名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ナサニエル・ホーソーンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ナサニエル・ホーソーンのプロフィール

ナサニエル・ホーソン。アメリカの小説家。マサチューセッツ州出身。ボードン・カレッジ卒業後、小説家として執筆活動に入る。代表作に『緋文字』。そのほか、リヴァプール領事などを務めた。

ナサニエル・ホーソーンの名言 一覧

どんな人にも世の中で果たす役割があり、何らかの点で重要である。本人がそうあろうとしても、しなくても。


幸福というあのとらえどころのない感覚より、蝶の方がずっと捕らえやすい。幸福がこの世にやってくるときは偶然訪れる。幸福を追い求める対象にすれば、雁を追いかけるようなもので捕まる見込みはまずない。


ナサニエル・ホーソーンの経歴・略歴

ナサニエル・ホーソン。アメリカの小説家。マサチューセッツ州出身。ボードン・カレッジ卒業後、小説家として執筆活動に入る。代表作に『緋文字』。そのほか、リヴァプール領事などを務めた。

他の記事も読んでみる

宮本茂

どうしても当てなきゃ(興行的に成功しなきゃ)あかん、という重圧のなかで、3割打ってくるみたいな打ち方は、えらいな、と思うんです。でも、うまく3割に合わせても、その瞬間にはスタジアムは盛り上がるんだけれど歴史とか、想い出には残らへん、というのがあるやないですか。あとから見せてもメッキがはげないものがやっぱりつくりたい。これが、ギャンブルをしていてダメかもしれん、と思うことなんだけれど、メッキがすこしはちゃんとはげずに残りそうな手ごたえがあったときはやっぱり嬉しいんです。


小山昇

当社の会議は、数字の報告にほとんどの時間が費やされます。途中で余計な説明はしません。数字のやり取りがすべて済んだあとにお客様から言われたことを報告して、各自の意見は最後です。このスタイルで会議をやるのは、数字はそれだけで言葉だからです。自分がどれだけ頑張ったのか、あるいはどんな問題があったのかを説明するのに、いろいろと言葉を並べるのは無駄です。数字で話せば、それだけで事実が伝わります。


渡瀬謙

営業の場合、初めてのお客様のところへうかがうときは誰でも緊張すると思いますが、実はお客様の方も緊張しているんです。どんな相手がやってくるのかと警戒して、ガードを固くしているんですね。そんな相手にいくら流暢なセールストークをしても、お客様の心には届かず、はじき返されてしまう。ですから本題に入る前に、相手のガードを緩めておく必要があるのです。そのためにはやはり、提供する話題の準備や下調べは欠かせないと考えています。


橘フクシマ咲江

日本人は、文化的に「阿吽の呼吸で言葉の定義を曖昧にしたままでも話が通じる」と思っていることが多いのではないでしょうか。私もかつてはそうでしたが、欧米のエグゼクティブがよく「この言葉はこういう意味だよね?」と確認しているのを聞いて、言葉の定義を確認することの重要性に気づきました。


米濱和英(米浜和英)

失敗すれば後がない。こういう厳しい状況では、皆の話を聞いて説得するというより、経営者がある程度ワンマンで突き進むしかありません。


鈴木喬(経営者)

パワーポイントで発言の要旨をわかりやすく見られるようにすれば便利ですけどね。でも、感情を伝える肉声の部分が軽視されてしまい、感情が伝わりにくくなると思うんです。なんでもかんでもパワーポイントを使うのは、過度のIT依存症です。私は、社内のパブリックスピーチや全体朝礼など、大勢の前で話すときには、パワーポイントを使わないようにしています。


高原豪久

顧客が自分さえも認識していない欲求をくみ取り、少しだけ先の提案をしていく。顧客ニーズをくみ取るというのは、正直、今はもう遅い。くみ取るだけなら誰でもできるし、ある程度は優位性を保てても、早晩限界がくる。


平田正

大事なのは社員が改革を必要なものと理解して主体的に取り組むかどうかです。押し付けられてやるだけでは本物になりません。私は、各カンパニー(事業部を独立会社のような形態にしたもの)と会社全体のそれぞれに事業戦略コミッティーという組織を設け、経営トップに加えカンパニーのトップと事業の将来を担う若手のエースを入れて改革の推進役としました。それぞれの事業が、市場の中でどのような位置にあり、強み弱みがどこにあり、何を改革していくべきかを考える組織です。


齋藤孝(教育学者)

雑談の上手い人は、相手が男性で50代なら野球、30代の主婦なら子育てというように、相手の文脈を読んで、打ち返しやすいところに巧みにボールを投げます。


斎藤祐馬

独立は考えていないです。日本のベンチャー企業はいい技術を持っているのに世界に出ていけない。それは流通ルートがないからです。ルートがあれば世界で実力を発揮できるはず。それには、デロイトという世界最大級の。プロフェッショナルファームのグループにいる利点を最大限に活かしたほうがいいんです。いまデロイトは世界約150か国、22.5万人のメンバーがいます。このリソースを活かして、まずは20~30か国、ゆくゆくは約200か国に展開して世界中のベンチャー企業と大企業をつなぐ仕組みをつくりたい。


渡邊陽一

私はインターネット事業にシフトする中で、あるスポンサー支援サイトの構築を計画していました。そのサービスの詳細を説明する際に、顧客から「説明が長い!」と苦情を言われていたんですね(笑)。だから、サービス名を聞いただけで、その内容がわかる商品にしなければと。


伊藤隆行

企画の話をするときに最も重視しているのは、「わかりやすい単語やフレーズで話すこと」。相手に納得してもらうには、普通なら事細かに説明しようと思いますよね。でもそれではたとえ内容がよくても、かえって大切なことがぼやけ、相手の心に響かない。だから僕は説明は極力控え、わかりやすい単語やフレーズでズバリと言うようにしています。そうすることで、良くも悪くも印象に残る。人の心を動かすには、印象を残すことが何より重要だと思います。明確な単語で言えないときは、自分のなかで要点が整理されていない、というバロメーターにもしています。