名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

トレイ・ヒルマンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

トレイ・ヒルマンのプロフィール

トレイ・ヒルマン。アメリカ・テキサス州出身のプロ野球選手、指導者。マイナーリーグで3年間プレーしたのち、スカウトを経て複数のマイナーチームで計11年間監督経験を積む。その後、テキサス・レンジャーズ育成部ディレクター・フィールドコーディネーターを経て日本ハムファイターズ監督、カンザスシティ・ロイヤルズ監督などを務めた。

トレイ・ヒルマンの名言 一覧

日本の人々は謙虚であることが美徳だと思っているようだが、本当の意味での謙虚さとは「本音」を言うことである。


人それぞれに考え方はあるかもしれないが、チームとして決定したことに全員が同じようにエネルギーを注がないと「和」は生まれない。


トレイ・ヒルマンの経歴・略歴

トレイ・ヒルマン。アメリカ・テキサス州出身のプロ野球選手、指導者。マイナーリーグで3年間プレーしたのち、スカウトを経て複数のマイナーチームで計11年間監督経験を積む。その後、テキサス・レンジャーズ育成部ディレクター・フィールドコーディネーターを経て日本ハムファイターズ監督、カンザスシティ・ロイヤルズ監督などを務めた。

他の記事も読んでみる

ドナルド・トランプ

新しい考え方や新しい情報に心をオープンにしておくのは大事だ。何でもわかっているつもりでいると、素晴らしい発見やチャンスへの扉を閉ざしてしまう。


豊田章男(モリゾウ)

私にはこうすればいいという明快な回答はない。でも、もっと多くの笑顔が欲しいとか、昨日より今日を良くしようという意志は強い。絶えずベター、ベター、ベターで会社が動かなければ、持続的成長はできません。そう言い続けてきたことで、現場のリーダーたちが自分で考え、悩み、案を出す。回答を言わないが故に、私が考えるより優秀なアイデアが「リーダ一ズ」から出てくるので、それを活用する。そのスパイラルを増やした方が、これだけの規模の会社にはいいのです。


星野佳路

セオリー通りでは、どうしてもクリアできない課題もある。そんな課題を解決してくれるのが「感性」。これからのビジネスは特に、職種を問わず、「感性に基づく発想」が重要になってくる。


井深大

米国の方々の会社から招へいがあったが、江崎君と相談の上、江崎君の今後の研究を本当に生かす最善の方法としてIBMに移ることを決めた。世間では喧嘩別れをしたのと、どうのと大変やかましいことだったが、私はあくまで彼の才能を伸ばせるだけ伸ばすための処置だった。
【覚書き|ソニー社員だった江崎玲於奈氏がエサキダイオードのトンネル効果理論を発表した当時を振り返っての発言】


早川種三

再建という仕事でいうなら、会社を立て直すには、まず自分が苦渋を飲み、苦境を耐え忍ぶ覚悟がなければなりません。銀行や取引先などの債権者に債権の一部をカットしてもらう、あるいは猶予してもらうのが再建業務の第一歩ですが、債権者にそうした負担をかけるからには、こちらも彼らに十分納得のいく厳しい再建策を打ち出さなくてはなりません。


鈴木修

私は、いざというときトップが直接乗り込むことは非常に大切だと思います。細かい話だけならディテールに通じた部長や課長のほうがうまくまとめるかもしれませんが、トップが動かないといけない局面があります。こちらがどれほど本気か、そのメッセージを伝えるには、トップが出ていくことに非常に大きな効果があると思います。


千本倖生

経営者には何よりも強い思いと熱意が必要。


藤本やすし

自分の周囲からの見え方を意識しているかどうかは、言い換えれば、自分のブランディングを考えているかどうかなのです。それを持っている人は強いですね。


楠木新

大事なのは、仕事をないがしろにしないことと、直属の上司や周囲の仲間との関係を良好に保つこと。私は在職時代から執筆活動をしていましたが、本が売れたときやテレビに出たときも、会社では自分からは何も言いませんでした。「もう一人の自分」を着実に育てるためには、会社や一緒に働く同僚に対する気遣いは最低条件なのです。


高橋勝浩(コンサルタント)

最近のB2B営業は情報戦です。質、確度、鮮度の高い、非公開の情報を仕入れ、社内の関連部署にフィードバックし、先方にとって魅力的な提案に結びつけることが成果につながる。


三村明夫

中には、儲かればいいんだと、そういう人がいることは確か。それ自体を否定したらいけないが、同時に日本の多くの企業人は、社会への貢献とか従業員の幸せ、ステークホルダーに対する奉仕はある程度やっていると思う。収益をあげるのは当たり前だけれども、公共の福祉とバランスさせなければいけない。


住野よる

『君の膵臓をたべたい』をアップした「小説家になろう」というサイトには、読んだ方が書き込めるコメント欄があるんですね。最初の一人の方からコメントが来た瞬間のことは、今でも忘れられないです。僕のことを知らなくて、人の評価もなんにもない状態であの長い小説を最後まで読んで感想を書いてくださって……。そうか、自分はあの一言のために小説を書けばいいんだなって思ったんです。本屋さんで、僕の本を手に取った人が面白いって、大切だって思ってくれる一瞬のためだけに向かっていけばいいんだなって。