名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

トマ・ピケティの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

トマ・ピケティのプロフィール

トマ・ピケティ。フランスの経済学者。フランス・クリシー出身。パリの高等師範学校(ENS)、社会科学高等研究院(EHESS)、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)で学ぶ。経済学博士号を取得。アメリカ・マサチューセッツ工科大学助教授、社会科学高等研究院(EHESS)代表研究者、パリ経済学校初代代表などを務めた。著書『21世紀の資本論』がベストセラーになった。

トマ・ピケティの名言 一覧

各国の状況を比較すると様々なことが分かる。


みんなが上げ潮に乗っている状態では、格差など問題視されない。


トマ・ピケティの経歴・略歴

トマ・ピケティ。フランスの経済学者。フランス・クリシー出身。パリの高等師範学校(ENS)、社会科学高等研究院(EHESS)、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)で学ぶ。経済学博士号を取得。アメリカ・マサチューセッツ工科大学助教授、社会科学高等研究院(EHESS)代表研究者、パリ経済学校初代代表などを務めた。著書『21世紀の資本論』がベストセラーになった。

他の記事も読んでみる

佐分利ユージン

日系企業でCMO(最高マーケティング責任者)を置いている会社は、全体の約3%のみです。中小企業ならなおさら少ないでしょう。でも米シリコンバレーにいると、スタートアップの会社には必ずと言っていいほどCMOがいます。直接売り上げに貢献する部門だと認識されているからです。


小泉光臣

私がM&Aなどで事業を地理的に拡充したいと言っているのは、単に販売量や利益額が増えるという絶対量の問題ではありません。成熟した市場や新興市場、あるいはその中間が組み合わさることで安定成長ができると考えます。ブランドも全く同じ発想です。


アルボムッレ・スマナサーラ

この一瞬は唯一のものであり、二度とありません。我々は全員、死に向かっていると考えれば、悩んだり怒ったりしている暇はありません。


ジム・ステンゲル

ブランドの構築で最も重要なことは一貫性を保つことだ。成功するブランドは、しっかりしたブレない理念を基盤にして、消費者との絆と収益を一緒に成長させている。


真藤昌瑳熙

あえて依存型のダメ上司を演じ、部下の能力を引き出すのも手。「どうしたらいいと思う? 君の意見を聞かせてくれないか」とあえて部下に依存するマネジメントをすることで、任せる上司へと変わることができる。


坂根正弘

評価された人すべてが、社長になれるわけではありません。運も必要です。トップリーダーになれるかなれないかに執着するのではなく、定年を迎えても、周囲から「残ってほしい」と言われる人材を目指してはいかがでしょうか。そういう人は、人の神輿に乗って管理職として仕事をしてきた人ではなく、自ら汗をかき、知恵を絞って働いてきた人です。自分で考え実行する。そんな人こそ、企業に最も必要な人材だと思います。


金井誠太

「俺も足回りの設計が分かってきたな」と思っていた30歳の頃、アウトバーンでドイツ車を試乗して、心底打ちのめされました。あの悔しさは忘れません。「技術者としていつかは勝ちたい」という思いが、製品開発を支え、世界一への原動力になる。


木暮太一

十年後どうなるかなんて、誰にもわからない。今の仕事が世の中に存在するかどうかさえわからない。


海老根智仁

日記をつけ始めて8年ほどたちますが、その日の自分を振り返って反省したり、上手くいかなかったことがあるとその理由を自分なりに考えて書きとめています。ですから、基本的に自分の悪口だらけです。でも、1日10分でも、自分の感情の起伏に向き合ってみると、自分がどういう場面で失敗し、どういう場面で実力以上の力が発揮できたのか自ずと見えてきます。


築山節

実は私も、記憶力にそれほど自信がないので、頭の整理ノートを長年持ち歩いています。そのノートはもう数十冊にもなります。人と雑談していて、気になる話があったり、ふとアイデアがわいてきたりしたら、それを個条書きでさっと書き留めるのです。キーワードだけでもいい。日付とともに、それを書き、夕食時に家族にその話を少しすれば再入力も完了。あとで読み返したときに、そのときの思いがよみがえってきやすいのです。


大橋未歩

自分のキャパシティを超えるような仕事に恵まれてきたと思います。キー局としては規模が小さく、予算も人材も少ないというテレビ東京ならではの事情もあるのですが(笑)。多くの貴重な機会を与えてくれた会社に感謝しています。


冨安徳久

名証一部に上場した時は、東海圏初の葬祭企業の上場だったにも関わらず、周囲は無反応でしたが、東証一部に指定替えした途端、批判していた人たちからも「有言実行」と賞賛されました。内心誇らしい気持ちもありましたが、前を見据え「これは通過点です。目標は全国制覇」と宣言しました。