トーマス・ジェファーソンの名言

トーマス・ジェファーソンのプロフィール

トーマス・ジェファーソン。第3代アメリカ大統領。アメリカ独立宣言の中心的な作者でアメリカ建国の父の一人。園芸学、建築学、考古学、古生物学、発明学そのほか多方面の知識に興味を抱き学習・研究を行った。市民なら誰でも一定の能力基準を満たせば学ぶことができる大学をめざし、バージニア大学を創設した。83歳でこの世を去る

トーマス・ジェファーソンの名言 一覧

高慢は、衣食住に必要なものよりもずっと高くつく。


頭に来たら何か言ったり、したりする前に十まで数えろ。それでも怒りがおさまらなかったら百まで数えろ。それでも駄目なら、千まで数えろ。


トーマス・ジェファーソンの経歴・略歴

トーマス・ジェファーソン。第3代アメリカ大統領。アメリカ独立宣言の中心的な作者でアメリカ建国の父の一人。園芸学、建築学、考古学、古生物学、発明学そのほか多方面の知識に興味を抱き学習・研究を行った。市民なら誰でも一定の能力基準を満たせば学ぶことができる大学をめざし、バージニア大学を創設した。83歳でこの世を去る

他の記事も読んでみる

佐々木常夫

自分は何者であるのか。どんな生き方や働き方をしたいのか。その軸がブレることなく、明確であるからこそ、みんなが勇気と希望をもらえるのです。志がない人間には、誰もついてきてはくれません。あなたがまずやるべきは、そうした志が自分の中にちゃんとあるかを問いかけ、明らかにすることです。


野村克也

なぜ俺が常にボヤくのか考えてもらいたい。「理想が高い」んだよ。選手時代も監督時代も、俺は野球に関しては常に高い理想を追い続けた。しかし、理想は高ければ高いほど、現実とのギャップが生まれやすい。「何でや……」という悔しい思いがあるから、ボヤくわけだ。


大宮久

昨今は国内外の政治、経済情勢を見極めることが難しいと感じます。技術革新の速度も速くなっている。競争が激しくなる中で、どんな環境変化にも対応できる安定的な事業構造をつくり、他社と差異化された良質な商品を提供し、競争に勝ち残る企業にしていかなければなりません。当社ではまず、海外売上高比率16%以上を目指しています。これによって為替変動の影響にも耐えられる、バランスのとれた企業にしていきたい。


竹田和平

しがらみ、過去の成功体験や人情がらみに縛られると、うまくいかないね。


谷原章介

頭が回らないときは、いろんなことを考えすぎて疲れているのだと思います。だから、ボーッとする時間を設けます。大抵30分も寝れば回復しますので、昼間のうたた寝は大切だと思いますね。


鈴木義幸

人間が変化を遂げる動機のもとには、「何かを手に入れたい」とか、「何かを失いたくない」という強烈な欲求があります。別の表現をすれば「ポジティブ追求型」か「ネガティブ回避型」のどちらかですが、すべての動機の源泉は欲求にあります。この源泉を大切に扱うことが、将来的なビジョンを描くためには必要です。


南場智子

信頼できる人は、軽々しく他人の情報を売らない人です。「ここだけの話ですが」と他人に関する秘密を話してしまう人が多いですよね。その場にいない他者に対するリスペクトができない人には、重要な情報は話せなくなってしまいます。


山田昇(ヤマダ電機)

家電量販店の業界というのは、都市型から発展して成功したチェーン店はどこもありません。東京・秋葉原から出ていったチェーン店はみな失敗しています。要するに、百貨店と同じというのか、都心部の好立地なお店であれば、お客様が来てくれるんですから。一方、我々はお客様のいない郊外型から出発した会社ですから、どうやってお客様を開拓し、どうやってお店に来てもらうか、ということをずっと考えてきた。


加藤諦三

心理的に健康な人は、失敗した自分をダメな人間だとは思わないで、そこから出発します。悩んでいる人と悩んでいない人の違いはそれだけです。失敗という体験に違いがあるのではなく、失敗という体験の解釈が違うだけです。


野本弘文

来年は創業90周年、その10年後には100周年を迎えます。いままで計画していた鉄道路線の大型投資はほぼ完了し、今後は鉄道収入から得られる安定的な収益を再投資して沿線の方々に喜んでいただけるものを継続的につくり、沿線地域の付加価値を高め、さらに多くの方々の方々を沿線に引き付けて街を活性化させる。そのサイクルを回し続けることが、我が社の使命であると考えています。


山下智弘(経営者)

水に物を落としたときにできる波紋は、大阪より東京のほうが大きい。人生一回きりですから、同じ時間を投資して大きな勝負をするなら、やはり東京だろうと思って一人で出てきました。


溝畑宏

地域を魅力的にするところに必ず突き当たるのは観光。


村上太一

両祖父が会社経営をしていたからか、幼いころから経営者になりたいと思っていました。ちょっと気が早いですが、高校生のころから起業の準備を始めていたんです。ぼんやりとIT企業を起こしたいと考えていたので、システムアドミニストレータ―や簿記二級など、のちに役立ちそうな資格を取りました。また、経営者の方が書いたビジネス書も月に10~20冊ほど読み漁りました。


小池百合子

都政は都庁や都議会などの一部の集団の利益のためにあるわけではない。これまで都政に都民の関心はあまり向けられなかったため、結果として一部の人や組織の利権のために動いているような面があったと思います。こうした点をあらため、都民の利益を最大化したい。そのために掲げた言葉が「都民ファースト」です。これまで「都民ラスト」でしたから。


松田好旦

海外展開はファンドの力を借りればスピードが上がるし、成功確率も高くなる。ファンドとのコミュニケーションを密にすれば、互いを信頼できるようになる。実際、僕が駄目だと思ったときは、はっきりそう伝えて、全てカーライルと一緒に決めてきた。創業家もファンドも、会社の価値を高めたいという思いは同じですよ。


ページの先頭へ