ドン・キングの名言

ドン・キングのプロフィール

ドン・キング。アメリカのプロボクシングプロモーター。オハイオ州出身。アフリカ系アメリカ人居住区に生まれ、ケース・ウェスタン・リザーブ大学中退。様々な職を転々とする。非合法賭博の胴元をしていたときに人を殴り殺してしまい刑務所に4年服役。出所後、神の啓示を受けボクシングのプロモーターになる。アフリカのザイール(のちのコンゴ)でモハメド・アリとジョージ・フォアマンの対戦をプロモートしたことによりボクシング界で有名になる。そのほか、ヘビー級ボクサーのマイク・タイソンなどをプロモートした。独特なヘアスタイルと語り口でボクシング界以外でも知られている。

ドン・キングの名言 一覧

私は、片時も休むことなく未来のスターを探している。たとえ発見するのが私でなくても、有望な選手を宝石のように磨き上げ、スターに育てていくのが私の役目だ。
【覚書き|74歳のときの発言】


彼らが負けたのはすべて私の責任だ。
【覚書き|自分がプロモートする選手が負けたときに言った言葉】


私が君の人生のむなしさから救い出し、大金を稼がせてあげよう。
【覚書き|父親、親しいマネージャーを亡くし、結婚生活が破綻寸前だったマイク・タイソンに言った言葉。タイソンはキングによって選手生命を復活させた】


ドン・キングの経歴・略歴

ドン・キング。アメリカのプロボクシングプロモーター。オハイオ州出身。アフリカ系アメリカ人居住区に生まれ、ケース・ウェスタン・リザーブ大学中退。様々な職を転々とする。非合法賭博の胴元をしていたときに人を殴り殺してしまい刑務所に4年服役。出所後、神の啓示を受けボクシングのプロモーターになる。アフリカのザイール(のちのコンゴ)でモハメド・アリとジョージ・フォアマンの対戦をプロモートしたことによりボクシング界で有名になる。そのほか、ヘビー級ボクサーのマイク・タイソンなどをプロモートした。独特なヘアスタイルと語り口でボクシング界以外でも知られている。

他の記事も読んでみる

森川亮

大事なことは諦めないことです。自分はこんな事業をやりたい、世の中をこうしたいと思ったら、ぜひチャレンジしてください。周囲の人が反対するからとか、会社や社会がこんな状況だからと、あれこれ言い訳してやめるのはよくありません。


金澤悦子

実は勉強会も、学習目的から派生して人脈が広がりやすい。数か月の間、同じ空間で勉学に励んでいると、同じ釜の飯を食べたという同志の感覚が湧いて、同級生として長くつきあえる。そうした勉強会の条件は、ある程度まとまった金額を支払い、ゴールの設定が明確で、本気度が高いこと。少ない金額で一度だけ開催されるようなセミナーは、ハードルが低い分、やはりハイエナの群れになりやすい。


福田幸雄

「これがあったらいいな」というアイデアを、全く新しいビジネスにつなげるのは、創業当初からの私のスタイル。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

「VERY」という光文社の女性向けのライフスタイル誌があります。この編集部とブリヂストンがタイアップしてママチャリをつくりました。これが大好評。実はブリヂストンはおしゃれなママチャリを開発しようとしていたんですが、開発チームは男ばかりで、どうも女性の感性にフィットしていなかった。たとえば、色はパステルピンクがいいんじゃないかとか、ソフトな感じのボディがいいだろうとか……。男どもが勝手に、こうすればヤングママが好むだろうと考えてつくっていたんですね。「VERY」編集部は、まさにママチャリターゲットのママ友仲間です。その提案はまったく違っていて、「黒のスポーティでおしゃれな自転車に乗りたい」というものでした。おしゃれに対する感覚が全然違っていたわけです。これを猛烈にブリヂストンに売り込んだ。できた自転車は、それまでのママチャリにはなかった黒っぽいシャープなデザインのもので、価格も少し高くなりましたが、これがヒットした。


塚越寛

お客様は会社を好きになれば、値段が高い、安いに関係なく、その会社の製品を買うようになる。だから会社のファンを増やそう。


黒鉄ヒロシ

戦に限らず下手を打つ典型が「兵力を小出しに使う」こと。これは下の下のやり方。


中村獅童(二代目)

歴史ある企業であれば、歴代の方たちが積み上げてきたノウハウがあるはず。そうしたことをないがしろにして、目新しさばかりを追いかけていると、やがて行き詰まって苦しくなる。車にしても時計にしても、日本の老舗ブランドは、たとえ不況の中でも、伝統を守りながら革新を追求しています。「便利」「快適」「楽」がより重宝される世の中になりつつありますが、だからこそビジネスでは、「精神性」や「想像力」が求められるようになっていく。そう思うのです。


鈴木悟史(経営者)

企業の生産性の向上は、日本の抱える大きなテーマ。その意味で今は追い風が吹いている。その風をどうとらえるかが重要。


中田宏

「こうありたい」という自分のベクトルを明確にして、それを強く意識することが大切です。僕自身、「何のために、政治家をやっているのか」は、常に意識しています。


中島聡(ソフトウェアエンジニア)

ウィンドウズ95の開発において素晴らしかったのは、チームの意志を統一する方法でした。たった2ページの資料にまとめられたプロジェクトの目的や方針は、1992年から3年間の開発期間において、いっさいブレることがなかったですから。チームのひとりひとりが、その2ページの資料を見ながら、開発コンセプトを共有したまま仕事をやれたので、開発のプロセスにおいては必ず出てくる「ここでは、何を捨てるべきか」などという時にも、すぐに妥当な結論を選ぶことができていました。


勝野哲

現場の各事業部門それぞれが知恵を絞ってビジネスモデルを作る必要がある。自分たちだけで新事業を作れないのであれば、それができる人材を外部から連れてくればいい。他社と連携したって構わない。


小杉修弘

「難しい? だったらなおさらいいものになるから、やってみようよ」と一緒になって技術の限界に挑戦していく。ある意味で、職人たちを「その気にさせる」ことこそが、私の仕事なのかもしれません。


柴田励司

40歳の頃の私は、社員のほぼ全員からノーを突きつけられるほど、ダメダメな社長でした。「瞬間湯沸かし器」とあだ名がつくくらい怒りっぽく、「とにかく言うとおりにしろ」というタイプ。だから、社員もたくさん辞めていきました。そして過労で倒れました。そうやって痛い目を見た末に、「自分を見直すべきだ」と悟ったのです。


丸山輝

他社がやりたがらない。そこが当社の強み。


國貞文隆

朝に勉強会を行う社長も増えています。こうした勉強会は出席率が非常に高いのが特徴です。夜であれば「仕事が長引いてしまって」と言うこともできるが、朝の勉強会の前に仕事をしている人はさすがにいないわけで、朝の勉強会は欠席の言い訳がきかないのです。


ページの先頭へ