名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

ドン・タプスコットの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ドン・タプスコットのプロフィール

ドン・タプスコット。カナダのコンサルタント、経営者。シンクタンク兼戦略コンサルティング会社「エヌジェネラ・イノベーション・ネットワーク」会長。企業経営、IT、経済、社会、文化などの関わりについて調査を行った。主な著書に『ウィキノミクス マスコラボレーションによる開発・生産の世紀へ』『デジタルネイティブが世界を変える』『デジタルチルドレン』『デジタル・エコノミー ネットワーク化された新しい経済の幕開け』『ネットで勝つ5つの戦略』。

ドン・タプスコットの名言 一覧

企業経営者はこれまで常識と思われていた既成概念の多くが根本的に変わりつつあるか、すでに変わってしまったことを、しっかり頭に叩きこんだ方がいい。


「旧」と「新」は敵対するものではなく、本当は親和性が高いものなのです。


階層組織の問題の本質は階層組織そのものではなく、階層構造が閉鎖的なサイロをいくつもつくり出してしまい、全体の展開力や機動力を著しく制限してしまうことにあります。


社外にある才能と良好な関係を築くためには、コミュニティごとの文化を理解するという新たな要素がマネジメントに加わってきます。まずは、経営者の考え方を変えることが大切ですが、これが一番難しい。「俺についてこい!」型の経営者は、企業の内部では威力を発揮できるかもしれませんが、社外の才能と対等な関係をつくろうとするなら、そういったやり方は通用しません。


現在、企業の内と外を隔てる壁は風穴だらけで、人も情報も知恵も容易に出たり入ったりしてしまいます。優秀な頭脳と発想は組織内に抱え込んでいられないし、むしろその必要がなくなっています。


世界経済の構造が急速に変貌し、企業を取り巻く環境は非常に不安定です。このような不確定な時代に成長を維持するために最も重要なことは何か。それは、最高の才能をいかに多く獲得できるかです。


ドン・タプスコットの経歴・略歴

ドン・タプスコット。カナダのコンサルタント、経営者。シンクタンク兼戦略コンサルティング会社「エヌジェネラ・イノベーション・ネットワーク」会長。企業経営、IT、経済、社会、文化などの関わりについて調査を行った。主な著書に『ウィキノミクス マスコラボレーションによる開発・生産の世紀へ』『デジタルネイティブが世界を変える』『デジタルチルドレン』『デジタル・エコノミー ネットワーク化された新しい経済の幕開け』『ネットで勝つ5つの戦略』。

他の記事も読んでみる

宮田亮平

うちの場合は、たまたま僕と子供の職業に共通点がありましたが、そうでない家庭でも、仕事に対する志について親子で話し合うことは大切なことです。説教にならないように、その子が興味を持つように工夫して話す。どんな仕事をしているお父さんでもそれを志した理由の中には、子供が前に進むための具体的なヒントがあるはずです。自分で歩んできた道、そしてそれを選択した思いを語ってやればいいのです。


吉山勇樹

僕も会社員時代に失敗したことがあります。上司に報告書をつくるようにいわれて、1週間かけて20枚の資料をつくった。でも、提出したら「4~5枚でいいんだよ」と。先に相談すれば良かったんです。上司の意図がどこにあるのか、あれこれ考えても時間の無駄。「このようなことでいいのでしょうか?」と聞いてしまえば瞬時に明確になりますからね。つくってから報告するより、先に相談した方がいい。ときには報連相よりも相連報でいくという柔軟な発想が大切。


高城幸司

10円20円のコストを削るというのは理由を説明しづらい。しかし、大幅なコストダウンということならば、枠組みから根本的に変えなければ達成できません。予算の限られている理由を明確に説明できれば、こちらの事情を理解して、相手側も挑戦に応じてくれるのではないでしょうか。


赤羽雄二

残業ゼロは、やり方次第で十分可能です。それどころか、私は残業はゼロにしなければならないと確信しています。なぜならビジネスパーソンが成長するには、語学など様々な知識を学んだり、話題のスポットを訪ねて刺激を受けるといった自分に投資する時間を作ることが必要だからです。それが今より高い成果を生み出すことにつながります。残業をしてしまうと、自分が成長するための時間を捻出するには睡眠時間を削るしかなくなってしまう。


野村絵理奈

自信が生まれる源泉は準備にあります。顧客にニーズを十分に探ってこそ、自信を持って勧められます。他社の動向などを調べてこそ、上司に自信を持って提案できます。


内藤忍

苦手な仕事を後回しにすると、嫌な気分を長く引きずり、他の仕事にまで影響を与えかねません。そうならないためにも、苦手意識のある仕事は細切れにして、さっさと手をつけましょう。


森永卓郎

提案したいのは、何かテーマを持ち、いろんなタイプのものを集めたり撮影してみること。街で見つけた面白看板やヘンなモノでもいい。そういうコレクションが増えると目的意識が生まれ、好奇心も旺盛になる。道を歩く人や建物、風景を観察するようになれば頭の刺激になり、発想も豊かになります。それが次なるネタの手がかりにもつながるはず。


樋口廣太郎

私は大きな会社になろうとは言ってきませんでした。いい商品を作り、社会の人々に好意をもって迎えられる会社、ビッグ・カンパニーではなくグッド・カンパニーを目指そう、そしてそれをアサヒビールの夢にしようとしたのです。人が美しいもの、いいものに対するあこがれを持つように、企業も夢を持ち続けていきたい。夢のない企業はだめだと思いますから。


大塚寿

リーダーシップだけでなく、子分シップも大切。主君である織田信長の草履を温めた豊臣秀吉のような行動を心がけていると、上司の覚えがぐっと良くなる。やるなら中途半端でなく、徹底的にやることが大切。


ダイアナ・ロス

もし私のことを信じてくれる人がいるなら、私はどんな努力でもする。


鍵山秀三郎

私の家では、物を机の上に置くにも、斜めには置かない。必ず縦横そろえて置くのです。少年時代、東京に住んでいたとき、私は比較的裕福な生活をしていました。それが一変したのは、太平洋戦争の影響で岐阜県に疎開したときです。父の兄が家を継いでいたのですが、冷遇されて、敷地内の柱も腐ってポロポロの掘っ建て小屋に、一家全員が入れられた。ところが私の両親は、そうした待遇にも絶対に愚痴を言わなかったのです。そして何をしたかというと、そのあばら家を磨き、補修し、片づけて綺麗にした。普通だったら惨めになる境遇を、綺麗にして矜持を保ったのです。いつも毅然として生きていた両親。その姿に私は12歳の子どもながら人生の貴さを実感したのです。実際にはいかなる境遇になっても卑屈にならず、お互いの尊厳を認めつつ正しい生き方に徹するのはたいへん難しいことです。でも幸いなことに私は親を通じて人間らしい美しい生き方があることを知っていたのです。


田島弓子

タスクをやり終えたらピンクのマーカーで塗りつぶしていきます。1日のタスクを全部塗り終えると小さな達成感があります。「全部塗りつぶしたから、今日はもう帰れる!」と心のスイッチをオフに切り替えるためにも使っていました。