ナガオカケンメイの名言

ナガオカケンメイのプロフィール

ナガオカケンメイ(長岡賢明)。日本のデザイナー。北海道出身。デザイン会社勤務、喫茶店経営、日本デザインセンター原デザイン研究室などを経て「ドローイングアンドマニュアル」を設立。そのほか、京都造形芸術大学教授を務めた。

ナガオカケンメイの名言 一覧

商品を生み出すだけでなく、新しい視点を提供するのも、デザイナーの仕事。


現地の人がなかなか気づくことのできない、その土地にあるよい商品の価値を、よそ者の僕たちが見つけ出し、再発見してもらう。全国四七都道府県すべてに、こうした土地の個性を見直す拠点をつくりたい。


商品の魅力を正しく伝えるためには、売り手側にも知識が求められます。だから店舗のスタッフは、定番商品である柳宗理のやかんなどをはじめ、一つひとつを自分で使うだけでなく、生産現場まで訪れ、商品の魅力を体験したうえで接客しています。そういう売り場でスタッフとコミュニケーションを交わし、商品を購入することは満足感につながる。


もう一度デザインについて考え直したいと思うようになっていきました。そこで目を向けたのが、長く使い続けることができる「ロングライフデザイン」という概念です。「時間軸」という絶対的な基準をクリアした商品を見つめることで、普遍性を持ち、しっかりと売り続けることができ、使い続けることのできるデザインが見えてくるのではないかと考えました。


ナガオカケンメイの経歴・略歴

ナガオカケンメイ(長岡賢明)。日本のデザイナー。北海道出身。デザイン会社勤務、喫茶店経営、日本デザインセンター原デザイン研究室などを経て「ドローイングアンドマニュアル」を設立。そのほか、京都造形芸術大学教授を務めた。

他の記事も読んでみる


平尾誠二

怒られるときというのは、たいてい相手も何が悪いか薄々感づいているので、頭ごなしに叱ると逆に頑なになったり、聞き流されたりします。これでは、せっかく怒ってもこちらが疲れるだけで、あまり意味がありません。とくに最近の若者は、なにくそと逆に奮起する反発係数が低下しているので、強く怒るとへこんだまま戻らないことも少なくありません。「最近の若者はヤワになった」と嘆いても仕方がないので、彼らに合った指導法を工夫していくべきでしょう。


坂根正弘

会社を良くするのには時間と労力がかかるが、悪いリーダーシップによって会社が傾くのはあっという間だ。


庄司哲也

不可能だと思われるようなことも、やってみないと分からない。挑戦することが重要だ。


木村尚敬

有事に必要とされるのは、昨日の延長線上にある「改善」ではなく、やり方を大胆に変えていく「改革」だ。もちろん有事においても既存の事業のなかには改善型の事業が多数あり、それはそれで重要だ。しかし有事の改革型のリーダーを目指すなら、それにふさわしい動き方をしなければならない。


小田玄紀

当社の一番の強みは、仮想通貨の取引所をわずか1年で構築できたところにある。電力小売りにしても実質的には1年余りで事業を構築しました。このように短期間で事業を構築できるのが当社の本当の価値だと考えています。


冨田和成

初対面の人と会話をする時、誠実な人だと思われたいなら終始丁寧な言葉遣いをするでしょう。逆に、距離を縮めたいならあえてフランクな話し方をするなど、目的に応じて言葉を使い分けているはずです。ファッションもコミュニケーションの手段の一つです。様々な引き出しを持っておいて、うまく使い分けることが肝心です。


松村清

生まれつきコミュニケーション力の高い人などいない。諦めることなく、改善の努力をしよう。


ページの先頭へ