名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

トム・ケリー(IDEO)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

トム・ケリー(IDEO)のプロフィール

トム・ケリー。アメリカのデザイナー。デザイン・コンサルティング会社「IDEO」共同創業者。オハイオ州出身。兄デイビッド・ケリーとともにIDEOを設立。

トム・ケリー(IDEO)の名言 一覧

新しい発想を得るための方法は3つ。

  1. 必ず共感から始める。つまり、何事も否定から入らずにアイデアを拡大していく。
  2. もっと実験していく。失敗を機会と捉える。
  3. 社内に眠っているアイデアを活用する。

今後企業が成長するためには、どのようにして組織内のアイデアを吸い上げ、学びを実践していけるかにかかっている。


行動を変えるヒントは「問いかけ」にある。問いかけを変えていくことで、人の行動も変わっていく。


プロジェクトで成功できるかどうかは、どれだけの数の実験ができるかで決まる。


失敗をもともと実験の一過程として捉えれば、その失敗は自ずと新しいチャレンジに紐付いていく。科学的アプローチと同じで、「トライ・アンド・エラー」を繰り返していくことが大切。


若い社員でもすごく面白いことを考えている場合もある。でも、そのアイデアや意見はどこかで止まって、上層部の耳まで届かない。あるいは、そういう人材の存在、アイデアが眠っているということさえ知らないマネジメント層がたくさんいる。組織内でフラットに意見を言い合えないことの代償は大きい。


掃除機で有名なダイソンの創業者、ジェームズ・ダイソンが成功したのは、実験を恐れていなかったからです。彼は、最初の掃除機を出す前に、5127個の試作品をつくりました。つまり、5127回失敗しているわけです。ですからクライアントにも、「もっと実験をしてほしい」とお願いしています。


共感がなければ、「なぜこのプロジェクトを行うといいのか」というユーザーの本質的なニーズを見落としてしまう。さらに、共感という腹落ち感があれば、現場の社員と意思決定をするマネジメント層のズレも起こりにくくなる。


我々はプロジェクトを必ずリサーチからはじめます。私たちが行うのは、気づきを得るためのリサーチなので、いわゆるマスの平均値を取る「マーケティングリサーチ」とは方法が異なります。多様な属性のユーザーの行動や感情を、時間をかけて対話をしながら深く観察します。


何か新しいことをしようとすると、不確実性を突き詰めるために否定や批判から入ることが当たり前のような風潮が、日本にはあるように感じます。しかし、それではアイデアの芽は育っていかず、自由闊達な議論が起こりにくい。否定から入るのではなく、むしろ私たちは共感からはじめることを大前提に掲げています。


日本人は分析的思考や論理的思考に関しては、もうかなり高いレベルにまで達しています。でも、新しい発想を得るためには、これまでとは違う新しいアプローチが今後ますます求められていくでしょう。


日本企業の行く末を悲観することはありません。アップルの最初のマウスをデザインしたときのことです。当時、スティーブ・ジョブズは「そのマウスのデザインをくれないか」と言ってきました。一方で、松下電器産業(のちのパナソニック)の担当者は我々のコンサルティングに対して「デザイン部門の予算ではなく、人事部の予算から費用を出す」と言いました。つまり、アップルがモノに価値を見出したのに対し、松下電器産業はモノを生み出すためのアプローチや考え方そのものが自分たちの社員に必要だと言ったのです。この話からもわかるとおり、日本人は学ぶのが好きです。そして社員を育成するというマインドを強く持っています。


当社では失敗したら罰するのではなく、行動を起こしたこと自体を評価するようにしています。今日、どの業界でも進化し続けることが必要です。コストが安い、もしくは魅力的な製品をつくる企業は次々に出現してくるものです。そういった状況下で生き残るためには、失敗に対する意識を組織的に変え、チャレンジできる仕組みづくりをしていかなければなりません。


IDEOには「How might we ~(どうすれば我々はそれができるか)」という課題の発見方法があります。「How」の部分は「どうするか」と同時に、それが常に改善が可能なことを前提として、どう実現していくかを表しています。「might」に関しては「How」に対してひとつの確定的な答えがあるのではなく、無限の可能性があるということを示しています。最後の「we」の部分は、1人の話ではなくて、みんなで連携してプロジェクトを進めることを意識するということです。この言葉を実践していくことで、より自由な発想が生まれる文化をつくり出せる。いまでは多くのシリコンバレーの企業で使われています。


トム・ケリー(IDEO)の経歴・略歴

トム・ケリー。アメリカのデザイナー。デザイン・コンサルティング会社「IDEO」共同創業者。オハイオ州出身。兄デイビッド・ケリーとともにIDEOを設立。

他の記事も読んでみる

本多静六

人間というものは、カネがなくても、カネができても、得てして偏狭になりやすいものだ。大いに心すべきである。


中井政嗣

営業とは駅伝のようなものだと思っています。一区画だけで勝負するのではなく、延々とタスキをつないでゴールします。たとえば最初に接触したときは商売に結び付かなくても、やがてあなたの信用が評判として広く世間に伝わっていき、結局は、たくさんのお客様を連れてくるかもしれません。


中鉢良治

やっぱり人間は、他人に認められるのが一番嬉しいんですよ。お金を儲けたり、偉くなったりするのもいいかもしれないですけどね。人の役に立っている、認められているっていうのが一番気持ちいいことなんですよ。


山本梁介

現時点では、海外店舗は広告塔の役割です。海外での知名度を上げて、日本に訪問した時に使ってもらえればいいと考えています。スーパーホテルは、地価も人件費も高い場所に店舗を置いて、ローコストで運営するところに強みがあります。まだアジア諸国は人件費が安いため、こうしたビジネスモデルは早すぎるのです。ただ、新興国も早晩、経済成長と人件費高騰のジレンマに陥ると思っています。そうなればチャンスが来ます。


木村沙織

競技者としてプレーを続ける以上、コートに立っていいプレーをして勝ちたいじゃないですか。そのためには監督にレギュラーとして自分を選んでもらわなければ始まりません。監督の考えることを先読みし、理想の選手になることが、コートに立てる一番の近道だとも思っていました。


杉村太郎

努力を続けることは、トンネルの中を進むようなものかもしれません。最初は真っ暗で何も見えないけど、ずっと先には小さな光の点が見える。その光の先には、自分が心から望んでいる自分、あるいは新しく生まれ変わりたい自分の姿が見えている。その映像が見えているからこそ、あたりが暗くて不安になっても、走る気力が湧いてくるし、近づいて光が大きくなってきたとき、さらにワクワクして取り組むことができます。光がなければ、きっと途中で挫折しちゃいます。


大西賢

こうありたい、こうなりたい、こうあるべきだという強い思いを持っていないと、二者択一の中からひとつのものを選択することすらできません。


仮屋薗聡一

ベンチャー企業に投資するか決める際の、平均2か月をかける事前のデューデリジェンス(適正評価手続き)では、経営者や役員の方たちと話すのはもちろん、過去に経営者と一緒に仕事した人や、元上司といった人にも会い、印象を尋ねます。そういった作業を通じて、経営者の人間性が浮かび上がってくるのです。「100%信頼できる」と確信できない限り、投資することはありません。


中村獅童(二代目)

僕は本来集団行動が得意ではありません。一人っ子で育ち、マイペースな性格だったこともあり、「人と合わせる」ことが苦手。体育やスポーツも嫌いだったので、「チームで何かを成し遂げる」という経験をしないまま成長しました。しかし、役者となって、しかも座頭というリーダー役までさせていただくようになると、「チームプレーは苦手」などとは言っていられない。


菊入みゆき

やる気の低い人は、自分と同じくやる気の低い人に目が行きがち。逆に、やる気の高い人は、同じようにやる気の高い人を見つけやすい。こうしてやる気は伝播します。ですから、やる気の低い人のことは気にしないのが一番なのです。


スティーブン・コヴィー

企業においても、しかるべきプロセスを踏むことを嫌い、近道しようとして迎えた結末は悲惨である。経営者は檄をとばすような演説や、従業員の態度を改めさせるための研修、外部のコンサルタントによる改善計画や買収合併などによって、高い生産性や品質、あるいは顧客満足を確保できる新しい企業文化を購入しようとする。しかし、そうした行動が職場の信頼を低下させてしまっていることに気づこうともしない。


ちきりん

思考を始める時点では、情報はほんの少しでいいんです。そこから思考を始める。すると、なんだかおかしい結論にしかたどり着けない。そこで足りない情報に気づく。その情報をインプットする。また思考する。これを続ければおのずと情報収集と思考の割合は半々になる。