トム・ケリー(IDEO)の名言

トム・ケリー(IDEO)のプロフィール

トム・ケリー。アメリカのデザイナー。デザイン・コンサルティング会社「IDEO」共同創業者。オハイオ州出身。兄デイビッド・ケリーとともにIDEOを設立。

トム・ケリー(IDEO)の名言 一覧

新しい発想を得るための方法は3つ。

  1. 必ず共感から始める。つまり、何事も否定から入らずにアイデアを拡大していく。
  2. もっと実験していく。失敗を機会と捉える。
  3. 社内に眠っているアイデアを活用する。

今後企業が成長するためには、どのようにして組織内のアイデアを吸い上げ、学びを実践していけるかにかかっている。


行動を変えるヒントは「問いかけ」にある。問いかけを変えていくことで、人の行動も変わっていく。


プロジェクトで成功できるかどうかは、どれだけの数の実験ができるかで決まる。


失敗をもともと実験の一過程として捉えれば、その失敗は自ずと新しいチャレンジに紐付いていく。科学的アプローチと同じで、「トライ・アンド・エラー」を繰り返していくことが大切。


我々はプロジェクトを必ずリサーチからはじめます。私たちが行うのは、気づきを得るためのリサーチなので、いわゆるマスの平均値を取る「マーケティングリサーチ」とは方法が異なります。多様な属性のユーザーの行動や感情を、時間をかけて対話をしながら深く観察します。


若い社員でもすごく面白いことを考えている場合もある。でも、そのアイデアや意見はどこかで止まって、上層部の耳まで届かない。あるいは、そういう人材の存在、アイデアが眠っているということさえ知らないマネジメント層がたくさんいる。組織内でフラットに意見を言い合えないことの代償は大きい。


掃除機で有名なダイソンの創業者、ジェームズ・ダイソンが成功したのは、実験を恐れていなかったからです。彼は、最初の掃除機を出す前に、5127個の試作品をつくりました。つまり、5127回失敗しているわけです。ですからクライアントにも、「もっと実験をしてほしい」とお願いしています。


共感がなければ、「なぜこのプロジェクトを行うといいのか」というユーザーの本質的なニーズを見落としてしまう。さらに、共感という腹落ち感があれば、現場の社員と意思決定をするマネジメント層のズレも起こりにくくなる。


何か新しいことをしようとすると、不確実性を突き詰めるために否定や批判から入ることが当たり前のような風潮が、日本にはあるように感じます。しかし、それではアイデアの芽は育っていかず、自由闊達な議論が起こりにくい。否定から入るのではなく、むしろ私たちは共感からはじめることを大前提に掲げています。


日本人は分析的思考や論理的思考に関しては、もうかなり高いレベルにまで達しています。でも、新しい発想を得るためには、これまでとは違う新しいアプローチが今後ますます求められていくでしょう。


日本企業の行く末を悲観することはありません。アップルの最初のマウスをデザインしたときのことです。当時、スティーブ・ジョブズは「そのマウスのデザインをくれないか」と言ってきました。一方で、松下電器産業(のちのパナソニック)の担当者は我々のコンサルティングに対して「デザイン部門の予算ではなく、人事部の予算から費用を出す」と言いました。つまり、アップルがモノに価値を見出したのに対し、松下電器産業はモノを生み出すためのアプローチや考え方そのものが自分たちの社員に必要だと言ったのです。この話からもわかるとおり、日本人は学ぶのが好きです。そして社員を育成するというマインドを強く持っています。


当社では失敗したら罰するのではなく、行動を起こしたこと自体を評価するようにしています。今日、どの業界でも進化し続けることが必要です。コストが安い、もしくは魅力的な製品をつくる企業は次々に出現してくるものです。そういった状況下で生き残るためには、失敗に対する意識を組織的に変え、チャレンジできる仕組みづくりをしていかなければなりません。


IDEOには「How might we ~(どうすれば我々はそれができるか)」という課題の発見方法があります。「How」の部分は「どうするか」と同時に、それが常に改善が可能なことを前提として、どう実現していくかを表しています。「might」に関しては「How」に対してひとつの確定的な答えがあるのではなく、無限の可能性があるということを示しています。最後の「we」の部分は、1人の話ではなくて、みんなで連携してプロジェクトを進めることを意識するということです。この言葉を実践していくことで、より自由な発想が生まれる文化をつくり出せる。いまでは多くのシリコンバレーの企業で使われています。


トム・ケリー(IDEO)の経歴・略歴

トム・ケリー。アメリカのデザイナー。デザイン・コンサルティング会社「IDEO」共同創業者。オハイオ州出身。兄デイビッド・ケリーとともにIDEOを設立。

他の記事も読んでみる

森田敏夫

外部の知見を導入する。テクノロジーの進化のスピードは速く、社内だけでは対応に限界がある。そこで、社会課題の解決プランをスタートアップ企業から募集して共同開発を行う「野村アクセラレータープログラム」を実施するなどオープンイノベーションを推進する。


西任暁子(西任白鵠)

ミスを叱るときは、いったい何のために叱責するのかを考えましょう。それは相手を変えるためです。本人がその過ちをなぜ犯したかに気づき、これはやってはいけないと思い、自発的に変えたい、変わりたいという気持ちにさせていく。そのためには、主語を「自分」ではなく「相手」にしていくことが大事です。


山田満(経営者)

今も昔もそうですが、最先端の医療機器は欧米の企業が強く、日本の医療メーカーはスピードが遅い。だから、シェアが小さいのです。日本勢が勝てない理由は、開発に掛ける予算が1桁違うことも挙げられます。


ミカエル・パルムクイスト

日本の消費者から多くを学び、イケアは進化しました。福岡新宮店では日本人中心で店舗運営ができる体制になりました。今後はリーダーとなる人材を数多く育成するのが目標です。


和田千弘

我々も専門家としてバージョンアップしていかなくてはいけない。


太田和伸

経営者と話していてよく感じるのは、利益の概念を持っている方が少ないということ。極端な話、借金の返済も費用だと思っている方までいます。ポポンデッタの経営に、税理士のスキルは非常に役立っていますね。結果、順調に成長できました。


アーヴィング・フィッシャー

アメリカは「どこまでも高くそびえたつ高原」を行進している。(覚書き|奇しくもこの発言後に株式バブルがはじけ「ブラックサーズデー」「ブラックフライデー」「ブラックマンデー」「ブラックチューズデー」が発生。世界恐慌へと突入していく)


羽生善治

細かいことに気づいていくようになれば、ミスにも気づくようになる。ミスに気づけることは、自分が以前よりも確実に進歩している証しでもある。


南壮一郎

大事なのは、自分のスタイルを貫くことではなく、相手に合わせること。相手あってのビジネスです。


入山章栄

撤退の道が確保されているのは重要です。世界各国の倒産法を比較すると、会社を潰しやすい倒産法を持つ国のほうが起業しやすいという研究があります。これは個人のキャリアも同じ。失敗しても次のビジネスに移れたり、前の会社に戻れたりするほうが飛び出しやすい。


門脇竜一

企業での役割は芝居の配役と同じ。主役を張っていた往年の名優だって、いぶし銀の魅力で脇役を演じたりしますよね。企業でも、再雇用社員はそうした役回りと考えればいい。


外村仁

管理会計的に考えるとダメでしょうね。損して得取れではないですが、最終的に成し遂げたいものは何かを考え、それを達成するためにいくらか余計にお金を使うのが本来の姿です。当たり前と言えば当たり前なんだけど、現実には、古参の企業ではなかなか実践できていません。


江上治

1つの目標を持ったら、何が何でも完遂する、という執念が必要だ。それが年収1億円の流儀と言ってもいい。そういう気持ちになれば、目標を完遂し、成功させるための手段・方法が山ほど思いつくものだ。


伊藤邦雄

経営者だけが危機を察知していても駄目で、危機意識を社員にいかに共有してもらえるかが大事。


鍵山秀三郎

冬は辛いですよ。朝早く、ふるえるような寒さの中で掃除をするのは、何年も掃除している私にとっても、けっして愉決なことではない。ところが、今日は眠いからといってやめてしまうと、「あいつはやっぱり口だけだ」となってしまう。昨日までやってきたことを無駄にしないためにも、継続することが大切です。


ページの先頭へ