名言DB

9412 人 / 110637 名言

ナサニエル・ホーソーンの名言

twitter Facebook はてブ

ナサニエル・ホーソーンのプロフィール

ナサニエル・ホーソン。アメリカの小説家。マサチューセッツ州出身。ボードン・カレッジ卒業後、小説家として執筆活動に入る。代表作に『緋文字』。そのほか、リヴァプール領事などを務めた。

ナサニエル・ホーソーンの名言 一覧

どんな人にも世の中で果たす役割があり、何らかの点で重要である。本人がそうあろうとしても、しなくても。


幸福というあのとらえどころのない感覚より、蝶の方がずっと捕らえやすい。幸福がこの世にやってくるときは偶然訪れる。幸福を追い求める対象にすれば、雁を追いかけるようなもので捕まる見込みはまずない。


ナサニエル・ホーソーンの経歴・略歴

ナサニエル・ホーソン。アメリカの小説家。マサチューセッツ州出身。ボードン・カレッジ卒業後、小説家として執筆活動に入る。代表作に『緋文字』。そのほか、リヴァプール領事などを務めた。

他の記事も読んでみる

岡本太郎

よく「どうしてそんなに自信があるんですか」とか、「自信に満ちていてうらやましい」と言われる。だが、僕は自信があるとは思っていない。自信なんてものは、どうでもいいじゃないか。そんなもので行動したら、ロクなことはないと思う。ただ僕はありのままの自分を貫くしかないと覚悟を決めている。それは己自身をこそ最大の敵として、容赦なく闘い続けることなんだ。


坂本善博

多くの企業での営業スタイルは、「この製品をどう売るか」「このサービスはどうアピールするか」といった「提供者視点アプローチ」が強く、顧客から見て魅力的なアプローチとなっていない。


李海珍(イ・ヘジン)

私は後輩たちに、いつも「私を踏んでもっと成長してほしい」と話しているんですね。子供や後輩が自分よりも偉い人に成長することを良く思わない人もいるかもしれませんが、私は一つの哲学として、自分を乗り越えてくれることを望んでいます。


佐瀬守男

アメリカでは、「かつや」を展開しているアークランドサービスと合弁で「ランドランドUSA」を設立し、一緒に進めていきます。1つの店の中にたこ焼、から揚げ、焼きそばが並ぶ店をフードコートに出す予定です。お互いの会社が持っているノウハウを出し合って、店作りをしていきます。


山田静江

だらだら生きるのではなく、残りの人生に真剣に向き合うタイミングが早いほど、充実した後半生を送ることができる。人生を折り返したと感じる30代後半から40代の人は一度考えてみてほしい。


柳井正

私自身、大学を出た後、父親のやっていた山口・宇部の紳士服店の店長をやりました。接客、人の採用、クレーム対応、資金繰りと、何から何まで経験しました。例えば、お客様に販売したパンツの裾上げも、他に人がいなければ店長がやるしかない。それが商売の現実ってものです。ユニクロの前身にあたる紳士服店は全くの零細企業だったから、私の仕事は社長と店長と雑用係を兼ねているようなものだった。何でも自分でやらなくてはならなかった。でも、レジを打って、パンツの裾上げを経験することで、現場で働いている人たちの気持ちを知ることができる。それはとても大事なことです。


ルパート・マードック

私の成功や失敗に、最終的に責任を持つのは私だ。


遠山正道

前例のない計画を説明し、納得してもらうには、「そのサービスや事業が存在する世界」を伝えないといけない。


高秀秀信

誰しもオリンピックに、素晴らしい感動の記憶があるものである。その言葉の響きに期待と夢を重ねてやまない。人間が体力の限界に挑むというドラマは、記録という軌跡だけを残して一瞬にして消えてしまう。だからこそ、美しく、決してあせることのない感動を残す。


持塚朗

押さえておくべきことは、セキュリティ対策は「24時間365日」運用していくものであるという点です。導入製品のソフトウェアアップデートをタイムリーに行わなかったばかりに甚大な被害が生じたという例も少なくありません。このような事態に陥らないために、技術チームの運用のルールを定め、有事の際には、経営トップに迅速に情報が伝わる仕組みも作っておく必要があります。


枡野俊明

物事は「原因」と「縁」が結びついて結果につながる。日頃から努力を続けているからこそ結びつく。


田中節三

私はもともと海運・造船会社を経営していました。造船の仕事をしている傍らで、趣味の1つとしてバナナの研究もしていたんです。そんな中、リーマン・ショックで船のビジネスが厳しくなり、還暦も迎えたタイミングでしたので、今後は趣味で生きようと気持ちを切り替えることにしました。


谷まさる

努力の末にたどり着いたのがエールフランス主催のコンテストでの特賞でした。その賞品で渡仏。このとき「環境が人を変える」を実感しました。モンマルトルの丘を歩きフォーブール・サントノレを巡る。自然と感性が磨かれた気がしました。事実その後、描く線も色選びも生地選びもすべて変わった。デザイナーとしてのスキルを高め、視野を広げられたことが実感できたんです。


永守重信

残業を減らすには経営トップが一番に働き方を改革しなくてはならない。私がいつまでも会社に残って働いていれば、幹部や側近の社員も帰れないからだ。そこで毎朝6時半には出社し夜遅くまで働いていたのを、改めることにした。朝は7時以降、夜も19時には必ず帰る。仕事の量はまったく変わらず、働く時間は3~4時間減った。私個人の生産性を上げなければ仕事がこなせない。


大塚寿

仕事の量が質に昇華していく「量質転換」という現象をご存じでしょうか。これは量を積み上げるなかで、その蓄積が質を生み出すという概念。英語のヒアリングをのべ1000時間蓄積して、初めてテレビや映画の生の英語を聞き取れるようになるという閾値をイメージするといいでしょう。