トム・ピーターズの名言

トム・ピーターズのプロフィール

トム・ピーターズ、トーマス・J・ピーターズ。アメリカの経営コンサルタント。コーネル大学で土木工学の修士号取得後、スタンフォード大学経営学の博士号を取得。海軍、ペンタゴン、ホワイトハウスなど政府機関に勤めた後、米国の大手経営コンサルティング会社マッキンゼーを経て独立。ロバート・ウォーターマンとの共著『エクセレント・カンパニー』は将来の会社組織についてかなりの予測を的中させた。同書は世界的ベストセラーとなった。

トム・ピーターズの名言 一覧

革新はビジネスの本流から遠く離れたところで発生する。


リーダーシップを発揮する機会は、誰にでも、そして毎日ある。


年齢と熱意は必ずしも相関しない。


リーダーはチームメンバーの奉仕者であり、個々のメンバーの能力を遺憾なく発揮させ、最高のパフォーマンスを得るために尽くす存在。


強い信念を持たないビジネスマンにリーダーシップは宿らない。自分の信念をエネルギーや情熱を持って相手に伝えることこそがリーダーシップだ。


コミュニケーションには衝突もつきものだ。しかしそれを恐れてはいけない。


縛り付けることだけが目的のルールでは従業員たちは創造的な活動を封じられてしまう。だから超優良企業は現場において自主性を強調する。


組織を動かすには、現場で働く多くの人々に仕事を理解させることが必要であり、そのためにはすべてを単純化することこそが真の解決策である。


自分たちが熟知している業種に固執するほうが卓越した業績を挙げていることが多い。


心のこもったアフターサービスを受けた顧客は決してその会社のことを忘れない。


革新的な企業は社内に優秀なリーダーがいるだけでなく、大勢の創意ある社員を抱えている。


顧客の声に耳を傾けることで、平凡な商品であっても、その改良アイデアを見つけ出し、差別化できる。


自分の腕を磨き、革命の時代を生き抜かねばならない。


これからの時代、私たちはよりエクセレントであることを求められる。


社員は機械のパーツを入れ替えるように、前任者と同様の働きをするわけではない。ハードウエアにしか注力しない企業はいつしか破綻する。


大企業のありようを見ていて残念に思うのは、スタートの時点ではちっぽけだった企業を大企業たらしめた原動力、つまり革新性を失っていることだ。


どんな職業であれ、偉大な力を出す人と、人並み以下の力しか出せない人の差は、日々自己改革する想像力と熱意をもつか否かで決まる。


社員が100人であっても、10人であっても、市場で大きな存在感を示せる会社は存在する。彼らを支えるのは自前のイノベーションで市場にインパクトを与えようという精神だ。


熱意が衰えたときにリーダーは素直に一線を退くべきだ。そうしなければ、いずれチームは信念を失い、挑戦する気概を失い、面白みのない製品しか生み出せなくなるだろう。


何かことを起こそうとすれば衝突することは避けられない。しかしお互いがよりよいものを生み出そうとしているならば、ぶつかったとしても、いずれは尊敬できる関係になる。


歴史の教科書に載っている偉人に、一人たりとも「ノーマル」な人物はいない。彼らは何かを変えてやろうという情熱を持ち、戦いに勝った人々だ。そういった人は時にクレージーであると攻撃されることもある。周りの声に悩まされた者もいるだろうが、彼らは、自分がいい仕事をすることに集中した。


起業家精神とは資金を集め、会社を立ち上げることのみを指すのではなく、よりよい仕事をしたい、新しいことを学びたい、自分が所属するコミュニティに対して価値を生み出していきたいと考える本能のようなものだ。


超優良企業はコミュニケーションに力を入れている。例えば世界最大級のガラス製造メーカーであるコーニングは、新しいビルにエレベーターの代わりにエスカレーターを配置して、すれ違いざまに人と人が顔を合わせる機会を多くした。


個人を尊重することで、末端の社員までもが品質・生産性の向上に貢献する風土ができあがる。従業員自身に自分の運命を決めさせることで目的意識を持たせるのだ。


超優良企業は行動を重視する。意思決定の際に分析だけを偏重するのではなく、トライ・アンド・エラーを信条とする。製品開発においても実験精神が旺盛で、次々と消費者にアイデアをぶつける。経営者自身、社長室や会議室にこもっているのではなく、現場に出向き、顧客と話をする。


下手をするとクビになることを知っているから、大企業の若いエンジニアや商品開発部隊を放っておくと、失敗のリスクを恐れ、陳腐な製品しか生み出すことができなくなる。危険を承知で挑戦することが当たり前であり、挑戦しないことが企業の業績を危うくするという組織文化を醸成することが重要なのだ。


ほとんどの場合、大企業は技術革新を生み出すような想像力ある情熱家たちを許容できない。というのも、革新はビジネスの本流から遠く離れたところで発生するからであり、そういった技術は発生の初期にはあまり有望には思えず、そんなものに偏執する人々は組織の論理からすれば非合理な存在として抹消されてしまうのだ。


あなたの価値は常に新しいことを学び続け、今まで以上に広範囲の人々とともに仕事をし、そして起業家としての精神を持つことができるかどうかにかかっている。


私にとって「生き抜く」という言葉は、他人を押しのけて自分だけが上にいくことを意味しない。ある人物の価値は、一人で何ができるかということではなく、一緒にプロジェクトを進めていく仲間たち、そして仲間とともにつくり上げた成果物によって評価されるからだ。


自分に市場価値を見いだされ、必要とされることができるかどうかということは、政府の施策や、有能な上司がいるかどうかということには左右されない。


組織のソフト部分に気を配り、企業の成長のために人こそが重要な資源であると理解している企業であれば、貧欲に知識を求め、新たな出会いを探し、仲間と励まし合い、高め合い、価値を創造できる人材を、簡単に機械で置き換えることはしないだろう。


トム・ピーターズの経歴・略歴

トム・ピーターズ、トーマス・J・ピーターズ。アメリカの経営コンサルタント。コーネル大学で土木工学の修士号取得後、スタンフォード大学経営学の博士号を取得。海軍、ペンタゴン、ホワイトハウスなど政府機関に勤めた後、米国の大手経営コンサルティング会社マッキンゼーを経て独立。ロバート・ウォーターマンとの共著『エクセレント・カンパニー』は将来の会社組織についてかなりの予測を的中させた。同書は世界的ベストセラーとなった。

他の記事も読んでみる

養老孟司

女房に最初やられたとき、こういうプリンシプルで一生やられたらかなわないなと思った。それで妻を変えようとするじゃない。そうすると、ものすごい反応があって、晩飯が食えなかったり、茶碗が割れたりした。だから反省したわけです。これは割にあわないと。コスト計算すると、僕の考えを変えたほうが安くつく。だから今は、何ごとも「奥様のおっしゃる通りでございます」。


磯崎功典

40歳、50歳になってからいきなり大きな仕事を任されても、成し遂げるのは難しい。若いころから自分で決めて修羅場をくぐり、世の中の厳しさを知る経験をしてほしい。失敗してもその人を潰しません。会社とは人の塊ですから、それによって力が発揮されるようになると思います。


門昌央

自分の意見を主張できない人は、他人に対してノーを言えない。だから、上司から急な仕事を頼まれて「嫌だな」と思っても、「はい」と答えてしまう。本人は上司に認められたいという気持ちが強いのかもしれません。それで本当に認められればいいですが、かえって「こいつは何でも引き受ける便利なやつだ」と、甘く見られることもあります。


朝香聖一

営業担当者は「技術連絡書」という書類をつくります。ベアリングにどんな性能を求めているか、お客さんから聞き取って、こちらの開発陣に伝える書類です。本来は私が技術者から聞き取って作成するものですが、私は顧客の技術者に直接書いてもらうことにしたのです。「モーメント荷重」と言われても文系の私にはよくわかりませんが、日立の優秀な技術者は専門用語を駆使して的確な書類をつくってくれます。するとこちらもお客さんの要求を満たしたベアリングがつくれます。後は当社指定で発注が下りてくるのを待つばかりです。


長内厚

ハーバードビジネススクールの故ウィリアム・アバナシー教授は、自動車メーカーの工場を観察し、無駄の多い工場からは新しいアイデアが出てくるが、無駄の少ない工場からは新しいアイデアは出てこない傾向があることに気づき、これを「生産性のジレンマ」と呼びました。新しいアイデアを生み出すには、効果の追求が必要です。効果とは、多様性のことです。様々なアイデアに基づきトライ・アンド・エラーを繰り返さなければ、新たな価値は生まれません。製品には必ず当たり外れがありますから、それを数多く繰り返せるほうが効果的です。ただし、そこには必ず無駄が存在します。現代のように、顧客のニーズが明確にわからないときには、無駄を許容して、新しいものを試すことが重要です。


小杉俊哉

居心地の良いところにいるだけでは、成長がありません。あえて違和感のある環境に身を投じることも必要なのです。


佐々木かをり

私は自分の頭の中に失敗と言うフォルダーを持っていないんです。ですから、失敗から学んだことにスポットライトを当てて、学びのフォルダーに入れています。いま学んでいる最中で、どうもしっくりといかないなという案件に関しては、保留中というフォルダーへ。かなりの楽天家で、自分でいいように物事を考えていますね。


佐野末四郎

自転車屋になりたくて、自転車を作っているわけじゃないですよ。祖父や父から引き継いだ技術を親しみやすい形で見てもらいたかっただけ。オレは船大工です。


北野宏明

我々がロボット事業を再び手がけるのは、機が熟しつつあるという認識に基づくものだ。企画している製品には、まだ市場が存在しないような、まったく新しいジャンルの製品もある。市場がどんな方向性で発展するかわからないため、「単発」での勝負は考えていない。複数の製品を次々と展開していく予定だ。そうした製品群が、他社製品やサービスも含めてネットワークで連携することで、全体のサービスがより充実していくという「エコシステム」をつくっていきたい。「点」ではなく、「面」で展開していくイメージをもっている。


柳井正

誰も期待しないのであれば、少なくとも自分が自分に期待しないといけない。


枡野俊明

物事がなんとなくうまくいかないとき、負の気分を変えたいときなどには朝の掃除をお勧めします。身の回りがきれいになると、誰もが「ああ、気持ちいい」と、すがすがしい気持ちになるはずです。


佐藤孝幸

時間を有効活用するために、私は、一つの科目に没頭するのではなく、複数の科目を同時並行で進めるようにしていました。人は、同じことをずっとやっていると、飽きてくるものです。目先を変えることで、集中力が保てますし、科目ごとの勉強量に偏りができるのも防げます。


梶原潤一

私は数字だけで判断するのは極力、避けることにしています。現場を自分で見る。それをやっておかないと、大きな間違いをする恐れがありますから。


阿部俊則

構造改革前はどちらかというと、個人の力重視、マンパワーでやっていましたね。しかし、反省しました。今は組織力重視になってきています。営業利益率で振り返るとリーマンショック時で3%台でした。その後4%台、5%台と上がり、今期は6%まで持っていきます。


小林大輝(小説家)

エンターテインメントって、読者に、こういう反応をしてほしいという狙いを持つもの。僕はそれをしたくない。したところで、読者は見抜けるだろうと。僕は常に読む人の方が上だと思っているんです。この小説にもしエンターテインメント性を感じていただけるのだとしたら、エンターテインメントを意識しないことが、僕のエンターテインメントということなのかなと。


ページの先頭へ