ドン・タプスコットの名言

ドン・タプスコットのプロフィール

ドン・タプスコット。カナダのコンサルタント、経営者。シンクタンク兼戦略コンサルティング会社「エヌジェネラ・イノベーション・ネットワーク」会長。企業経営、IT、経済、社会、文化などの関わりについて調査を行った。主な著書に『ウィキノミクス マスコラボレーションによる開発・生産の世紀へ』『デジタルネイティブが世界を変える』『デジタルチルドレン』『デジタル・エコノミー ネットワーク化された新しい経済の幕開け』『ネットで勝つ5つの戦略』。

ドン・タプスコットの名言 一覧

企業経営者はこれまで常識と思われていた既成概念の多くが根本的に変わりつつあるか、すでに変わってしまったことを、しっかり頭に叩きこんだ方がいい。


「旧」と「新」は敵対するものではなく、本当は親和性が高いものなのです。


階層組織の問題の本質は階層組織そのものではなく、階層構造が閉鎖的なサイロをいくつもつくり出してしまい、全体の展開力や機動力を著しく制限してしまうことにあります。


社外にある才能と良好な関係を築くためには、コミュニティごとの文化を理解するという新たな要素がマネジメントに加わってきます。まずは、経営者の考え方を変えることが大切ですが、これが一番難しい。「俺についてこい!」型の経営者は、企業の内部では威力を発揮できるかもしれませんが、社外の才能と対等な関係をつくろうとするなら、そういったやり方は通用しません。


現在、企業の内と外を隔てる壁は風穴だらけで、人も情報も知恵も容易に出たり入ったりしてしまいます。優秀な頭脳と発想は組織内に抱え込んでいられないし、むしろその必要がなくなっています。


世界経済の構造が急速に変貌し、企業を取り巻く環境は非常に不安定です。このような不確定な時代に成長を維持するために最も重要なことは何か。それは、最高の才能をいかに多く獲得できるかです。


ドン・タプスコットの経歴・略歴

ドン・タプスコット。カナダのコンサルタント、経営者。シンクタンク兼戦略コンサルティング会社「エヌジェネラ・イノベーション・ネットワーク」会長。企業経営、IT、経済、社会、文化などの関わりについて調査を行った。主な著書に『ウィキノミクス マスコラボレーションによる開発・生産の世紀へ』『デジタルネイティブが世界を変える』『デジタルチルドレン』『デジタル・エコノミー ネットワーク化された新しい経済の幕開け』『ネットで勝つ5つの戦略』。

他の記事も読んでみる

小林宏治

変化を肯定し、これに先手を打ってダイナミックに行動する。世の中は刻々と変わっている。企業だけが安定を求めることはできません。強いて安定を求めると時代についていけなくなり倒産します。(小林宏治、こばやしこうじ、日本電気(現NEC)社長・会長、日本工学アカデミー会長、勲一等旭日大綬章受賞者、NEC中興の祖と評される、コンピューターと半導体を主軸に事業を展開)


野中広務

どんな職場でも、努力して真剣に取り組めば見てくれている人は必ずいます。人望というのはその結果でしょう。


ラリー・ペイジ

多くの企業にとって、明確な競合が存在するかのように意識させ、それで団結するのは有効です。しかし、個人的には競合を意識するのではなく、より高みを目指していく方がいいと考えています。


小宮一慶

小器用で頭のいいリーダーというのは、頭で考えてしまうけれど、そうじゃない。人を動かす部分というのは理屈ではありません。古典を重読している人物は、いざというときの言葉の選び方も違うし、常に覚悟と信念に基づいて動いている。だから、部下に教え込んだり管理したりしなくても、人はついてきます。


矢野博丈

何かを決めつけて、それに固執したらいけません。自分が正しいと思ったやり方で行き詰っても、それをさっさと認めて、朝令暮改すればいいんです。


香山リカ(精神科医)

うつの治療でも手作業が見直されています。昔から、患者に園芸作業をしてもらうなどの治療が経験的に行われてきましたが、最近は大豆を右から左に移すような単純作業でも効果があるという研究者が出てきました。単純作業には暗い考えを遮断する効果があるのです。


鈴木喬(経営者)

スピーチをするときも、役員会で話をするときも私は入念に準備をして臨みます。事前に準備しなければ、言いたいことを簡潔な言葉やひとつのキーワードにはできませんから。


佐藤可士和

仕事でも何でも、何か思考し始めるときには必ず前提があります。大切なのは、自分が今、立っているその前提が正しいのかどうかを検証する「視点」を持つことです。この視点を持たず、検証をしないまま、例えばアイデアだけを求めて走り始めると、決して良い結果は出ません。


水留浩一

外食業界は1000本打って3つ当たるか、みたいなところがあって、あまり深追いしても良くない。


稲盛和夫

私も中学生のとき、初めて挫折感や屈辱感を経験しましたが、でも、それがバネになり、私を励まし、背中を後押しし、勉強へと向かわせた。だから、その後の私がある。


ダルビッシュ有

完成されたピッチャーなんていないから誰もがそれを目指す。


三宅占二

キリンの弱点を克服するために「対話」を始めました。営業も生産も物流も全部門が一緒になって問題点を議論する「フォーラム」をつくりました。リベート撤廃で無理な営業をやめ、代わりに「ビールに合う料理」のレシピを売り場で紹介するなど、知恵を使った営業に切り替えました。09年に9年ぶりに首位を奪回できたのは、こうした小さな積み重ねの結果です。


山田明良(経営者)

紙の常識や捉え方を変えてもらうような、紙の温もり・温かさを再発見してもらえるようなきっかけを提供できる存在でいたいと当社は考えています。こうして紙に対する考え方、捉え方を変えることで、紙の業界の負のスパイラルのようなものから脱却して、良い意味で常識を打ち破って、輝き続けることができているのだと思います。例えるなら紙・印刷業界の天然記念物のような感じでしょうか。今後は、業界にインパクトを与えるというレベルまで持っていきたいですね。


大前研一

危機感を持ち、なるべく早く経営全般のことを勉強し、「リーダー」としての経験を積む。その実践によってしか、リーダーシップは身につかない。


澤田秀雄

しばらくの間、足を鎖につながれていた象は、鎖を外しても、今までの行動範囲より外へは出ようとしないそうです。動物は一定の動きが習慣化すると、「自分はこれしかできない」と思い込むようになる。いったん身についた習性や固定観念は、なかなか変えられないということです。だから、毎日会社と家を往復するだけでなく、その枠の外へ出て、経験値を高め、視野を広げてほしい。


ページの先頭へ