ナディーン・ヴェヒタ・モレノの名言

ナディーン・ヴェヒタ・モレノのプロフィール

ナディーン・ヴェヒタ・モレノ。スイス出身の女性シェフ。パーク・ハイアット東京の総料理長。料理上手な祖母の影響を受けシェフを志す。ジュネーブの料理学校を卒業。世界各国の名だたるレストランやホテルで修業をし、スイスの「ショーングルン・レストラン」料理長に就任。フランスのレストランガイドブック「ゴー・ミヨ」の新人賞受賞。オーストラリア・エアーズロックの「ロンギチュード131」料理長、グレートバリアリーフの「リザード アイランド リゾート」総料理長、「ニューヨーク グリル」の料理長などを経たのち、パーク・ハイアット東京の総料理長に就任。ゴー・ミヨの「世界で活躍するスイス人スターシェフ2011」に選出された。

ナディーン・ヴェヒタ・モレノの名言 一覧

お客様との会話は喜んで応じています。お客様とのお話を通じて、新たな発見や、料理のアイデアが生まれることがたくさんありますから。


私はキッチンに立つことに幸せを感じているので、勤務時間が少し長くても、まったく「つらい」とは思いません。


アジアの料理は、私のルーツではないからこそ、学ぶことがたくさんあり、それが面白い。


日本には感性を刺激するものがたくさんあります。ぜひいろいろなことに興味を持ち、感性を磨いてください。モチベーションが上がり、キャリアアップにつながると思います。


料理人としてクリエイティビティを重んじています。「新しいアイデアを形にしたい」といつも思っています。これは料理人にとって大事なことではないでしょうか。


いろいろな国・地域での経験こそが私の強みといえるでしょう。あらゆる国・地域に根ざした料理の素晴らしいポイントを、できるかぎり提供する料理に取り入れるようにしています。


小さいころから、何かクリエイティブな仕事に就きたいと思っていました。最初はグラフィックデザイナーを考えていたのですが、コンピュータ相手の仕事は自分にはちょっと合わないかな、と。そうして考えているうちに、料理人になることを決めました。料理はクリエイティブであり、つくるうえでも食べるうえでも、みんなで楽しむことができますから。


ナディーン・ヴェヒタ・モレノの経歴・略歴

ナディーン・ヴェヒタ・モレノ。スイス出身の女性シェフ。パーク・ハイアット東京の総料理長。料理上手な祖母の影響を受けシェフを志す。ジュネーブの料理学校を卒業。世界各国の名だたるレストランやホテルで修業をし、スイスの「ショーングルン・レストラン」料理長に就任。フランスのレストランガイドブック「ゴー・ミヨ」の新人賞受賞。オーストラリア・エアーズロックの「ロンギチュード131」料理長、グレートバリアリーフの「リザード アイランド リゾート」総料理長、「ニューヨーク グリル」の料理長などを経たのち、パーク・ハイアット東京の総料理長に就任。ゴー・ミヨの「世界で活躍するスイス人スターシェフ2011」に選出された。

他の記事も読んでみる

高井昌史

ネット書店に勝つ、ワクワクする店をつくろう。


永井典彦

常に一番弱い立場に立って考えろ。


野村和史(経営者)

この数年、経営環境が苦しくても、他社が人員削減を進める中、当社はリストラをしないで頑張ってきました。経営環境がよくなってきた今、反転攻勢をかけるための従業員がうちには残っています。


三木雄信

かつての日本なら、決算書重視の経営でも問題ありませんでした。時代の変化が少なく、整備された一本道を運転するようなものだったからです。しかし、今は変化が急です。道は複雑で、いきなり人が飛び出してくることもあります。そうした時代に1年単位でハンドルを切るのでは遅すぎる。少なくても3か月単位で方向を見直していく必要があります。


安部修仁

うちは事業の経営をやっているのであって、株式時価総額を増やすことがトップ・プライオリティ(最優先事項)ではありません。株式時価総額主義とは、一線を画しています。


内藤誼人

相手に謝礼するのなら、相手が行動を起こす前の方がいい。どうせ謝礼を渡すなら、前もってあげてしまった方が説得のしやすさも違ってくるし、相手のやる気も違ってくる。部下に頼みごとをしようとして「あとで飯でも奢るからさ」と言う先輩と、きちんと食事を奢ってくれてから頼みごとをする先輩がいるとしたら、部下がやる気を出して言うことを聞いてくれるのは後者だ。


小川仁志

哲学とは物事の本質を探究する学問ですから、その能力を身につけることで、物事の見方が変わり、深く考えることができるようになります。言い換えると、表面的な現象に踊らされることがなくなるということです。


瀧靖之

目標が明確化されると、「では、そのためには何をしたらいいか」という具体的な課題が生まれ、その課題をこなしていくために必要なものを考え、探すようになる。この思考・行動パターンが、脳を活性化させる。


石田衣良

5年、10年かけてしっかり勉強して、自分なりの世界観を確立する。それができたら、どんな世の中でも対応できるようになると思います。


イチロー(鈴木一朗)

僕、一貫性ないの嫌いなんです。


小池百合子

必ず一歩前へ出る。崖から飛び降りたことで、私にも手痛い失敗の経験がありますが、そうした経験は現在の糧になっています。


堀義貴

私が新卒で入社したラジオ局では、毎日のようにビアホールに行ってしまった。そこでワイワイやっている中で、仕事に対するヒントが、ふっと思い浮かぶことも少なくありません。饒舌になったり感情が高ぶると、面白い発想が出てくる。


松原弘典

毎日朝から晩まで働いて、建築のことばかり考える。でも、だから身についたし自信になる。学校を卒業して、いきなり海外に行ったって、現地の人にただ使われるだけ。建築業界に限らず、日本の企業社会には、優れた仕事を学べる環境があるのだから、まずはそれを吸収して、そこから自分なりの道を切り開いていくのがいいと思います。


知識賢治

人間力に関しては、学ぼうと思って学べるものではなく、結果的に身につくものだというのが私が経験をとおして学んだことです。逆境や困難に直面し、無我夢中で目の前の問題にぶつかっていき、ことが終わってみて、ようやく「自分はこんなことを学んだのだな」と感じる。そういうものだと思います。


澤村伊智

前作と違うことをやらないといけないな、というのは強く思いました。安易なやり方ではなく、読んでハッキリ違うものだぞと伝わるようにしたかったんです。プロット自体は早い段階でできていたんですが、書き始めるまでにいろいろ迷いましたね。結局、現在時制の物語と作中作が交互に進行するという形にすることで、ベクトルの違いが打ち出せたと思います。


ページの先頭へ