名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

トーマス・カーライルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

トーマス・カーライルのプロフィール

トーマス・カーライル。19世紀スコットランド出身のイギリスの歴史家、評論家、文学研究者。大英帝国ヴィクトリア朝時代を代表する評論家。『フランス革命史』『オリバー・クロムウェル』『英雄崇拝論』『衣装哲学』『過去と現在』『ゲーテ論』などの著作を書いた。

トーマス・カーライルの名言 一覧

羞恥心はあらゆる徳の源泉である。


疑いもなく我々の大きな仕事は、遠くにある不明瞭なものを知ることではなく、手近にある確実なことを行うにある。


健康な人は自分の健康には気付かない。病人だけが健康を知っている。


一度でも心から全身全霊をもって笑ったことのある人間は、救いがたいほどの悪人にはなれない。


人の天性は、良草を生ずるか雑草を生ずるかいずれかである。したがって、折を見て良草に水をやり、雑草を除かなければならない。


失敗の最たるものは、失敗を自覚していないことである。


変化は苦痛を伴う。しかしそれは常に必要なものだ。


理想は我々自身の中にある。同時にまた、理想の達成を阻む様々な障害も、我々自身の中にある。


名声は人間の偶発的な出来事であって、財産ではない。


人間とは何か。人間とは愚かな赤子だ。無為に努力し、戦い、いらだち、何でも欲しがりながら、何ものにも値せず、ちっぽけな一つの墓を得るだけだ。


財産は火のようなものである。非常に有能な従僕であるかと思えば、一番恐ろしい主人でもある。


現在というものは、過去のすべての生きた集大成である。


沈黙は口論よりも雄弁である。


お前が実行することによって獲得した以外の知識は、所有しているとは言えないだろう。


大多数の人々は保守的であり、新しいものをなかなか信じようとしない。しかし、現実の多くの失敗には辛抱強い。


この世における最後の福音は、「お前の仕事を知り、そしてそれを成せ」である。


ジャーナリズムの力は大きい。世界を説得しうるような有能な編集者はすべて、世界の支配者ではなかろうか。


争いの場合、怒りを感ずるやいなや、我々は真理のためではなく怒りのために争う。


人は、人間を着ているものを通して洞察せねばならない。そして、その人が着ているものを無視することを学ばなければならない。


トーマス・カーライルの経歴・略歴

トーマス・カーライル。19世紀スコットランド出身のイギリスの歴史家、評論家、文学研究者。大英帝国ヴィクトリア朝時代を代表する評論家。『フランス革命史』『オリバー・クロムウェル』『英雄崇拝論』『衣装哲学』『過去と現在』『ゲーテ論』などの著作を書いた。

他の記事も読んでみる

三枝匡

日本企業に元気を呼び戻す方法は、サラリーマン化した企業組織を改め、戦闘能力の高い若手人材をたくさん生み出し、世界に勝てる戦略を編み出していく以外にありません。


松永安左エ門

同じものでも考えひとつ。やる奴はやるように考えるし、へこたれる奴はへこたれる方へ考えてしまう。


佐藤廣士(経営者)

中期計画において、我々はオンリーワン製品の連結売上高比率を35%から40%に高めることを目指しています。その実現のためには、現在のオンリーワン製品を改善しつつできるだけ延命させること。そして次のオンリーワン製品を開発することが重要です。


永野毅

僕は「3つのK」と言っているのですが、期待して、鍛えて、活躍する機会をきちんと与えていけば、人は絶対に平等に育っていく。


枡野俊明

最近は「以心伝心」という言葉もあまり使われなくなりました。心を以て、心に伝える。もともとは禅語で、言葉を介さなくても、思っていることが相手に伝わり、お互いに理解し合えるという意味です。本当に親しい人とは、会話しなくても気持ちが通じ合える、わかり合えると思いたいのが人間です。少なくとも家族の間ではそうありたいと誰もが願うはずです。しかし家族でも、一足飛びに以心伝心の関係になるのは難しいことです。親子でもそうですし、もともと違う環境で育った夫婦はなおさらです。だから、日々の会話が大切なのです。


安岡正篤

不老長生とはいたずらに年をとることではない。いつまでも生きる限り、ぼけないで、人生に興味を持ち、情熱を抱き続けて勉強することである。


カーリー・フィオリーナ

会社というものは形がない。ある会社と仕事をするといった言い方をよくするが、実際には会社の人間と仕事するのである。そして世界中どこでも、人は信頼でき尊敬できる人と仕事をしたいと考えている。


小杉俊哉

私は80人ほど、各社のエースと呼ばれる人たちを人事から推薦してもらって話を聞いたことがあります。すると、ほとんどが傍流、もしくは新規事業の経験者でした。他人がやりたがらない、他人が見ていない場だからこそ、変革しやすい。変革して、傍流の部署を立て直したなら、評価は一気に好転します。最近、大手企業の社長に就任する人にも、傍流を経験した人が多い。傍流へ異動になったからといってクヨクヨする時代ではありません。


高見和徳

今後は製品を生み出す側も、消費者が今どんなモノを必要とし、どのタイミングで宣伝をかけるのが最も良いか、という感度の鋭いモノづくりへと変わっていく。


齊藤多可志

人に何を言われても、「絶対にお客様のためになる」と確信できるなら突き進めばいい。常に自分が最高だと思えるものを提供していく努力を続ければ、結果で証明できるもの。


小暮真久

自分に合った、自分が幸せだと思える働き方をわかるのがまた難しい。会社に入って上司から言われたことだけをやっていたら、はっきりいっていつまでたってもわからないと思います。そういう意味でも、幅広い経験が必要なのです。あれこれやってみるなかで、これは受け入れられる、これは受け入れられない、自分の働き方はこうだという軸が出来上がってくるのです。それはつまるところ、自分は何のためにこの世に生まれてきたのかという哲学的な命題と向き合うということにもつながります。


藤口光紀

おかげさまで、営業収入は順調に伸びています。ただ、数値目標に特別なこだわりはないんです。数字は、あくまでも結果です。最近「売上高100億円突破はいつか」と質問される機会が増えましたが、100億円を目指してクラブを運営しているわけではないので、数字だけに注目されるのは、少し違和感があります。