名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ナイチンゲールの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ナイチンゲールのプロフィール

フローレンス・ナイチンゲール。19世紀イギリスの看護婦、教育者。近代看護教育の生みの親。裕福な家庭に生まれ、幼少期は語学、哲学、数学、経済学、歴史、芸術など様々な分野の英才教育を受ける。看護婦を志すようになり、ドイツのカイゼルスベルト学園で学び、ロンドンの病院に就職する。その後、婦人病院長になり、イギリス国内の病院事情を調査。看護婦の専門教育が必要不可欠という結論に至る。2年間、クリミア戦争に従軍し、負傷兵の看護にあたる。献身的な看病からクリミアの天使と称えられた。帰国後ナイチンゲール看護学校を設立し看護婦の教育に尽力した人物

ナイチンゲールの名言 一覧

経験をもたらすのは観察だけ。観察をしない女性が、50年あるいは60年病人のそばで過ごしたとしても、決して賢い人間にはならないであろう。


すべてを思い通りになしとげるのでなければ、何もなさなかったと同じです。


私は、人の想いというもが言葉に変わることで無駄になっているように思います。人の想いは皆、結果をもたらす行動に変わるべきだと思います。


恐れを抱いた心では小さなことしかできないでしょう。


ナイチンゲールの経歴・略歴

フローレンス・ナイチンゲール。19世紀イギリスの看護婦、教育者。近代看護教育の生みの親。裕福な家庭に生まれ、幼少期は語学、哲学、数学、経済学、歴史、芸術など様々な分野の英才教育を受ける。看護婦を志すようになり、ドイツのカイゼルスベルト学園で学び、ロンドンの病院に就職する。その後、婦人病院長になり、イギリス国内の病院事情を調査。看護婦の専門教育が必要不可欠という結論に至る。2年間、クリミア戦争に従軍し、負傷兵の看護にあたる。献身的な看病からクリミアの天使と称えられた。帰国後ナイチンゲール看護学校を設立し看護婦の教育に尽力した人物

他の記事も読んでみる

岩田松雄

上司の考え方を理解し信頼関係が生まれるまでは、報連相を過剰なくらい行うべき。報連相が過剰だった場合は「やりすぎだよ」と苦笑されるだけで済むが、足りない場合には「勝手な行動をするな」と叱責され、不信感を持たれてしまう。


江幡哲也

ビジネスの現場では、最初に要件と結論を伝えることが鉄則です。これは報告書や企画書をはじめとするビジネス文書全般に言えることですが、とくにメールは注意したほうがいいですね。というのも、最後まで読まないと内容がわからないメールは、相手の仕事リズムを乱してしまうからです。


大西賢

雇用を守るということはリーダーにとって非常に大きな責務だと思います。たとえば今後、10人の要員が8人に減るかもしれない。リーダーはそうしたことを見越したうえで、雇用を守っていかなくてはなりません。


荻田伍

スーパードライは発売から四半世紀が経ちました。どんな商品でもずっと売れ続けるとは思えません。今年は黒ビール「ドライブラック」で新しい価値を提案しているところです。


印南敦史

「本を速く読める人」と「遅くしか読めない人」がいるのではありません。「熟読の呪縛から自由な人」と「それにまだとらわれている人」がいるだけなのです。


熊坂隆光

活字メディアの未来を悲観するという感じは持っていません。ある友人が、社長就任後「グーテンベルクが活字を発明して以来の大変な状況になっているらしいね。ご同情申し上げます」という内容の手紙をくれたのですが、私としては、新聞はまだまだ若いメディアだと思っています。つまり、やれることはたくさん残っているということです。


西山知義

実は創業当時と比べると、客層が変わってきたんです。当初は若者や女性が主なターゲットでしたが、チェーン展開後は、家族のお客様が増加しました。そうなると、特定部位のこだわり肉など、スパイクの立ったメニューだけではインパクトを出しづらい。それぞれの客層のニーズに合わせたメニューをきめ細かく開発していかないと、外食産業では生き残れなくなっています。


奥田務

インターネット通販は、もう好き嫌いじゃなくて、基本機能として持たざるを得ない。今後さらに小売りの垣根が消えると、インターネット通販を我々のビジネスにどう組み込むかが重要になります。ただ正直に言うと、僕はもう分からないんです。じじいが考えてもダメですね(笑)。だから2011年春に、社内に専門部隊を作りました。これは、若い人に任せたい。


加納裕三

ベンチャーはお金も人もないところからスタートする。大事なのは情熱。


佐々木昭人

景気は読むというより、よくなると信じるもの。景気は「気」の字がつくように、経済的要素だけでなく、人々の期待感や気持ちのありようが深くかかわる。とすれば、景気がよくなりつつある兆しを感じながら、もっとよくなると、みんなが信じるべきです。


長谷川和廣

人脈づくりの基本はマジメとケジメだと思います。なぜなら私自身が「あの人だけは助けてあげたい」と感じた人は皆、真面目な人たちばかりでしたから。また、上下左右のケジメも重要な要素です。上司と部下、取引先といった枠を尊重する誠実な人は誰からも信用されるのではないでしょうか。きちんと段階を踏んで徐々に親しくなっていくような関係の結び方が、ビジネスにおける信頼に直結するのではないでしょうか。


田母神俊雄

私が防衛庁の防衛課に勤務していたころ、当時の航空自衛隊には化学防護の能力がなく、私はそのための予算を獲得しようと試みたのですが、「冷戦が終わって大きな戦争はなくなるだろうに、何でそんな装備が必要なんだ?」と何度も突っぱねられました。諦めずに調査と説得を重ね、予算を獲得するまで3年ほどかかりました。その後に起きるテロ事件の数々を考えれば、諦めなくてよかった仕事だと思います。現在の私が国や防衛について踏み込んだ発言ができるのも、このころ日本の防衛について徹底的に調べ、考えたことが背骨となっています。