名言DB

9413 人 / 110706 名言

トム・ケリー(IDEO)の名言

twitter Facebook はてブ

トム・ケリー(IDEO)のプロフィール

トム・ケリー。アメリカのデザイナー。デザイン・コンサルティング会社「IDEO」共同創業者。オハイオ州出身。兄デイビッド・ケリーとともにIDEOを設立。

トム・ケリー(IDEO)の名言 一覧

新しい発想を得るための方法は3つ。

  1. 必ず共感から始める。つまり、何事も否定から入らずにアイデアを拡大していく。
  2. もっと実験していく。失敗を機会と捉える。
  3. 社内に眠っているアイデアを活用する。

今後企業が成長するためには、どのようにして組織内のアイデアを吸い上げ、学びを実践していけるかにかかっている。


行動を変えるヒントは「問いかけ」にある。問いかけを変えていくことで、人の行動も変わっていく。


プロジェクトで成功できるかどうかは、どれだけの数の実験ができるかで決まる。


失敗をもともと実験の一過程として捉えれば、その失敗は自ずと新しいチャレンジに紐付いていく。科学的アプローチと同じで、「トライ・アンド・エラー」を繰り返していくことが大切。


若い社員でもすごく面白いことを考えている場合もある。でも、そのアイデアや意見はどこかで止まって、上層部の耳まで届かない。あるいは、そういう人材の存在、アイデアが眠っているということさえ知らないマネジメント層がたくさんいる。組織内でフラットに意見を言い合えないことの代償は大きい。


掃除機で有名なダイソンの創業者、ジェームズ・ダイソンが成功したのは、実験を恐れていなかったからです。彼は、最初の掃除機を出す前に、5127個の試作品をつくりました。つまり、5127回失敗しているわけです。ですからクライアントにも、「もっと実験をしてほしい」とお願いしています。


共感がなければ、「なぜこのプロジェクトを行うといいのか」というユーザーの本質的なニーズを見落としてしまう。さらに、共感という腹落ち感があれば、現場の社員と意思決定をするマネジメント層のズレも起こりにくくなる。


我々はプロジェクトを必ずリサーチからはじめます。私たちが行うのは、気づきを得るためのリサーチなので、いわゆるマスの平均値を取る「マーケティングリサーチ」とは方法が異なります。多様な属性のユーザーの行動や感情を、時間をかけて対話をしながら深く観察します。


何か新しいことをしようとすると、不確実性を突き詰めるために否定や批判から入ることが当たり前のような風潮が、日本にはあるように感じます。しかし、それではアイデアの芽は育っていかず、自由闊達な議論が起こりにくい。否定から入るのではなく、むしろ私たちは共感からはじめることを大前提に掲げています。


日本人は分析的思考や論理的思考に関しては、もうかなり高いレベルにまで達しています。でも、新しい発想を得るためには、これまでとは違う新しいアプローチが今後ますます求められていくでしょう。


日本企業の行く末を悲観することはありません。アップルの最初のマウスをデザインしたときのことです。当時、スティーブ・ジョブズは「そのマウスのデザインをくれないか」と言ってきました。一方で、松下電器産業(のちのパナソニック)の担当者は我々のコンサルティングに対して「デザイン部門の予算ではなく、人事部の予算から費用を出す」と言いました。つまり、アップルがモノに価値を見出したのに対し、松下電器産業はモノを生み出すためのアプローチや考え方そのものが自分たちの社員に必要だと言ったのです。この話からもわかるとおり、日本人は学ぶのが好きです。そして社員を育成するというマインドを強く持っています。


当社では失敗したら罰するのではなく、行動を起こしたこと自体を評価するようにしています。今日、どの業界でも進化し続けることが必要です。コストが安い、もしくは魅力的な製品をつくる企業は次々に出現してくるものです。そういった状況下で生き残るためには、失敗に対する意識を組織的に変え、チャレンジできる仕組みづくりをしていかなければなりません。


IDEOには「How might we ~(どうすれば我々はそれができるか)」という課題の発見方法があります。「How」の部分は「どうするか」と同時に、それが常に改善が可能なことを前提として、どう実現していくかを表しています。「might」に関しては「How」に対してひとつの確定的な答えがあるのではなく、無限の可能性があるということを示しています。最後の「we」の部分は、1人の話ではなくて、みんなで連携してプロジェクトを進めることを意識するということです。この言葉を実践していくことで、より自由な発想が生まれる文化をつくり出せる。いまでは多くのシリコンバレーの企業で使われています。


トム・ケリー(IDEO)の経歴・略歴

トム・ケリー。アメリカのデザイナー。デザイン・コンサルティング会社「IDEO」共同創業者。オハイオ州出身。兄デイビッド・ケリーとともにIDEOを設立。

他の記事も読んでみる

渡辺謙

仕事に対する熱意は、俳優業に限らずすべての仕事の原点じゃないでしょうか。『明日の記憶』は、原作を読んだとき、強く突き動かされるものがあって、居ても立っても居られないというか、「この仕事は絶対に自分がやりたい」と素直に感じたんです。そのぶん、こだわりも強く、俳優という枠を超えて、エグゼクティブ・プロデューサーという立場で参加させてもらいました。


川崎博也

東日本大震災後、現場の不眠不休の働きで2カ月後に奇跡の復活を遂げた高炉を止めることについては悩んだ。ただ、私には従業員、その家族、関連会社の人々に幸せになってもらう責任がある。「川崎が止めた」といわれようと、今しかないと決断した。


上田惇生

こうすればすべてが解決するという便利な万能薬はない。志を高くして、人を大事にして、手持ちの道具で一歩一歩前進すること。それがマネジメントだ。


香藤繁常

ビジネスマン人生には、晴れの日も雨の日もある。私も経験している。


秋山豊寛

一回きりの人生をどう生きるか。その命題はなにも宇宙にまでいかなくても向き合えることです。人生の節目に立ち止まり、これまでの人生や残りの生活を見つめ直す時間を持つだけでいい。身近な人の死からも、自分なりの死生観や、ひいては人生の意味を見出すことができるでしょう。


柳井正

既存の枠組みを超えない限りチャンスはつかめない。


竹中直人

私は、子供のころからずっと「楽しい時間ほど長く続かない」と思ってきました。そのせいか、ある程度自分が認められると、逆に不安になってくるのです。「カット!ハイ、オッケーです!」という声を聞くたびに、何か自分の輪郭がぼやけていくような感覚を覚えました。そうして、「このままではいけない。闘わなくては」と思うようになったのは、30代の終わりが近づいたころのことでした。


落合寛司

NPOのためのインキュベーションオフィスを開設し、安い賃料で使ってもらっていますし、NPOに対する貸出金利は0.1%です。しかも専門家のアドバイスを受けるのも無料です。なぜこういうことをやるかというと、いずれ地方公共団体は財源不足に陥ります。この時、行政に代わって住民サービスを行ってくれるのがNPOです。信用金庫は地域の力に支えられています。NPOの活動によって、地域が元気になれば、取引先も元気になります。その結果、我々も元気になるのです。


細谷功

完ぺきを求めるあまり作業時間がどんどんふくらんでいき、気が付いたらいつも締め切り直前という人もいるでしょう。このような人には、適切な時期が来るまで手を付けないことをお勧めします。時間に余裕があるとその仕事にかかりっきりになってしまい、他の仕事が回らなくなるからです。


福嶋康博

魅力あるものづくりが出来るかどうかは、リーダーの才能と企画によって決まります。そのためエニックスでは、企画やゲームコンテンツを作る時は、リーダーとなる人物が全体を考えて、その一人の考えに基づいて皆が作るようにしていました。複数のクリエイターが案を出し合って作る方法では、意見が分かれ、焦点が絞れず良い商品が作れないと考えていました。そのため基本的に、リーダー一人が良し悪しを判断し、その考えに沿ったものを皆で作りあげていきました。


イーロン・マスク

私は技術者なので基本的にはテクノロジー支持者だが、いいことばかりではないことも理解している。ただ、技術は進化したほうがいい。化石記録を見ると、過去に隕石の直撃とか巨大火山噴火や長期にわたる氷河期など自然災害によって、生物の大量絶滅があったことがわかる。つまり、何かしらの技術が開発されないかぎり、人類は天災によって滅びてしまう可能性がある。それだけではなく、技術の進化があったほうが、未来はよりエキサイティングだ。


長内厚

アップルにせよデルにせよ、デジタル化によって技術だけでは差がつかなくなった中で、技術以外の価値を求めていく方向にシフトしていったわけです。ここでポイントとなるのが「効果」と「効率」です。アップルが追求したのは効果であり、デルが追求したのは効率です。この二つの方向性は根本的に両立せず、トレードオフの関係にあります。経営戦略を考えるうえでは、両社のように、自分たちが今、追求すべきなのは効果なのか、効率なのかをしっかりと見定める必要があります。


竹田和平

私にとって、株を買うのは旦那になることと同じです。仕事のできる番頭に向かって「これでやりたいことをやってみなさい」とお金を出す。すると番頭は感謝して、恩に報いるために頑張り、成功したら配当を持ってくる。旦那は目をかけた番頭が成功してうれしいし、番頭は恩返しができてうれしい。これが理想の投資家と企業の関係だと思います。お金儲けのためじゃなく、共感できる企業を応援したいから、株という手段で資金を提供しているわけ。


長谷川博己

演じる役について見た目などよりも話している言葉や、話の主題を注意して読み解くようにしました。具体的にどのように表われているかはわかりませんが、演じる役については常に考えています。


鉢須祐子

実名で、プライベートも含めた全体像を伝えることのメリットは大きいと思います。まず、隠さないことで信用が得られる。仕事の発注やセミナーやイベントの集客はSNS、特にフェイスブック経由のものが増えています。