いも出せる。もっとも、何でもオープンにすればよいわけではなく、優位性をもたらす部分は内部にとどめて独自に育てるべきだ。


熊谷正寿

創業者としてやるべきことは、この会社が30年、50年、100年単位で成長していくために、社員が自発的に発展させる仕組み、自走式組織を作ること。