名言DB

9412 人 / 110637 名言

トレイ・ヒルマンの名言

twitter Facebook はてブ

トレイ・ヒルマンのプロフィール

トレイ・ヒルマン。アメリカ・テキサス州出身のプロ野球選手、指導者。マイナーリーグで3年間プレーしたのち、スカウトを経て複数のマイナーチームで計11年間監督経験を積む。その後、テキサス・レンジャーズ育成部ディレクター・フィールドコーディネーターを経て日本ハムファイターズ監督、カンザスシティ・ロイヤルズ監督などを務めた。

トレイ・ヒルマンの名言 一覧

日本の人々は謙虚であることが美徳だと思っているようだが、本当の意味での謙虚さとは「本音」を言うことである。


人それぞれに考え方はあるかもしれないが、チームとして決定したことに全員が同じようにエネルギーを注がないと「和」は生まれない。


トレイ・ヒルマンの経歴・略歴

トレイ・ヒルマン。アメリカ・テキサス州出身のプロ野球選手、指導者。マイナーリーグで3年間プレーしたのち、スカウトを経て複数のマイナーチームで計11年間監督経験を積む。その後、テキサス・レンジャーズ育成部ディレクター・フィールドコーディネーターを経て日本ハムファイターズ監督、カンザスシティ・ロイヤルズ監督などを務めた。

他の記事も読んでみる

石原広一郎

昔から、人間は還暦を迎えると人生の振出しに戻るといわれてきた。私も60歳にしてその古人の言そのままの姿になった。老い先は短いから万事無駄にできないと考えた。


渋沢栄一

交わってためになる友を近づけ、損になる友を遠ざけ、かりそめにも己にへつらう者を友としてはならない。


亀井智英

「日本のオタクコンテンツは海外で人気が高い」と聞いていましたが、本当に人気があるのかどうかはよくわからなかったんです。それでとりあえず実験的にやり始めました。フェイスブックだからお金もかからないし、週末起業みたいな軽いノリでした。


渡瀬謙

営業マンがいきなり「この商品を欲しいですか?」と尋ねたらお客に警戒されるように、相手のことを質問する際は、相手が答えやすい順序で聞いていかなくてはいけません。コツは「過去→現在→未来」の順で聞いていくこと。「この商品はご存知でしたか?」は過去に関する質問で、これは答えやすい。「いまもご利用ですか?」という現在に関する質問に関して、「いまは使っていない」という答えが返ってきたら、「値段が高い」「品質が悪い」など、「使っていない理由」を聞きましょう。そうして、不満や問題点を明らかにし、それに合わせた説明をすることで初めて、相手に伝わる説明になるのです。


有森裕子

負のスパイラルに陥った原因が分からない中、前に進むために何かしなければいけない。行動することで原因が見えることがある。


眞鍋寿男

自分好みのジーンズはどこで売っているのかと考えた時に、どこにもなかった。それなら自分に合うものを自分でつくろうというのが「桃太郎ジーンズ」のスタート。


星野源

出口のないトンネルを歩いているような恐怖感を経て、次第に光が見えるようになり、気がつけば外に出ていて、今まで自分が音楽で開けたことのない扉を開けている。切迫感と不安感で心はいっぱいなのに、やったことがないことを試すのはワクワクして楽しい。トンネルを抜ける快感をバンドメンバーと共有できると、絆のようなものがまた一つ生まれ、チーム感も深まる。


徳川家康

およそ人の上に立って下の諫(いさ)めを聞かざる者の、国を失い、家を破らざるは、古今とも、これなし。


玉木康裕

休日はほとんどないけれど、社員との会話が一番のリフレッシュです。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

リーダーというのは別に偉い人なんかじゃない。本質的にはやりたいことがある人が手をあげてリーダーになればよく、手をあげた以上はやることに責任を持つ人であるべきだ。だから言いだしっぺでもあり責任者でもあるリーダーのほうから、他のメンバーに近づき、関係を深めて、全員でやりたいことの実現を目指すというのは至極当たり前のことなのだ。


安めぐみ

ステファニー(演じる役名)は、実際の私とは全然違うタイプだけど、わかるなあと思う部分もあります。誰でも触れられたくない一面はあるし、それをずけずけと言われたら、私だって「キーッ!」ってなりますから。そういう共感できるところを、演技にも活かしていきたいですね。


齋藤孝(教育学者)

ソクラテスの最大の武器は、相手に質問を浴びせかけることだった。詳しいと自認していることでも、あれこれ細かく聞かれると、詳しく答えられない部分がある。それでも返答し続けたり、複数の返答をしているうちに矛盾点が生まれることもある。想定外の角度から質問を受けて、返答に窮することもあるはずだ。ソクラテスの狙いは、こうして相手に「気づき」をもたらすことにあった。わかっているはずのことを分かっていなかったと気づけば無責任な言論は控えて、さらに研究を重ねて分かろうと努力するはずだ。つまり、うぬぼれずに無知であると自覚することが第一歩。これは、いわゆる「無知の知」だ。この手法は、現代のビジネスパーソンも応用できるだろう。


西村元延(経営者)

1971年に社名を「丹頂」から「マンダム」に変更、ハリウッドスターのチャ-ルズ・ブロンソンを起用した斬新なCMが話題を呼び、商品も爆発的にヒットして、男性化粧品の一時代を築くことができました。これにより、従来取引の無かった流通からも多くの引き合いをいただいたことが、結果として、経営に驕りのようなものを生んでしまったのかもしれません。その後、わが社は危機的状況に陥ってしまいました。やむなく、社員を半分まで合理化せざるを得ないと全社員に告げた時の、先代社長の悲痛な声や姿が、今も脳裏に焼き付いています。


藤堂高明(経営者)

自分が決意して、自分自身が頑張ろうとすると、良いことも悪いことも自分に返ってくるんだということに気づいたところから、どんどん拠点が増えてきました。もともと1億5千万円だった年商が、2年前には30億を超えて、去年は40億と。今期は50億円を目指してやらせていただいています。


アルベルト・ザッケローニ

日本人だからおとなしいということは、一概に言えないところでしょう。どの国のチームも一緒です。おとなしい選手がいれば、おとなしくない選手もいるわけです。就任当初も、日本の選手は創造力に欠けるとか、ゴールに向かう姿勢が足りないとか、いるんなことを言われたけれど、自分の目で見たらそんなことはなかった。結局、ゴールをたくさん獲れるチームになりました。