トーマス・クーンの名言

トーマス・クーンのプロフィール

トーマス・サミュエル・クーン、科学史・科学哲学者、パラダイムシフト論の生みの親

トーマス・クーンの名言 一覧

天動説が主流を占めていた頃、天動説に根ざして天文学的な事象を予測するさまざまなモデルが開発された。地動説に立つならば、それらの数式やモデルがもっと無理なく使えるということは、コペルニクスとケプラーが登場するまでわからなかった。彼らが登場してはじめて、天文学におけるパラダイム・シフトが起こり、学問上の飛躍的な進歩が見られるようになったのである。


いついかなる分野においても、科学者というのは世の中の動きについての基本的な見方を共有するものだ。その見方はその時点で支配的なパラダイムなのである。ほとんどの実験は、その見方の枠内で行われいくつかの小さな進歩が生まれる。


次世代のパラダイム(枠組み)に早くから気づくためには、ほとんどの場合、多くの反証を切り捨てなければならない。新しいパラダイムがまだ多くの問題を抱えているそのときに、古いパラダイムに打ち勝つことを確信しなければならない。このような判断は直感によってのみ到達しうるものである。


トーマス・クーンの経歴・略歴

トーマス・サミュエル・クーン、科学史・科学哲学者、パラダイムシフト論の生みの親

他の記事も読んでみる

竹下佳江

チーム力の向上は必須ですが、一方で一致団結と意識しすぎるのはダメな面もあります。「誰かがやってくれる」という個人競技にはあり得ない妥協が生まれるからです。自立した選手が何人コートに立つかが、チームの強さのカギ。


坂根正弘

会社が悪くなるときは、あっという間。それを防ぐため、コマツウェイを浸透させようとしています。


昆政彦

3Mには「15%カルチャー(勤務時間の15%は自分の好きな業務に使っていいという制度)」がありますが、やらない人もいます。あくまでも「やってもいい」ということで、「やらなければならない」ものではありません。上司に言われたことではないので査定外です。それが大事なんです。


河村亮

駅伝のコースの取材では、風や日当たりなどの自然環境や、道路の傾斜も確認します。「この場所では真正面から直射日光を浴びることになるな」「この上り坂は歩きでも相当キツいぞ」などと体感すれば実況する際の言葉の重みが違ってきますし、「徒歩でもあんなに大変だった傾斜を、選手たちは3分5秒ほどで駆け上がってくるんだ」といったデータも自然に頭に入ります。


斉藤惇

謙虚な企業ほど生き残る。逆に自慢するようなところは落ちこぼれる。


黒鉄ヒロシ

「あ、それ、知っている」と言っちゃいかん。トップクラスの会話下手が目の前にいる。その状況を楽しみつつ、最後まで「おー、ほぅほぅ」と聞くのが大人の作法。


三島愼次郎

統合前はばら積み船やタンカーに依存していた。統合で品ぞろえが厚みを増したことで、特定の船舶の需要変動にさらされにくくなった。全体的に受注環境はよくないとはいえ、統合していなければもっと状況は悪かっただろう。


北尾吉孝

基本的に知識として吸収したことは、できるかぎり日常生活の中で実践していく。これが事上磨錬。死んだ学問ではなく実践していく。知行合一が大事だと思っています。


アルボムッレ・スマナサーラ

集中できないときに能率や効率を気にしてはいけません。そんなことを考えた瞬間に心は喜ばず、充実感が遠のきます。


鈴木貴子(経営者)

組織でやろうとすることは、まず個人で率先して取り組む。会社ではフェイス・トゥ・フェイスでしかできない仕事に集中し、あとはモバイル環境を活用して機動的に仕事をする。そうすることで、定時の午後5時には、私が率先して退社するようにしています。


宮津純一郎

技術のトレンドからは必然の動きでも、NTTは100年という長きにわたって電話サービス一本でやってきた会社です。料金を下げろ、インターネットをやれ、マルチメディアもやれと、市場から次々に突きつけられる要求に答えていくのは簡単なことではありませんでした。時々刻々と様変わりする市場の中でNTTが生き残っていくには自らが変わるしかない。電電公社から民営化されたときとは比べ物にならない切迫感がありました。
【覚書き|NTT社長時代を振り返っての発言】


古森重隆

本当にやらねばならぬことであれば、たとえ皆を引きずっていってでも、やらねばならない。リーダーの仕事とはそういうものだ。ただし、そこには最大限の配慮が必要だ。


立石剛

独立というものは、結婚に例えることができます。最初は相手に何気なく興味を持つことから始まり、そこにうまくいく根拠を探し始めて、最終的に「この人となら幸せになれる」と確信できたら、自分の中でGOサインが出たということになります。


守島基博

人というのは、どんなに清廉潔白だと思われる人でも、叩けば少しは挨が出るものである。また、働いていると、挨かそうでないのかわからないものもある。そのため、多くの人は、同僚や部下に半沢直樹のような人間がくることを嫌う。やたらと正義感が強い人が周りにいると、少し居心地が悪いということを考えてみればよい。


橋田壽賀子

私は人を信用しないんです。深入りしたら相手に期待したくなるし、裏切られたら悲しいでしょう。あるところで線を引いて綺麗な付き合いにしていたほうが、気が楽です。


ページの先頭へ