名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

トム・フォードの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

トム・フォードのプロフィール

トム・フォード。アメリカのファッションデザイナー。グッチ、イヴ・サンローランのクリエイティブ・ディレクターとして活躍した人物。マドンナや、ミック・ジャガーの妻ビアンカ・ジャガーなどの有名人をファンに持つ。仕事中毒者としても有名で平均睡眠時間は2、3時間で超人的な仕事量をこなした。

トム・フォードの名言 一覧

ファッションデザイナーとして、私は常に自分がアーティストではないことを知っていた。なぜなら私は、人に売られ、市場でマーケティングされ、使われ、そして最終的には捨てられてしまうものを作っていたのだから。


トム・フォードの経歴・略歴

トム・フォード。アメリカのファッションデザイナー。グッチ、イヴ・サンローランのクリエイティブ・ディレクターとして活躍した人物。マドンナや、ミック・ジャガーの妻ビアンカ・ジャガーなどの有名人をファンに持つ。仕事中毒者としても有名で平均睡眠時間は2、3時間で超人的な仕事量をこなした。

他の記事も読んでみる

江崎利一

最近よく「長寿の秘訣は何か」と人に聞かれる。しかし、私の健康法に奇策はない。平凡なことをひとつひとつ積み重ねていくだけである。


森川宏平

今、化学業界全体が非常に良いと言われますが、この状況は非常に珍しく、何年も続くとは思っていません。その意味でも、我々が持っている13の事業で、どこが良くなり、どこが悪くなるかを1つひとつ見ていく必要があります。


石田淳(コンサルタント)

なぜ、評価することが重要なのかというと、人は「行動→良い結果を得られる」ということがわかると、その行動を続けることができるからです。逆に言えば、良い結果(ここでは評価)を得られなければ、それ以上続かないのです。評価には、昇給や賞与といった「金銭的報酬」と、可視化できない貢献や取り組みを賞する「非金銭的報酬」の2種類があります。このうち、実は後者をうまく使っている会社が、高い生産性を維持しています。


目床明彦

創業以来、「ありがとうを広げる」を理念に掲げてきました。「言霊(ことだま)」といわれるように言葉には魂があり、良い言葉が広がれば、それがコミュニケーションにつながって時代を変えていく力になります。そんな言霊の中でも「ありがとう」は最も大事な言葉です。


松本晃(経営者)

海外企業との提携や交渉は片手で握手し、もう一方の手では殴り合う。そういうものでもあることを忘れてはいけない。


田村仁(クリエイティブディレクター)

年齢や性別、性格、業種などによって、お客様の感じ方は異なります。ですから、それぞれのお客様に合った商品キャッチフレーズを使い分けられるようになったら、営業マンとしては完璧でしょうね。


大前研一

デンマークやフィンランドでは、21世紀の終わりからそれまでのティーチャーに代わって、一緒に考えたり、議論の進行を手助けしたりする役目のファシリテーターを学校に置くようになっている。「ティーチ」という概念は答えがあることを前提としている。しかし21世紀には答えのない世界での競争に勝たなくてはならない、ということに気がつけば、答えを教えるだけのティーチャーはスマホで置き換えられる。答えを見つけ出すプロセスを身につけるのを助けるファシリテーターは、文科省のどこを探しても出てこない発想である。


夏野剛

たとえば2人の部下を使って3年連続で目標を達成した。そのような成功を収めたときに初めて市場価値が高まります。だから30代は正念場です。人を使ってとにかく成果を出すことが大切です。


長隆

母が口癖のように言っていたことがあります。「嫌な思いをすると、必ずいいことがあるよ」と。これは、私への教えというよりも、自分自身が生きていく上で、必ずそうなると念じていたことなのだと思います。


安田隆夫

ビジョナリーカンパニーの要諦は、「カリスマ経営者を必要としない、明確なビジョンと理念に裏づけられたチーム経営」という点にある。


町田勝彦

加速し続ける海外生産にストップをかけなければ、いずれ日本の生産技術は消滅してしまうという危機感が、私の中でだんだん大きくなっていった。日本で育てた最先端の生産技術が海外に流出する懸念だ。中国をはじめアジア各国のハイテク技術がどんどん向上していく中、安易な海外移転を繰り返せば、日本が長年かかってつくりあげてきた生産技術は、彼らに習得されてしまう。そうなれば、製造立国・工業立国日本そのものが危うくなってしまう。


鳥越俊太郎

アメリカから日本を客観的に見たことは、僕にとって大きな収穫でした。あの選択があったからこそ、今の自分がある。
【覚え書き|41歳でアメリカに1年間職場留学したことを振り返っての発言】