名言DB

9429 人 / 110879 名言

中松義郎(ドクター中松)の名言

twitter Facebook はてブ

中松義郎(ドクター中松)のプロフィール

中松義郎、なかまつ・よしろう。日本の発明家、国際創造学者、経営者。東京府出身。東京大学工学部卒業後、三井物産を経て不動産開発投資会社イ・アイ・イに入社。専務、副社長などを経てナコー(のちのドクター中松創研)を設立。そのほか、日本文化振興会会長、国際発明協会主宰、世界天才会議主宰などを務めた。イグノーベル栄養学賞を受賞。

中松義郎(ドクター中松)の名言 一覧

巷でみんながやってることを僕がやっても意味がない。何の話題にもなってない、その先をやってるわけ。


これまで3500以上の発明をしてきたが、まだまだ発明するよ。今も500件の発明を進めています。私には死んでいる暇なんてないんだ。


私には死んでいる暇なんてない。発明中のものの中には、すぐに実用化するものから、20年、30年かかるものまであるからね。死んだら完成しないでしょ。


がんが判明し、宣告された余命から2年が過ぎましたが、病気というマイナスをゼロに持っていくだけじゃなく、プラスに持ってきています。発明家としての考え方が、病気を治すときにも役立ったということでしょうね。


アメリカは発明をもって国を興すという憲法だが、日本の憲法にその考えはない。簡単にいうと、労働者と資本家を争わせるようなシステムになっている。アメリカのようにのびのびと発明できる国にするべきだと思いますね。発明によって国を立て直す。僕は出馬して何回もそれを言ったけど、国民が誰も耳を傾けない。だけど僕が言ってることは100年後くらいに「ああ、そうか」と分かるよ。


私は3年前にがんで余命2年だと宣告された。2015年12月に死ぬはずだったんだよ。非常に珍しいがんで、ほとんど完治する可能性がなかった。でも、これは「天が与えてくれたチャンス」だと思った。誰も治せないなら治療法を発明するしかない。そしたら、免疫力を高める「ガンガン食」、運動補助の杖である「ドクター中松A」など10の発明をした。それで生き延びた。


中松義郎(ドクター中松)の経歴・略歴

中松義郎、なかまつ・よしろう。日本の発明家、国際創造学者、経営者。東京府出身。東京大学工学部卒業後、三井物産を経て不動産開発投資会社イ・アイ・イに入社。専務、副社長などを経てナコー(のちのドクター中松創研)を設立。そのほか、日本文化振興会会長、国際発明協会主宰、世界天才会議主宰などを務めた。イグノーベル栄養学賞を受賞。

他の記事も読んでみる

ノーマン・ヴィンセント・ピール

あなたの考え方を変えなさい。そうすればあなたの世界を変えることができるのです。


栗原幹雄

新しいお店のアイデアを思いついたら、すぐ絵にしてしまうんです。テイクアウトのコーヒーショップ、市民農園を併設したカフェ、そば屋……。いろいろ書いていますね。すべて実現させたわけではありませんが、いま展開している店舗は、すべてノートに描いた絵がもとになっています。フレッシュネスバーガーも同様です。


吉野佳秀

部下が精一杯仕事を出来るようにすることが社長の仕事。


寺尾玄

私は「決断」は、「自由の行使」だと考えています。自由というのは、「自分で未来を決めること」だからです。もちろん決断しなくても生きていけますが、決断しないと不自由になる。それだけに「決断する」という行為は、人生においてもビジネスにおいても大きな意味を持っています。


渡辺秀明

人は、あれこれ指図しなくても、意気に感じれば自然と動くものです。嫌々やっている人のお尻をたたいても、思うようには働いてくれません。大事なのは、一人ひとりに自分の仕事の意義を理解してもらい、自発的に発奮してもらえる環境を作ること。


亀井智英

Tokyo Otaku Modeをブランドにする必要があると考えています。単純なEコマースだけだと、アイテム数や価格の競争になるので、いまはよくてもいつかジリ貧になりかねない。ブランドになれば、ここでしか買いたくないというロイヤルティも生まれるし、ほかのビジネスが展開できるかもしれません。


鈴木修

机の上で評論していちゃ駄目。やってみなさい、試してみなさい。


満尾正

35歳を超えると、人体のホルモン分泌量は低下し、筋肉量も減っていきます。体力は衰えているのに、若い頃と同じようなライフスタイルを続けていては、せっかくの夏バテ対策も意味がありません。食事でも運動でも、現在の自分に一番必要なものを見極めることができる。真の健康人とは、そういう人のことをいうのだと思います。


加藤廣

お金に余裕ができたとしても、50代で守りに入ってはいけない。小説家になろうと準備を始めたのは60歳を過ぎてから。10年かけて「信長の棺」を書き上げましたが新人賞に応募しても評価されず、最初は出版社も相手にしてくれませんでした。そのとき、デビューに力添えしてくれたのが、社外で知り合った新聞記者だったのです。私が50代で自己投資をやめていたら、75歳でデビューを果たすことも、小泉純一郎元首相が愛読書だと公言してベストセラーになることもなかったでしょうね。


和田洋一(スクウェア・エニックス)

ある人間が持つ目標の数は、ひとつか2つが適量ではないでしょうか。2つなら「ひとつはやろうかな」という気になりますが、5つもあると全部嫌になってしまい、ひとつもモノにならない。そういうものだと思います。