ドン小西(小西良幸)の名言

ドン小西(小西良幸)のプロフィール

小西良幸、こにし・よしゆき。ドン小西の名で知られる日本のファッションデザイナー。三重県出身。文化服飾学院卒業後、アパレル会社に勤務。31歳でファッションデザイナーとして独立した。テレビなどでも活躍。そのほか、三重県観光大使、名古屋学芸大学メディア造形学部ファッション造形学科特別講師、日本流行色協会理事、日本ユニフォームセンター評議員、長野オリンピック日本代表選手団公式服飾選考委員会委員などを務めた。主な著書に『逆境が男の器を磨く』『部長!ワイシャツからランニングがすけてます 男の器は服でつくる』『ドン小西のなんでもチェック』など。

ドン小西(小西良幸)の名言 一覧

僕が経験したように、とくに30代には困難がいくつも立ちはだかるものです。でもそれを乗り越えようとするからこそ、その人しか出せない味が出るんじゃないでしょうか。


勢いだけで独立するとどうなるかといえば、ご想像の通りです。信用も知名度もないから、取引先も簡単には見つかりません。半年くらいで会社が資金的に行き詰りました。それでも、出ていくお金はたくさんある。家賃の取り立てに追われて、1日50円しか使えないなんて日が何カ月も続きました。


僕が自分の会社を起こしたのは、31歳の誕生日の直前のことです。それまで勤めていたアパレル会社での仕事は順調でしたが、どうしても自由に自分の服づくりがしたかったのです。会社からは「給料を倍にするから」と引きとめられたけれど断りました。純粋だったんですね。それはいまでも変わっていませんが(笑)。


「粋」をファッションで体現するためには、精神性の高さが伴っていなければなりません。なぜなら「粋」は「すい」とも読み、これは「酸いも甘いも噛み分ける」という慣用句につながるからです。人生経験を積んで人情の機微を知り、世の中の裏も表も知り尽くしていなければ、「粋」は表現できないということ。また、「意気」と書かれることもありますが、これは精神的清潔さを称賛する意味で用いられる場合もあります。


ドン小西(小西良幸)の経歴・略歴

小西良幸、こにし・よしゆき。ドン小西の名で知られる日本のファッションデザイナー。三重県出身。文化服飾学院卒業後、アパレル会社に勤務。31歳でファッションデザイナーとして独立した。テレビなどでも活躍。そのほか、三重県観光大使、名古屋学芸大学メディア造形学部ファッション造形学科特別講師、日本流行色協会理事、日本ユニフォームセンター評議員、長野オリンピック日本代表選手団公式服飾選考委員会委員などを務めた。主な著書に『逆境が男の器を磨く』『部長!ワイシャツからランニングがすけてます 男の器は服でつくる』『ドン小西のなんでもチェック』など。

他の記事も読んでみる

野中正人

国内市場は厳しいとよく言われますが、既存店の成長余地はまだまだいっぱいある。ライバルの店と比べて、しまむらの売上高はまだ低い。どこが負けているかというと、店舗の見せ方です。見ていて面白くない。陳列技術などには、まだ工夫の余地があります。


山極寿一(山極壽一)

独創的な考え方は、時として批判にさらされ、内にこもりがちです。でも、それを明るく乗り切らなくてはならない。そのためには、周囲にきちんとわかってもらえるような説得力と、人間的な魅力が不可欠です。これがないと一人ぼっちになり、仕事ができなくなります。


高島郁夫

フランフランは通販サイトを持っているが、どちらかというと商品の写真を並べているだけで、「生活シーン」はあまり想像できない。自社の撮影スタジオを持つことで、部屋の雰囲気を含めて提案できるような、ウェブメディアを立ち上げたい。ファッション雑誌を読んで「この服欲しい」と思うような流れをインテリアでも実現する。商品のストーリーも紹介しようと思う。当社では自社で商品を企画し、世界中から素材を調達している。せっかくストーリーがあるのに、店舗だと十分に表現できない。現代の消費者は「モノ」だけでなく、商品の物語を味わうといった「コト」も求めていると思う。


三谷宏治

30~40代は、プライベートからビジネスまであらゆる局面で決断を迫られる時期だと思いますが、リスクこそが成長のチャンスと捉え、積極的に大きな決断をしてみてください。


酒巻久

若いときに「あいつは優秀だ」といわれていた人が、40代になったときに必ずしも優秀であり続けるとは限りません。逆に若手のときには目立たない存在だった人が、いまでは役員や社長を務めているというケースはいくらでもあります。これは30代と40代以降とでは、仕事に求められる能力が変わってくるからです。


村上太一

壁にぶつかると諦めてしまう人も多い。しかし、どうにか打破しようと考え抜くことでしか良いイノベーションは生まれない。


宮坂学

ヤフーは新しいテーマを掲げるべき時期に来ている。新しい挑戦をするときは新しいリーダーシップで行うのが適切だと考えた。

【覚え書き|代表権のない会長になった理由について】


萩原利男(経営者)

失敗を恐れて前例を踏襲しているだけでは、何も変わりません。現状維持は停滞でしかないのです。常識を疑い、リスクを取る人間しか成功できない。私自身、数え切れないほどの失敗を積み重ねて、今があります。もちろん、現状に甘んじるつもりはありません。海外展開も視野に、布石を打っているところです。


秋津壽男

性欲と金銭欲はボケ防止と長生きのコツだと私は思っています。金もあるし、あくせくしたくないという人は生きる意欲がなくなるので早死にしがち。多少生活に困って、金のことを必死に考えているほうがボケ予防にはいい。同じように、いくつになってもスケベ根性をなくさないのも、ボケないコツ。


泉谷直木

俺も社長から「こんな企画ダメだ!」と2回続けて突き返されたことがある。でもメゲずにもう1回持っていったら、さすがに社長も根負けして「わかった、わかった、やってみろ」と最後は認めてくれた。だから一度であきらめるなよ。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

学ぶことそのものは、価値のあることです。しかし、学んでいるということ、知識があるということにプライドを持っていても価値は生まれません。知識は、自分を成長させ、実際に役立たせることで、生きたパワーになります。謙虚な心とともにあることで、パワフルな道具になるもの、それが知識です。


石原進

お客さまは列車が遅れたら不愉快になる。これはお客さまの視点にたてば当たり前であることが分かります。天災だから我々の責任ではないではいけない。常にお客さまの立場に立って考える意識を。


古森重隆

正しい動機に基づき、正しい根拠がある正しい行動。これが結局世の中を動かしている。


下村朱美

「日本スパ・ウエルネス協会」では、エステティック業界の健全な発展とセラピストの社会的地位向上を目的とした活動をしています。資格試験や講習会の開催だけでなく、海外諸国との資格相互認証に向けた取り組みを進めるなど、業界の環境整備を含め、尊い仕事のあるべき姿を追求しています。発足して間もなく14年目になりますが、創設以来、追求し続けているテーマも「美とは何か」です。


小川淳司

コミュニケーションが大事だとよく言われますが、私は決してペラペラとしゃべる方ではありません。正直なところ、いくら話したところで、人間の本質はわからないと思っています。ただ、どうすればその選手にとって一番プラスになるかということは考えています。たとえば試合でミスをしたとき、同情して慰めてやるのもひとつの方法だろうし、逆に皆の前で指摘したほうが上手く気持ちを切り替えられることもあります。


ページの先頭へ