名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中松義郎(ドクター中松)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中松義郎(ドクター中松)のプロフィール

中松義郎、なかまつ・よしろう。日本の発明家、国際創造学者、経営者。東京府出身。東京大学工学部卒業後、三井物産を経て不動産開発投資会社イ・アイ・イに入社。専務、副社長などを経てナコー(のちのドクター中松創研)を設立。そのほか、日本文化振興会会長、国際発明協会主宰、世界天才会議主宰などを務めた。イグノーベル栄養学賞を受賞。

中松義郎(ドクター中松)の名言 一覧

巷でみんながやってることを僕がやっても意味がない。何の話題にもなってない、その先をやってるわけ。


これまで3500以上の発明をしてきたが、まだまだ発明するよ。今も500件の発明を進めています。私には死んでいる暇なんてないんだ。


私には死んでいる暇なんてない。発明中のものの中には、すぐに実用化するものから、20年、30年かかるものまであるからね。死んだら完成しないでしょ。


がんが判明し、宣告された余命から2年が過ぎましたが、病気というマイナスをゼロに持っていくだけじゃなく、プラスに持ってきています。発明家としての考え方が、病気を治すときにも役立ったということでしょうね。


アメリカは発明をもって国を興すという憲法だが、日本の憲法にその考えはない。簡単にいうと、労働者と資本家を争わせるようなシステムになっている。アメリカのようにのびのびと発明できる国にするべきだと思いますね。発明によって国を立て直す。僕は出馬して何回もそれを言ったけど、国民が誰も耳を傾けない。だけど僕が言ってることは100年後くらいに「ああ、そうか」と分かるよ。


私は3年前にがんで余命2年だと宣告された。2015年12月に死ぬはずだったんだよ。非常に珍しいがんで、ほとんど完治する可能性がなかった。でも、これは「天が与えてくれたチャンス」だと思った。誰も治せないなら治療法を発明するしかない。そしたら、免疫力を高める「ガンガン食」、運動補助の杖である「ドクター中松A」など10の発明をした。それで生き延びた。


中松義郎(ドクター中松)の経歴・略歴

中松義郎、なかまつ・よしろう。日本の発明家、国際創造学者、経営者。東京府出身。東京大学工学部卒業後、三井物産を経て不動産開発投資会社イ・アイ・イに入社。専務、副社長などを経てナコー(のちのドクター中松創研)を設立。そのほか、日本文化振興会会長、国際発明協会主宰、世界天才会議主宰などを務めた。イグノーベル栄養学賞を受賞。

他の記事も読んでみる

石原司郎

同業他社もこぞって事業の多角化を進める中、時代に応じて新たな戦術を編み出していくことが要求されます。手綱を緩めている暇はありません。


ケリー・マクゴニガル

今後一生何があっても金輪際甘いお菓子を食べない、と固く決意すればできる……はずがありませんよね。どうすればいいかと言いますと、「10分間だけ我慢してみる。10分待ってもまだ食べたいなら食べてしまう」と自分を許してあげることです。一生は我慢できなくても、10分間なら電話をかけたり、同僚と何事かを話したりすればやり過ごせます。おやつは甘いお菓子の代わりに、低血糖食品であるナッツにするなど、ちょっとした工夫をすることで変化は起こせるのです。


安田佳生

「走りながら考える」とよく聞きますが、あれほど効率の悪いことはありません。これは私の持論ですが、走りながら考えることはできません。考える時間と、企画づくりなどアウトプットする時間は別物です。作業が遅い人は、考えながら作業しているからです。それではダメなのです。


田村潤

年内最後の2か月でどう準備するかで、来年の勝負は決まる。それほど、準備が重要。


後藤清一(三洋電機)

優れた指導者に共通しているのは、姿勢がよいこと、目がイキイキしていること、そして常に好奇心を持っていることです。姿勢が崩れ、仕事にも関心を示さなくなったら、老化は本物です。


関淳

その国の文化や風習をよく理解し、その上でどうすれば経営哲学を理解、納得してもらえるか、慎重に方法を検討するべきです。しかし、理念の説き方や定着のさせ方が違っても、その基本的な内容は、それなりに理解してもらえるものだと思います。世のため、人のために尽くそうというミッションは、国柄に合わせて得心してもらえるはずです。


大塚万紀子

私たちが大切にしているのは、お客様自身に解決方法を考えてもらうことです。もちろん問いの立て方や課題の抽出方法などはお伝えしますが、私たちがいなくなった後も同様のやり方で自ら進めることが理想だと考えるからです。


千田琢哉

私が経営コンサルタントの職に就いて、これだけはやろうと決めたことがありました。それは、「名刺交換したすべての人に、お礼のハガキを書く」ということでした。競争が激しいコンサルティング業界で勝ち残ろうと、セミナーや経営相談や、度重なる電話や訪問で時間をかけながら緻密に顧客開拓をする同僚が多い中で、自分に合った方法として選んだのがハガキでした。どうせやるなら誰にも真似をできないことをしたい。そこで、出会った人には例外なくハガキを書く、それをまず1年続けよう、と決心したのです。


小島貴子

日本人は質問する力が弱く、授業でも静かに聴くのがいいと考えている学生が多いようですが、それでは社会に通用しません。私の授業では、いつ指名してもすぐに質問できるように工夫をしています。「問いを立てる力」は「意見を構築する力」につながるからです。その点、外部講師の講座では積極的に質問する姿が見られ、頼もしいですね。


中原淳

今年は僕にとって「第2の創業期」です。会社の研究を始めて約10年がたちました。昨年までの研究に「一区切り」をつけ、新たな研究を始めようとまた現場を回っています。現場の方々に読んでいただける付加価値のある研究を生産したいと願っています。


佐藤孝幸

失敗から学べず、また学ぼうとしないのは、自分のやり方に固執しているからです。もし本気で自分を変えたいと思うなら、変化を恐れず、これまで自分がやってきたこととは違うことをやってみるといいと思います。


本多静六

子孫を本当に幸福ならしめるには、その子孫を努力しやすいように教育し、早くから努力の習慣を与え、かつできるだけ努力の必要な境遇に立たしめることである。