名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中松義郎(ドクター中松)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中松義郎(ドクター中松)のプロフィール

中松義郎、なかまつ・よしろう。日本の発明家、国際創造学者、経営者。東京府出身。東京大学工学部卒業後、三井物産を経て不動産開発投資会社イ・アイ・イに入社。専務、副社長などを経てナコー(のちのドクター中松創研)を設立。そのほか、日本文化振興会会長、国際発明協会主宰、世界天才会議主宰などを務めた。イグノーベル栄養学賞を受賞。

中松義郎(ドクター中松)の名言 一覧

巷でみんながやってることを僕がやっても意味がない。何の話題にもなってない、その先をやってるわけ。


これまで3500以上の発明をしてきたが、まだまだ発明するよ。今も500件の発明を進めています。私には死んでいる暇なんてないんだ。


私には死んでいる暇なんてない。発明中のものの中には、すぐに実用化するものから、20年、30年かかるものまであるからね。死んだら完成しないでしょ。


がんが判明し、宣告された余命から2年が過ぎましたが、病気というマイナスをゼロに持っていくだけじゃなく、プラスに持ってきています。発明家としての考え方が、病気を治すときにも役立ったということでしょうね。


アメリカは発明をもって国を興すという憲法だが、日本の憲法にその考えはない。簡単にいうと、労働者と資本家を争わせるようなシステムになっている。アメリカのようにのびのびと発明できる国にするべきだと思いますね。発明によって国を立て直す。僕は出馬して何回もそれを言ったけど、国民が誰も耳を傾けない。だけど僕が言ってることは100年後くらいに「ああ、そうか」と分かるよ。


私は3年前にがんで余命2年だと宣告された。2015年12月に死ぬはずだったんだよ。非常に珍しいがんで、ほとんど完治する可能性がなかった。でも、これは「天が与えてくれたチャンス」だと思った。誰も治せないなら治療法を発明するしかない。そしたら、免疫力を高める「ガンガン食」、運動補助の杖である「ドクター中松A」など10の発明をした。それで生き延びた。


中松義郎(ドクター中松)の経歴・略歴

中松義郎、なかまつ・よしろう。日本の発明家、国際創造学者、経営者。東京府出身。東京大学工学部卒業後、三井物産を経て不動産開発投資会社イ・アイ・イに入社。専務、副社長などを経てナコー(のちのドクター中松創研)を設立。そのほか、日本文化振興会会長、国際発明協会主宰、世界天才会議主宰などを務めた。イグノーベル栄養学賞を受賞。

他の記事も読んでみる

横川竟

平成に入ってからの外食のデフレの原因を、デフレ経済の影響だとする言い方を何度も耳にしましたが、それは違うと思います。デフレ経済の下で、外食産業は商売の基本をおろそかにしたから「外食デフレ」になったのでしょう。経済のデフレとは違うところで起こったデフレです。経済のデフレに便乗して、消費者の期待に応える努力を怠ったことが原因です。新しい価値を創ることができないから、価格でしか勝負できなかったのです。


市川浩子

私は以前、大の口下手でした。しかし、一念発起して心理学を学び直したところ、面白いほど、どんな方とも会話が続くようになったんです。おかげで美容業界で営業をしてた時、新規開拓数ナンバー1の座を5年連続で勝ち取ることができました。まずは、相手を「好きになる」ことから始めるんです。人が「話」を聞くためには、まず「心を開く」必要があるからです。


高原慶一朗

人間の自己実現には3つの「し」、すなわち「志」「師」「詩」が、人生のライフサイクルに共通してある。


ヒラリー・クリントン

私たちが犯した最も重大な過ちは、あまりにたくさんのことをあまりに性急にやろうとしたことだった。といっても、その努力をしたことに関しては正しかったと今でも私は信じている。私たちはとにかく努力をした。そのことを、今でも私は誇りに思っている。


栗城史多

大学時代の先輩は「楽しくなかったら下山しろ」と言っていました。生きて帰ってくれば、必ず次があります。


ジッド(ジード、ジイド)

各人は、驚くべき可能性を内蔵している。君の力と若さを信ぜよ。絶えず言い続けることを忘れるな。「僕次第でどうにでもなるのだ」と。


奥脇洋子

話し上手になるためには、レポーターになったつもりで、人の話をたくさん聞いて情報を増やし、それを別のところで披露する感覚を持ちましょう。ただ、会話には踏み込まない方がいいタブーもあります。一般的に学歴、財産、容姿、病気、相手の癖などの話題は、相手をよく知らないうちは、あまり踏み込むべきではありません。


伊達公子

年齢を経ていくと人生が下降していくようなイメージを持っている人も多いかもしれませんが、私は決してそうではないと思います。たくさんの経験があるということは、それだけ選択肢をたくさん持っているということ。大事なのは、それをフルに活用するつもりで、日々前進することを忘れないことだと思います。


中村繁夫

レアメタル事業部の売却にともない、私はリストラされました。それが起業のきっかけです。リストラの不安があれば、むしろ緊張感をもって仕事に取り組めるでしょう。


三澤千代治

友人の山本幸男と2人で事業をスタートした。山本は十日町高校の同窓で、浪人して2年遅れていた。山本は文系で私は理系。私はせっかちだが、彼はのんびり屋。商売も、私はフローで回転が速いほうが好き、彼はストックの堅実派。着ている服は、私は全部紺で、彼は全部茶色。彼は酒が飲めて、ゴルフが好き、私は酒もゴルフもダメ。彼は歌がうまく、私は音痴。女性の好みも全く違う。しかし、山本も私も事業家の家に育ったせいか、何となく気が合った。仕事を一緒にやっていても、口を開けば逆のことを言う。だが、これが経営のバランスになり、なるほどそういう見方もあったかと気付く。


大坪速男

おかげさまで当社は順調に成長できたのですが、その要となったのは「社員の幸福度ナンバーワン企業をつくりたい」という企業理念にあったと思います。具体的には、「賃金が良くて、仕事が楽しく、社内の人間関係にぬくもりがあること」です。当たり前のことばかりですが、不況時にこの3つの条件を満たすことは容易ではありません。事業がきちんと成長しなければ、社員の幸福もありえないからです。


吉田晴乃

私のような外資の企業にいると、キャリア形成は個々人に責任があるというスタンスです。自分の仕事に対する中長期の目標や研修プランはあなたから発信しなければなりません。成長するも成長しないも遊ぶもあなた次第。