名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

トルストイの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

トルストイのプロフィール

レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ。ロシアの小説家、思想家。ロシア文学を代表する文豪。文学、政治、社会など広範囲に影響を与えた人物。カザン大学を中退後、農地経営に乗り出すも失敗。放蕩生活を送ったのち、コーカサス砲兵旅団に志願し入隊。24歳で執筆した『幼年時代』が好評を博す。その後、作家活動とともに、様々な社会活動、慈善活動を自ら行った。代表作に『戦争と平和』『アンナ・カレーニナ』『復活』など。

トルストイの名言 一覧

幸福になりたいと思い、幸福になろうと努力を重ねること、これが幸福への一番の近道である。


幸福な家庭の顔は、お互い似通っているが、不幸な家庭の顔は、どれもこれも違っている。


トルストイの経歴・略歴

レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ。ロシアの小説家、思想家。ロシア文学を代表する文豪。文学、政治、社会など広範囲に影響を与えた人物。カザン大学を中退後、農地経営に乗り出すも失敗。放蕩生活を送ったのち、コーカサス砲兵旅団に志願し入隊。24歳で執筆した『幼年時代』が好評を博す。その後、作家活動とともに、様々な社会活動、慈善活動を自ら行った。代表作に『戦争と平和』『アンナ・カレーニナ』『復活』など。

他の記事も読んでみる

坂本孝

私が最終的に目指すのは、単なる事業の拡大ではありません。一緒に働く人が、自分の仕事に誇りを持ち、待遇面でも精神面でも幸せを感じながら働くことができる。そんな場所を創ることです。


和地孝

私は経営者として、「人はコストでなく資産である」と訴えてきました。ところが最近は、「ヒト、モノ、カネ」と言うべきところ、「カネ、モノ、ヒト」になってしまっている。おカネが主役でいいのでしょうか。人をつくらずによい製品はつくれないというのが、私の信念です。


江上治

ロードマップのない人生は、自分がどこに向かっているか分からない。これはつまり、どこに向かって進んでいるかが、さっぱり分からない難破船のようなものである。危険な人生と言っていい。


小川淳司

選手をじっくり観察していれば、適切な接し方がなんとなく見えてきます。


中村紘子

近年は国際的に活躍する日本人女性ピアニストも増え、私がデビューした1960年代とは隔世の感があります。大ピアニストのウラジミール・ホロヴィッツ氏は「東洋人と女にはピアノは弾けない」という”迷言”を残しましたが、そういう時代だったのです。もっとも、私の場合は各地での人とのつながりが支えになりました。駐日米国大使だったマイケル・アマコスト氏夫人のボニーさんは今も大親友で、米国でのツアーのたびに開いた彼女らとの「女子会旅行」は楽しい思い出です。


張忠謀(モリス・チャン)

もしある社員が午前8時から午後6時半まで仕事をしたとすれば、6時半以降のその社員の判断力はあまり信用したくない。


猪瀬直樹

先入観を壊すには、言葉の使い方をプラスに変えるのもひとつの方法。これがすべてのものごとに対してできるようになったら、しめたもの。目の前に広がる世界は、ガラリと変わるはず。


伊藤慎介

コンセプトカー「Camatte(カマッテ)」に乗った瞬間に「こういうクルマなら自分も欲しいし、世の中の人もそう思うのではないか」と思った。「やるなら本気でやりましょう」という話になって、リモノという会社を立ち上げることになった。


リチャード・カールソン

一人きりの時間を持つと、その日の騒音や混乱が和らいでいく。一人きりの時間を持つと、本当に心がほっとして穏やかになる。ほんの十分の瞑想でもいい、毎日一人きりの静かな時間を持とう。


樋口武男

石橋信夫オーナーに出会えたことは幸運でした。会社と社員と家族、協力会社のことを常に思う人だった。「この人は本物の経営者だ」と思いました。大和ハウスが今あるのは、オーナーのおかげだと心底思います。


所ジョージ

今でも、お金を使わずにジャンジャン楽しめる。たとえば、使い切ったボールペンのバネを抜き出して取っておくの。別にその瞬間は何かに使おうとか決めてないけどね。ただ捨てるのももったいねーなあって。そうしたら、車の玩具の車高を高くするスプリングにちょうどいいと、ある時気づくわけです。改造する部品に使ってダダで楽しく遊べた。だから、お金がないとか、運が悪いから面白くないって言ってる人って、きっとその人自身が面白くないんじゃない? 今の自分を面白くしようと考えてみない人は、お金が増えても、運が回ってきても、つまんないと思うよ。


岡本真一郎(心理学者)

近年になって「ハラスメント」の考え方が日本でも定着したことで、パワハラ問題が表面化したわけですが、もともとこのような人々は世間にたくさんいました。酷い暴言を吐きながら「今年の新人は打たれ弱い」などとあざ笑う。そしてそんな駄目上司はいまだ数多く野放しにされていますなぜそんな事態になってしまうのか。シンプルに言えば、自分にゴマをする居心地の良い人間ばかりを引き上げる「上司の上司」の問題であり、さらにその上の上司が……と突き詰めていけば、日本の組織が抱える「構造的な問題」だと言えます。