名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

ナポレオンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ナポレオンのプロフィール

ナポレオン・ボナパルト。ナポレオン一世。18世紀のフランス皇帝、ヨーロッパの大半を占領した人物。時間を大切にし、職務や学習のために一日三時間しか眠らなかったという伝説を持つ

ナポレオンの名言 一覧

リーダーは負けてもいいが、不意を突かれてはならない。


最も大きな危険は勝利の瞬間にある。


華々しい勝利から没落への距離は、ただ一歩にすぎない。


お前がいつか出会う災いは、お前がおろそかにしたある時間の報いだ。


一頭の羊に率いられた百頭の狼の群れは、一頭の狼に率いられた羊の群れに敗れる。


戦の勝利は最後の5分間にある。


愚人は過去を、賢人は現在を、狂人は未来を語る。


作戦計画を立てることは誰にでもできる。しかし、戦争をすることのできる者は少ない。なぜなら、できごとと状況とに応じて行動するのは、軍事的天才でなければできないことだからである。最上の戦術家が将軍として、ともすれば凡庸であったりするのはそのためである。


指揮官たる一人の愚将は、二人の良将に匹敵する。
【覚書き:命令が錯綜するので、指揮官やリーダーは一人だけに絞れという趣旨の発言】


戦闘の翌日に備えて新鮮な部隊を残しておく将軍は、常に敗れる。必要とあれば、最後の一兵まで投入させなければならない。なぜなら、完全な成功の翌日は、もはや我々の前に障害はないからだ。


悪い連隊はない。悪い大佐がいるだけだ。ただちに大佐のクビを切れ。


苦しみに耐えることは、死ぬよりも勇気がいる。


勝利はもっとも耐え抜いた者にふさわしいものである。


深く考えるときは時間をかけろ。しかし、戦いが始まったら考えることをやめ、戦え。


欲しいものは私に何でも言うが良い。ただし、時間以外だ。


あの子がどんな人から教えられても、もし心に善に対する愛が燃えていなければ何の役にも立つまい。この聖火のみが偉大な仕事を成しうるのだ。
【覚書き|あの子とは息子のこと】


手の内がわかってしまうので、同じ敵とは何度も戦いたくない。


ナポレオンの経歴・略歴

ナポレオン・ボナパルト。ナポレオン一世。18世紀のフランス皇帝、ヨーロッパの大半を占領した人物。時間を大切にし、職務や学習のために一日三時間しか眠らなかったという伝説を持つ

他の記事も読んでみる

藤田晋

社内の表彰式では受賞者が誇りに思えるような演出をしています。「おめでとう」と言って、テンプレート化された賞状を渡すだけでは、ありがたみがない。そこで、オリジナルの表彰文を書いて渡すようにしています。例えば、上司が部下を表彰する場合は、努力した点やどこを評価したかを「上司の言葉」で書いてもらうのです。表彰式では、その内容を聞いて、感動のあまり泣いてしまう受賞者も少なくありません。そういった経験はかけがえのない財産になります。


谷原誠

弁護士の仕事でも、依頼者がダラダラと長話をすることはあります。たしかにムダな部分も多いのですが、じつはこの長話のなかに、訴訟で勝つ決め手になるような有益な情報が散らばっていることも多いのです。おそらく、こうしたことは商談の場合でもあるのではないでしょうか。一見ムダな話のなかに相手の本当のニーズが隠れている。いってみれば、長話のなかには「宝」が埋まっているのです。これを遮ってしまうのはもったいない話です。


勝間和代

適度な自省は必要ですが、1日の大半を「自分はほかの人からどう思われているか」「自分の過去の行動は間違っていたのではないか」「自分の将来はどうなるのか」など、「自分」というものにこだわりすぎると、不安が不安を呼んで、悩みが増殖してしまう。


村山滋

自由闊達で風通しの良い社風を作り、社員だけでなく協力会社も含めて上向きのベクトルを維持するのが、社長として重要な仕事でした。有事は先頭に立ちますが、平時は各カンパニーに権限を委譲して、社長は応援団に徹するのです。


水木しげる

私の職業である漫画家は、売れなければ終わりの冷酷な世界です。なんとか売れるようになった後も、ヒット作を捻り出し、マネーを獲得しないと食っていけない。普通の心臓ではもちません。よほど好きでないと務まりませんよ、ホントに。


黒土始

人に会うこと、そして本を読むことが大切。テレビで時代劇を見ていても「経営に使えそうだ」と思えば、すぐに取り入れました。


大橋未歩

私は会社でこそ得られる経験を大切にしたいのです。番組スタッフと共有する苦労や喜び、出演者や取材対象者などいろいろな人との出会いでひとつの番組をつくる経験こそが、私にとっては一番の財産です。


千早茜

私は文楽をよく観るのですが、命も心もないと頭ではわかっているのに、そのひとがたに感情移入してしまうところがすごく好きで。そして普段、自分の感情を表に出せない人にとっても、人形はどこか心を投影できる存在のような気もするんです。


松平康隆

指導者とは教える人間ではありません。教えるのはある段階までのこと。指導者がもっとも心がけなければならないのは、生みだすことのできる人間に育ててやることです。教わったことが全部できたというだけでは大したことはありません。教わったものを土台にし、栄養にして自分自身の独特な何かを生みだすことができてはじめて一人前になるんです。


藤沢武夫

忙しそうにハンコを押したりするようなことは、誰にだってできる。重役とは一体なんだろうかといえば、未知への探究をする役です。重役が未知への探究をしないで、後始末ばかりしている掃除屋であってはならない、というのが私の考えです。


青木仁志

内発的な動機づけにもとづいてみずから目標を設定し、いったんそれに向かって本気で働き始めると、その人の成長を抑えることは、もはや誰にもできないと言っても過言ではありません。内的コントロールにもとづいて働けば働くほど、それがいかに楽しく、どんなに自分を躍動させるか、嫌でも腹に落ちるので、求める心がどんどん強まっていきます。「上司に言われたことだけやる」「もらえる給料の分だけ働く」というような、外的コントロールによって縛られた働き方には甘んじていられなくなるのです。


山口瞳

マナーで大事なのは他人に迷惑をかけないこと。これを突きつめてゆけば、あるいは、その最大なるものは「健康」ではないかと思われる。健康であることは、自分のためであり、他人のためである。