名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

ドストエフスキーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ドストエフスキーのプロフィール

フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー。19世紀ロシアの小説家。『罪と罰』『白痴』『悪霊』『カラマーゾフの兄弟』『貧しき人々』『未成年』などの名作を残した文豪。社会主義思想を否定し、当時の民衆の苦悩を書き記した。深い心理描写を得意とした作家

ドストエフスキーの名言 一覧

人間が不幸なのは、自分が幸福であることを知らないからだ。ただそれだけの理由なのだ。


あらゆる堕落の中で最も軽蔑すべきものは、他人の首にぶら下がることである。


私は笑い方でその人間がわかるような気がする。全然知らない人に初めて会って、その笑いが気持ちよかったら、それはいい人だと思って差し支えないと思う。


絶望の中にも焼け付くように強烈な快感があるものだ。ことに自分の進退窮まった惨めな境遇を痛切に意識するときなどはなおさらである。


苦しむこともまた才能の一つである。


金がなにより卑しく、しかも厭(いと)わしいのは、それが人間に才能までも与えてくれるからである。


ドストエフスキーの経歴・略歴

フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー。19世紀ロシアの小説家。『罪と罰』『白痴』『悪霊』『カラマーゾフの兄弟』『貧しき人々』『未成年』などの名作を残した文豪。社会主義思想を否定し、当時の民衆の苦悩を書き記した。深い心理描写を得意とした作家

他の記事も読んでみる

陰山英男

「好きなことをする」という生き方は、本人に喜びを与えてくれます。一方で、ビジネスの本質を考えると、それは「多くの人に喜びを与えること」になります。でも、自分が生きる喜びを実感している人でないと、他人にそれを提供することもできないのではないでしょうか。つまり、「他人に喜びを与える」という行為は、「自分が好きなことをする」という延長線上にしか存在しないのです。


鳩山玲人

私のことをハローキティを世界に広めた立役者と評価してくださる方がいますが、私はキャラクターを有名にしたわけではありません。もともとハローキティは海外でも有名でしたから。私は、このダイヤの原石をマネジメントしただけです。


西多昌規

気乗りしない仕事に対する気持ちを軽くする簡単かつ効果的な工夫は、「最初の一歩を楽にする」という方法です。たとえば書類作成が億劫なときは、「とりあえずタイトルだけ書く」こと。すると勢いがついて2歩、3歩と前に進めます。複数のタスクのうち、したい仕事から始めるのも同じ効果が得られます。好きなことをまず行なえば、その流れで気の進まない仕事にもスムーズに着手できるでしょう。


佐久間庸和(一条真也)

私は「おめでとう」や「ありがとう」といった言葉が日常的に交錯するような、心豊かな社会をつくりたい。それを実現するためには、人々の心を豊かにできる企業の存在が不可欠です。さらには、そんな企業になるために必要とされるのが、人間尊重の経営です。


高倉豊

お客の心をつかむには差別化が大切だ。ただ、商品やサービスはどこも同じようなものなので、ライバルを基準にして考えると、結局はわずかな差を大きく見せる針小棒大型のマーケティングになってしまう。


柳井正

自分の行動結果を客観的に分析評価できなければ、失敗を失敗と認めることはできません。しっかりした分析に基づかずに反省し、行動しても傷口は広がるばかりです。どんな時にも冷静かつ客観的に分析し、適切な判断のもとに行動しなければいけない。そのなかにこそ、革新の芽があるのだと思います。


山口仁司

どういうことに挑戦すればうまくいくかなど誰も教えてはくれません。自分でニーズを探し、具体的なビジネスに結びつける事が必要になる。


ロバート・キヨサキ

私はいつでも、「逆境は学びの絶好の機会」と考えることにしている。


菊地敬一

常識に照らし合わせて違和感のあることを僕は決してやらないです。話題性のある会社や経営手法が一時もてはやされたとしてもそれは一過性のものだと思いますから。


稲垣えみ子

生きていくことへの恐怖がなくなったということが大きい。もうほんとにお金をあまり使わないで暮らしているのですが、全然大丈夫、これで十分幸せだと分かった。それがすごく自信になっています。


赤塚保正

先代からは感謝を伝える事の大切さを学びました。相手の方に感謝する時は、3回ありがとうを言うべきだと教わりました。例えば私がお茶をご馳走になった場合、その日は当然「ありがとうございました」とお礼を申し上げます。そして2回目、3回目に会った時に再度お礼を申し上げると、相手の方は「お茶一杯くらいでそこまで仰って頂かなくていいのに」と思うかもしれませんが、その方の心の中に感謝が刻まれます。心に刻まれて初めて、その方に私たちの感謝の気持ちが伝わると思います。


小林喜光

我々経済人も、単に儲ければいいという時代は終わった。社会にどう貢献するか、新しいイノベーションを社会にどう提供できるかが原点。そのことが企業の品格にもつながる。