名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ドナルド・N・サルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ドナルド・N・サルのプロフィール

ドナルド・N・サル。経営学者。英国ロンドン大学経営大学院教授。米国ハーバード大学経営大学院でMBAと経営学博士号を取得。ハーバード大学経営大学院助教授、ロンドン大学経営大学院准教授などを経てロンドン大学経営大学院教授に就任。アメリカの経済誌フォーチュンで「次世代のマネジメント権威10人」に選ばれた。また、世界大手のコンサルティング会社マッキンゼーでコンサルタントとしても活躍した。主な著書に『変革へのコミットメント経営 ハーバードで教える経営者の役割』など。

ドナルド・N・サルの名言 一覧

危機を乗り切るリーダーの資質として、3つの要素が大切だと私は考えています。危機を乗り切るには「認識力」「勇気」、そしてなにより「楽観主義」を持ち合わせた若い世代が、疲れ切った旧世代に代わって経営の第一線で活躍することが不可欠でしょう。


情報を何らかのフィルターを通して収集していたら、数多くの有益な情報を見過ごしてしまいます。


経済危機下では、組織全体に危機意識が醸成されます。その危機意識が組織の変化を加速させます。


単に情報を共有するだけではなく、財務やマーケティング、販売といった立場の違う専門家が、データに対して異なる意見をぶつけ合い、データが持つ本当の意味をつかもうとすることが大切です。


いま、我々にできることは、過去の経験から学ぶことです。歴史を紐解けば、厳しい不況に直面しながらも、それを成長のチャンスに変えてきた企業がいくつもあることに気づくでしょう。実は、このような困難なときにこそ、企業は飛躍のチャンスをつかめるのです。


事業環境が厳しいのはライバルも同じです。競争の条件が同じなら、ライバルが投資を控えれば、その分、自社のチャンスが広がります。米国のスナック菓子やペットケア製品のマース社は、ロシア通貨危機のとき、日米欧の多国籍企業が撤退する中、ロシアに踏みとどまりました。結果、ロシアのチョコレートとペットフードの市場でリーダーとなっています。


不況のときは長期的な視点に立った戦略をとりやすくなります。たとえば、企業が事業の選択と集中を進めれば、短期的には売上や利益が減少します。長期的には業績を向上させるものであっても、平時には投資家に歓迎されないでしょう。不況下であれば、投資家からも納得してもらえます。


不況時は平時では困難な決断も、外部環境の悪化を理由に実行しやすくなります。「人員削減も工場閉鎖もしたくない。しかし、危機的な経済環境のために、やむを得ない」というふうに。


不況時に企業に大きなチャンスをもたらす要因は、実は外的なものより内的なものの方が大きいのです。なぜなら、不況によって企業の内部で変わろうとする機運が高まるからです。不況になれば従来と同じやり方を続けられないことが誰の目にも明白になります。


不況時は優良企業を安く買収できます。高い技術力を持ちながら、金融危機で資金繰りが悪化した優良企業が安く売りに出されています。いま、ソフトウェア大手のオラクルが買収攻勢を仕掛けています。資金の豊富なオラクルにとっては絶好の買い時なのです。


日本には素晴らしい技術があり、目の肥えた顧客もいます。優れたサプライヤーもいて、製品の品質は卓越しています。金融資産も比較的健全です。若い世代が先頭に立つようになれば、日本企業は幅広い産業でグローバルに競争力を発揮できるはずです。


ドナルド・N・サルの経歴・略歴

ドナルド・N・サル。経営学者。英国ロンドン大学経営大学院教授。米国ハーバード大学経営大学院でMBAと経営学博士号を取得。ハーバード大学経営大学院助教授、ロンドン大学経営大学院准教授などを経てロンドン大学経営大学院教授に就任。アメリカの経済誌フォーチュンで「次世代のマネジメント権威10人」に選ばれた。また、世界大手のコンサルティング会社マッキンゼーでコンサルタントとしても活躍した。主な著書に『変革へのコミットメント経営 ハーバードで教える経営者の役割』など。

他の記事も読んでみる

小笹芳央

「偉くならなくたっていい」と公言する人は問題です。スポーツにおいても仕事においても、「勝ち負けに意味はない」というセリフは、おおむね敗者の弁です。個人も企業も、常に上を目指して努力し、やっと現状維持を保てるもの。現状で満足した瞬間から、衰退するのです。


ロバート・キヨサキ

多くの夫婦が経済的な困難に遭遇して苦しむのは、そもそも「自分たちがお金に困ることなんてあるはずがない」と信じ込んでいるからだ。経済的につらい時期は、どんな夫婦にもやってくると覚悟することだ。人生は長い旅路だ。


西多昌規

コミュニケーションを経て嫌いになるパターンの一つに、「自分と似ているところを見つけた」というのがあります。自分と似ている相手は性格が似ているため、好感を抱くはずだと考える人もいるでしょう。しかし、実際は逆のケースが多いのです。なぜ人は自分と似ている相手を嫌うのか。それは、人には自分の悪い点ばかり気にする傾向があるからです。人は自分に似ている相手を前にすると、まるで自分の嫌なところを見せつけられているような気分になり、さらにその現実から心を守るために「あの人とは合わない」と自らに言い聞かせるようになります。いわば自分のコンプレックスから目をそらすために、相手を嫌いになるわけです。


大橋悦夫

サラリーマンによくみられるのは、その日の夕方までに終わらせなくてはいけない仕事を必死になって終わらせても、翌日には別件の期限が迫っていて、またゼロから焦って仕事をする羽目になる、などといった事態。子供のころ、夏休み最後の8月31日は、宿題に追われてたいへんだった人もいるかと思います。それが毎日続いているような状態ですね。「つねに時間に追われている気がして、やる気が出ない」と感じるのも当然でしょう。このように感じるのは、仕事に縛られているから。仕事には期限があるのは当然ですが、時間に縛られることによって、我慢したり妥協したり、自分を抑えることになり、徐々にやる気を削がれてしまっているのだと思います。こんな状態を改善するには、自分が仕事をコントロールするしかありません。たとえば、7月10日が提出期限なら、7月7日を自分の期限に設定して、それまでに仕事を終わらせるようにする。そうすれば、仮にその日のうちに完成しなかったとしても、本来の期限までにはまだ余裕があるので、自分を責めることもなければ、誰かにとがめられることもありません。むしろ、「明日が期限というわけでもないのに、前倒しで仕事している俺ってすごい!」という前向きな気分になれるはずです。


ハロルド・ジョージ・メイ

トップとしての私の役割は、中長期の視点に立った成長の指針を社員に示すこと。特に力を入れているのが外部との連携です。


ホルスト・シュルツ

会社というのは、与えられた仕事をたんにこなす場所ではなく、その人の夢や信念を果たす場所なのです。


澤田秀雄

エイチ・アイ・エスは旅行会社のため、世界各地に支店があり、現地スタッフも多数います。どこの国にもその国固有の文化がありますので、その土地、その土地の習慣や考え方を尊重するのは当然のことです。ですから、文化や商習慣に応じてビジネスのやり方を変えるのは構いません。方法は各支店に任せています。しかし、企業理念や行動憲章といったものは世界共通です。物の見方や考え方、行動様式など、同じ価値観で、同じ方向に向かって進むことが企業として大切だからです。


水木しげる

古今東西の「あの世」のことを調べていて、気づいたことがあります。それは、地獄の様子は場所とか民族とかによって様々異なっていて、それぞれ迫力と現実感に満ちているのに対し、天国の方は世界中ほとんど同じだということです。実に単純なんだ――天国には美しい川が流れ、薄物をまとった美女がいて、美味しそうな食べ物が溢れている。環境が悪くなったのに目をつぶれば、まさに長い不況で暗く沈んだいまの日本こそ天国じゃないですか。それなのに現代人たちは、悲壮な顔をしてあくせく働いています。


今田耕司

「どうやって時代の流れをつかむんですか?」って聞かれることが多いんですが、自分にできることをやり続けていくしかない。人気がなくなっても、続けていればまたチャンスが来ると思ってやる。


原孝(組織戦略コンサルタント)

論理と感情をひとつの方向性で束ねなければ、経済活動は短期間での失速を招き、社会貢献活動も地域に根付かない独りよがりの活動を招いてしまいます。


大西洋

商品数が減れば、売上が落ちてもおかしくありません。ところが新宿本店の改装で陳列商品点数が12%減りましたが、10%以上も販売額が伸びました。環境空間と売上の関係を定量的に分析するのは簡単ではありませんが、以前にも増してお客様がリラックスし、ワクワクしながら買い物を楽しめるようになったことがひとつの要因だと思っています。


加賀見俊夫

今の若い人たちに伝えたいことの1つは「チャレンジする気持ちを持って欲しい」ということです。言われたことを着実にこなすだけではなく、上司からの指示に対して新しいアイデアや変化をつけるといった提案ができるかどうかが大事です。