ドリュー・ギルピン・ファウストの名言

ドリュー・ギルピン・ファウストのプロフィール

キャサリン・ドリュー・ギルピン・ファウスト。アメリカの歴史学者。「ハーバード大学」学長。ニューヨーク州出身。ブリンマー大学卒業、ペンシルベニア大学で博士号を取得。ペンシルベニア大学助教授・教授、ラドクリフ研究所所長などを経てハーバード大学初の女性学長になった。TIME誌「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた。

ドリュー・ギルピン・ファウストの名言 一覧

いつでも即興でやれるように準備しておきなさい。


ドリュー・ギルピン・ファウストの経歴・略歴

キャサリン・ドリュー・ギルピン・ファウスト。アメリカの歴史学者。「ハーバード大学」学長。ニューヨーク州出身。ブリンマー大学卒業、ペンシルベニア大学で博士号を取得。ペンシルベニア大学助教授・教授、ラドクリフ研究所所長などを経てハーバード大学初の女性学長になった。TIME誌「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた。

他の記事も読んでみる


粟津恭一郎

質問の技術で大事なのは、「話の流れに合わせて考える」こと。事前に用意できる「誰にとっても良い質問」は存在しない。「良い質問」は会話の流れの中でしか生まれません。


柏本湊

家庭での節約で大事なのは、家族と金銭感覚をすり合わせることです。夫婦どちらかが浪費癖があるようでは、お金は貯まりません。将来、いくらかかるかを早めに話し合うことも重要ですし、夫婦で一緒に買い物に行く習慣をつければ、自然とそうしたすり合わせもできます。


岩田松雄

日産の販売会社に出向したとき、トップセールスの人が書いた本を20冊以上読んだ。どの本も8割は同じことが書かれていて、この8割こそ「営業のエッセンス」。ならば、8割の本質を守りつつ、自分に合った戦略や手法を工夫すればいい。


市原敏雄

起業当時は景気が悪く、会社がどんどんなくなっている時期だったこともあり周囲は不思議がりましたが、私は常々「こういう時期だからこそ会社をつくるんだ」と言ってきました。


高城幸司

ピンチはチャンス、チャンスはピンチであるのもビジネスの常。上昇期だからこそ学べることもあれば、下降期だからこそ学べることもあります。


泉谷直木

リーダーシップを発揮するには、部下を説得するのではなく、納得させなければなりません。それには質問が有効です。「君の担当するお客様は、いまどんな課題を抱えておられるんだろう? そのために、君ができることとは何だろうか?」。このように部下に質問をしながら、やるべきことを本人に考えさせることが大切です。


岡島悦子

負けゲームも貴重な体験。もっとも、ただ負け戦に巻き込まれるのではなく、実績を挙げるように努力しなければいけません。


ページの先頭へ