名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ドリアン助川の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ドリアン助川のプロフィール

ドリアン助川、どりあん・すけがわ。日本の作家、詩人、ミュージシャン。東京都生まれ、兵庫県育ち。早稲田大学第一文学部東洋哲学科卒業、日本菓子専門学校通信課程卒業。雑誌ライター、放送作家などを経て「叫ぶ詩人の会」を結成。

ドリアン助川の名言 一覧

決まりきった言葉、与えられた言葉だけで生きていると、世界がとても窮屈に見えてしまう。


言葉はギフトなんです。昔娯楽が少なかった頃は茶の間で家族が会話を楽しむのが娯楽でした。機知やユーモアあふれる言葉でお互いを楽しませた。相手に楽しみや喜びを贈るのが言葉なんですね。しかもダダで無尽蔵。言葉をそんな風に意識して使えたら豊かなことだと思いませんか?


目標を持つことは良いことだと言われますね。でも目標のためにどれだけの人間が傷つき、死んでいるか。目標が生き方を狭くすることもあるんです。そこで「たまには目標もいいね」という言葉を作ったのですが、この話を高校生の前で話すと、先生は渋い顔をしていますが、生徒の表情は明らかに変わる。


外に向かっては言葉は意外に力がない。でも自分の内面、精神の成熟に対しては言葉の役割や力ってとても大きいと思います。たとえば同じ雲でも宮沢賢治は実に細かく観察し、言葉で表現しています。その表現を知ると、漠然と見ていた雲がまったく違って見えてくる。日本人はもともとそういう繊細な感性と目を持っていたはず。


以前、沖釣りから戻る船から見た山々がとても美しかった。葉に光が当たって明るいところと暗いところのコントラスト、それを言い表す単語がないことに気がついた。それまで漠然と緑として認識していたものに区別がつく。見え方が変わり、世界が広がっていく感覚を覚えた。


「言葉の森」を広げることが、人生を豊かにする。たとえば「ムカつく」という言葉だって激しい怒りなのか、あるいは「忸怩(じくじ)たる気持ち」や「隔靴掻痒(かっかそうよう)」という表現に近いのか、いろいろあるはず。感情を豊かに表現できれば突然キレたりしなくなるはず。


前にラジオ番組をやっていたとき、リスナーの若い人たちと目的もなくただ歩く会をやったんです。迷いながらダラダラ歩くと、いろんな風景やら自然やら、普段は気が付かないものを発見できる。目標とか成功とか、そんな言葉に振り回されて、地球という星で生きているだけでもとても楽しくて素敵なことなんだということを忘れちゃうとしたら残念なことだと思います。


たくさんの人が、自分の言葉で自由に表現できるようになればもっと素敵な世の中になるんじゃないかなぁ。昔の日本人が和歌を詠み合ったように、僕らの先輩たちはとても豊かな世界を作り上げていたでしょう? いきなり和歌や俳句が難しければ言葉遊びでもいいと思う。たとえば「あの八百屋は黒いバナナを売っている」という語順を「あの黒いバナナは八百屋を売っている」と変えただけで、日常の感覚と概念が変わります。


昨年、僕の書いた『あん』という小説が映画化されました。ハンセン病を患っていた一人のお婆さんが、隔離された療養所で身につけた絶品のアンコの作り方を、主人公が営む町のどら焼き店を手伝いながら伝授する話です。僕自身かつての患者の人と会う機会がありました。正直言って手や顔に病気の跡が残っている人たちと向き合うのが怖かった。でも実際に会ってそういう人と握手をし話をすると、恐怖心が消え去って自然体で向き合えるようになった。僕の中にあった恐怖心やある種の差別的な意識が、体験すること、知ることによって氷解したんです。教養ってまさにこういうことではないか。そのとき、実感しましたね。自分の心と対話する中で様々な言葉が必要だったし、病やその患者の方々の歴史や苦労を知るためには膨大な言葉の蓄積が必要でした。


言葉は大切だし、力があるのは認めますが、あまり過大に評価するのも問題ですね。以前ニューヨークに住んでいたときに痛感したのが言葉の不自由さ。たとえば絵画や音楽なら、作品のメッセージはすぐ伝わります。料理とか美容師さんなどの仕事もすぐに理解してもらえる。でも言葉の表現は言語が違うと伝わりにくい。言葉はその点限界があるし不便なものでもあると。


ドリアン助川の経歴・略歴

ドリアン助川、どりあん・すけがわ。日本の作家、詩人、ミュージシャン。東京都生まれ、兵庫県育ち。早稲田大学第一文学部東洋哲学科卒業、日本菓子専門学校通信課程卒業。雑誌ライター、放送作家などを経て「叫ぶ詩人の会」を結成。

他の記事も読んでみる

荒蒔康一郎

現場の社員や取引先と接することで痛感したのは、同じ考えや価値観を共有して、仕事をしていかなければ駄目だということだ。たしかに新商品、低価格といった戦術もあるが、一発逆転のウルトラCの効果は期待できない。まず私自ら負けを認めて、原点から出直すべきだと考えた。


片田珠美

実は精神科では、すぐ医者と揉め事を起こす患者さんを同じように他院に紹介することがあります。医療業界では「チームワーク医療」と呼んでいますが、実質的にはたらい回しです。たらい回しというと聞こえが悪いですが、問題が大きくなる前に火を消すには、こういう手法を用いるしかない場合もあります。被害者ぶる人が個人の手に負えないなら、組織として対応してもらうことも視野に入れるべき。一人で背負い込むと心身ともに消耗するので、まわりの力をうまく借りてください。


森正文(経営者)

高級ホテルに取引を持ちかけたら、客さえ呼んできてくれたらいいよと言われました。ホテル側にとって、リスクが小さかったからでしょう。通常4万円するホテルの部屋を仮に2万円で予約できたら、お客さんにとってはオークションで安く落札したようなもので、喜びますよね。お客さんはホテルに行ってお金を払います。ホテル側も客が実際にホテルに来て代金を回収してから一体に手数料を払うので、不安がない。当社のモデルが良かったのはそこです。


大橋未歩

経験は組織が与えてくれるものであると同時に、人が与えてくれるものだと思っています。私はこれまで番組スタッフや出演者、取材対象者など多くの人と出会うことで育てられてきたと実感しています。お世話になった人から頼まれた仕事は断らないと決めているのは、せめてもの恩返しです。


南部靖之

私はいつも社員に風船の話をしています。能力を風船にたとえると、大きな能力、つまり大きな風船でも息の吹き込み方が少なければしぼみます。一方で小さな能力、つまり小さな風船でも息を吹き込んでいたら舞い上がっていく。だから、日々、一所懸命に息を吹き込むように毎日を暮らしなさいと言っているのです。そして、目の前に困っている人がいたら、その人のために相談に乗ってやってほしい、と。


中部謙吉

高く買って安く売る。高く買ってやれば売り手は喜んで、いいものをどんどん売ってくれる。買う人は安い方がいいに決まっている。【覚書き:謙吉氏の父の言葉。氏自身もこの言葉に従い商売を行って成功を収めた。もちろん、買値と売値は差益で儲かるように設定する必要がある。その中でできるだけ高く買って、できるだけ安く売るという趣旨の発言】


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

自分の強みや個性をきちんと認識し、外ではなく自分の中に答えを見つけること。怒りを抱えているときも、怒りのモトとなった外的要因に目を向けるのではなく、「なぜ腹が立つのか」「そこにはどんな心理が働いているのか」などと、自分の内面を深掘りしていくことで、冷静さを取り戻すことができるでしょう。


吉山勇樹

わずかな時間も仕事に充てたいという人にまずやってもらいたいのは、15分単位のスケジュール管理です。「細かすぎてできない」という人もいるかもしれませんが、スキマ時間を可視化できます。


小笠原清忠

小笠原流の礼法も、時代時代に合わせて少しずつ変わってきました。土足から板の間へ、そして畳や椅子の生活へと、日本人の生活様式が変わってきたのですから礼儀作法が変わるのも当然です。ただし、「立つ」「座る」といった礼法の基本動作は決して変わることはありません。


岸部一徳

1年目2年目は「いったい、これからどうなるんだろう」と思えるほどの恐ろしい人気ではありました。でも、3年目にはもう陰りが出てくるんですよ。加橋かつみが辞めて弟の四郎が入ったりして、4年目には「どういうふうに解散するか」ってことを考えていましたから。ただ、解散といっても、ダメになったから解散するんじゃなくて、新しい何かを生み出すエネルギーだと、ものすごく前向きに考えていたんです。

【覚え書き|ザ・タイガース時代を振り返って】


具志堅用高

周りからの勧めもあって、40歳でジムを開いたわけだけどさ。ジム経営っていうのは、全然儲からない(笑)。「3、4年後には世界チャンピオンを……」と思って始めたけど、思うようにいかない。ただ「世界チャンピオンを育てあげたい」という夢があるから続けていられるんでね。チケットを売るのだって大変だし、俺なんか後援者に恵まれてる方だけど、それでも興行のために金を集めるのはほんと大変だったよ。何度、やめようと思ったことか……。


小路明善

社員は会社の命である。人材という会社の成長の源を、経営者として大切にしなければいけない。