名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ナガオカケンメイの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ナガオカケンメイのプロフィール

ナガオカケンメイ(長岡賢明)。日本のデザイナー。北海道出身。デザイン会社勤務、喫茶店経営、日本デザインセンター原デザイン研究室などを経て「ドローイングアンドマニュアル」を設立。そのほか、京都造形芸術大学教授を務めた。

ナガオカケンメイの名言 一覧

商品を生み出すだけでなく、新しい視点を提供するのも、デザイナーの仕事。


現地の人がなかなか気づくことのできない、その土地にあるよい商品の価値を、よそ者の僕たちが見つけ出し、再発見してもらう。全国四七都道府県すべてに、こうした土地の個性を見直す拠点をつくりたい。


商品の魅力を正しく伝えるためには、売り手側にも知識が求められます。だから店舗のスタッフは、定番商品である柳宗理のやかんなどをはじめ、一つひとつを自分で使うだけでなく、生産現場まで訪れ、商品の魅力を体験したうえで接客しています。そういう売り場でスタッフとコミュニケーションを交わし、商品を購入することは満足感につながる。


もう一度デザインについて考え直したいと思うようになっていきました。そこで目を向けたのが、長く使い続けることができる「ロングライフデザイン」という概念です。「時間軸」という絶対的な基準をクリアした商品を見つめることで、普遍性を持ち、しっかりと売り続けることができ、使い続けることのできるデザインが見えてくるのではないかと考えました。


ナガオカケンメイの経歴・略歴

ナガオカケンメイ(長岡賢明)。日本のデザイナー。北海道出身。デザイン会社勤務、喫茶店経営、日本デザインセンター原デザイン研究室などを経て「ドローイングアンドマニュアル」を設立。そのほか、京都造形芸術大学教授を務めた。

他の記事も読んでみる

宮永俊一

本当にプライドが高い人って、心に秘めるものじゃないですか。


糸井重里

上場した1つの理由は、ちゃんとした組織にして、多くの人に評価していただきたいという思いがあったから。これからもっとたくさんの面白いことをやろうとしています。でもね、多くの社員がいるからできることと、少人数だからできることがそれぞれあるわけで。予算や儲けを気にせずに、自分も周りも心から面白がれることをやるのが、僕が最後にやりたい仕事かなと思っています。


南壮一郎

人に会うときは必ず、目的は何かを確認しています。お互いの目的がズレていたら、いくら会話をしても、双方にとって時間のムダになってしまうからです。なぜ今日、会って、私とあなたが話すのか。目的を初めに確認しておけば、相手も安心して話をしてくれるでしょう。


森正文(経営者)

業績も株価も好調で、伸びしろも残されている、そういう最高のタイミングで会社を売った方が、残る社員のためにもなる。リストラもされませんし、引き受ける会社が大切にしてくれますから。それが、今だったというわけです。


ロバート・キヨサキ

勤務評価が、10段階評価で「5」の社員がいたら、その人の評価が「7」や「8」になるように励ますのが、リーダーとしてのあなたの役目だ。評価を上げるために、さらにトレーニングが必要になる場合もあるし、降格や解雇という厳しい結果になる場合もあるだろう。


福沢諭吉

今の時代において何を善とし何を悪とするかと尋ねられれば、人に対して、その人の好まないことを仕向けないのが善であり、それと反対の行為が悪であると答えよう。


長友佑都

メンタルは体を支配する。僕らプロサッカー選手は、週に1~2回の試合をこなしながら、日々練習に励みます。1年を通して体の調子が良い時というのは、実はほとんどありません。それどころか、シーズンの大半をどこかしらに体の不調を感じながらプレーしている。そんな時、プラスアルファの力を発揮させてくれるのが、メンタルの力。メンタルさえしっかりしていれば、疲れた体も動き、いいパフォーマンスが出るのです。


平野伸一

飲食店は高品質な樽生ビールを体験いただく場所になるととらえている。「ペローニ」「ピルスナーウルケル」「グロールシュ」といった世界的なブランドを本年より発売しており、樽生提供品質の向上とともに樽詰ビールの品種拡充によって、お客様の選ぶ楽しみを提供していく。


石井陽介

集客のできない広告宣伝費ほど無駄なものはありませんが、世の中にはそんな広告があふれています。当社ではあくまでも費用対効果を追求し、最小限のコストで最大限の結果を出すことだけを常に意識しています。


江上剛

大蔵省と喧嘩したこともありました。第一勧業銀行本店の業務開発部という部署で、株価連動定期預金という商品を考えたときのことです。いまでいう投資信託みたいなもので、間違いなくお客のためになるものでした。それに対して大蔵省は「銀行は証券みたいなことをやっちゃいかん」と怒りました。それでもお客様のためだと思ったから、これは定期預金だと言い張って実現させました。


安田隆夫

たゆまぬ微調整の連続が大事です。同じことをやってもダメ、飛躍したことをやってもダメ、少しずつ微調整していくしかない。時代やお客様の変化を感じ取り、それを現場に落としていき、違和感があれば、また作り直していけばいいんです。それがきちんとできれば、かなり良い方向に行くはずです。


工藤公康

リーグ優勝して、日本一になって、栄冠をつかむ。1年間、極限の準備を積み重ねてきても喜べるのは、ほんの一瞬だけです。でも、その一瞬で、すべてが報われる。目標を達成したときの喜びは、最大級のものです。だからこそ、また目標に立ち向かっていくことができる。