名言DB

9412 人 / 110637 名言

ドロシー・パーカーの名言

twitter Facebook はてブ

ドロシー・パーカーのプロフィール

ドロシー・パーカー。アメリカの作家、詩人、風刺家。ハリウッドで活躍した。

ドロシー・パーカーの名言 一覧

英語における最も美しい言葉をあげるとするなら…「小切手 在中(Check Enclosed)」ですね。


ドロシー・パーカーの経歴・略歴

ドロシー・パーカー。アメリカの作家、詩人、風刺家。ハリウッドで活躍した。

他の記事も読んでみる

加藤清正

どこに陣を取っても、清正に知らせずに、乱暴狼籍に身分の低い者をこき使う者があったならば、その主人の責任として成敗を加える。この旨、下々人足以下の者にまでよくいい聞かせよ。これからは、いかに勇敢に戦っても、掟に従わなかったら、何事も不用になる。


福嶋宏盛

何のメリットも相手に提示せず、強気で押していく交渉の仕方もあります。ただし、強気の交渉が有効なのは、購入側の選択肢がたくさんある場合です。たとえば家電メーカーのように、多くのサプライヤーが競い合っている市場であれば「こちらの要求が通らないなら他社と取引する」という腹づもりで交渉に臨めるわけです。逆に一社の独占市場では、取引できなくなると困るのはこちら側ですから、強気に出るのは難しくなります。


松山淳(コンサルタント)

自分は大学からラグビーを始めた初心者なので、初心者がキャプテンに指名されるとは思いませんでした。でもラグビーの実力では勝負できないからこそ、おバカでスキだらけの自分のキャラを、武器にしていこうと思えた。開き直って素のバカな自分をそのまま出したら、かえってチームがまとまって部の歴史に残る戦績になった。


大島康朋

私も社員も間違ったり失敗することはあります。ただ、一歩ずつ確認しておけば振り返って問題点を発見し改善しやすい。すると致命的なミスを防ぐことができます。


井上暉堂

生まれるのは偶然ですが、死ぬのは必然。無様な死を迎えるか、尊厳のある死を迎えるかは、普段からの死への覚悟で決まります。


木川眞

ヤマト運輸の社長に就いた年、私は改革を進める上で、社員にどう伝えるべきか考えました。そして、1年ごとにわかりやすいキャッチフレーズをつけることにしました。初年度の2007年は「チェンジ」。米国大統領選の前ですから、オバマ大統領より私の方が早かったので真似ではありませんよ(笑)。2年目は「チャレンジ」、3年目は「アドバンス(前進)」、4年目が「アチーブ(達成・成就)」です。この4年間は社内のどこへ行ってもキャッチフレーズがあり、効果はあったと実感しています。


林悦道

ルールが決められた格闘技と違って、街での喧嘩では、打撃技や投げ技だけでは勝負がつかないこともある。そんな時、有利になるには環境を利用することが重要。


中本晃

リーマンショック後の需要急減で業績が悪化してしまいました。売上高が急減すると想定し、緊急措置で経費を削減したことで、この時は、何とか利益を確保しています。しかしR&D(研究開発)費用には手を付けていません。


池田繁美(コンサルタント)

人は一生のうちで会うべき人には必ず会う。一瞬たりとも早からず、遅からず。


堀口智顕

私の最大のこだわりは世に役立てる人間を育てることです。地道に堅実に努力できる人間、素直さや明るさ、感謝など未来へ前向きに歩む積極性を持った人間、そして何より思いやりの利他の心を持った人間。実際そんな人格を持つ社員が育っています。彼らを財務的に支え、思いきり働けるようにするのが私の務めです。


松本晃(経営者)

「松本のモノの考え方10」は、もう何百回、耳にタコができるくらい言っていますが、それでもまだ覚えていない社員もいると思います。それぐらい、話は伝わらないもの。


久保田進彦

ブランドが機能せず、中身と価格でしか勝負できない状態のことを、マーケティングの世界では「コモディティ化」と呼びます。いわゆるコスパ(コスト・パフォーマンス)競争です。21世紀に入ってから、デジタル化の進展により、製品間の比較が容易になり、消費者のコスパ志向が強まりました。そのため、一時期、多くの企業がコスパ型のマーケティングを採用し、安売り競争に陥りました。その典型がパソコンや液晶テレビです。「ブランドで売る」という視点を失うと、痛手を被ることがよくあります。


山岡勇二

編集部を率いる立場としては自分の仕事の効率を高めるとともに、メンバーの仕事の効率化も意識しなければなりません。


宋文洲

国がだらしないから希望が持てないと嘆く日本人は多いですが、国がしっかりしていたら、個人がビジョンを持てるというのは戦前の考え方。国のビジョンと個人のビジョンは全く関係ありません。


可児武夫

米国人は会社への忠誠心よりも、自分の仕事に誇りを持ち、仕事への評価を重視します。だから、人材の流動性が高く、変化に強い遺伝子が目覚める土壌があったのです。