名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

トマ・ピケティの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

トマ・ピケティのプロフィール

トマ・ピケティ。フランスの経済学者。フランス・クリシー出身。パリの高等師範学校(ENS)、社会科学高等研究院(EHESS)、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)で学ぶ。経済学博士号を取得。アメリカ・マサチューセッツ工科大学助教授、社会科学高等研究院(EHESS)代表研究者、パリ経済学校初代代表などを務めた。著書『21世紀の資本論』がベストセラーになった。

トマ・ピケティの名言 一覧

各国の状況を比較すると様々なことが分かる。


みんなが上げ潮に乗っている状態では、格差など問題視されない。


トマ・ピケティの経歴・略歴

トマ・ピケティ。フランスの経済学者。フランス・クリシー出身。パリの高等師範学校(ENS)、社会科学高等研究院(EHESS)、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)で学ぶ。経済学博士号を取得。アメリカ・マサチューセッツ工科大学助教授、社会科学高等研究院(EHESS)代表研究者、パリ経済学校初代代表などを務めた。著書『21世紀の資本論』がベストセラーになった。

他の記事も読んでみる

高島宏平(髙島宏平)

面談のたびに違うことを言われると「何だ、思いつきで発言しているな」と相手は受け取る。こちらがどれだけ真剣に話しても、聞く耳を持たなくなってしまう。そこで、面談で「自分が発言したこと」を、逐一記録するようにしています。


落合寛司

メイン先は潰さないという制度を作ることができる点が協同組織の強さだと思います。信頼を得るために、メイン先は潰さないような体制を作るわけです。私たちは協同組織です。会員制度になっていますから利用者保護を最大の使命としているわけです。そのため、利用者の役に立つことをやっていかなければいけない。だからこそ、大事な会員を守る体制を作らねばなりません。要は本来の制度に、もう一回原点に戻ったということになります。


加藤進(住友商事)

従業員との直接対話を年間50回ほど、各職場を訪ねる形で積み重ねています。その場でも、できる限り、みんなの意見を聞くように努めているのです。私としては、自分が一方的にしゃべるほうが楽ですが、会社の方針や自分の考え方を理解してもらうには、まず、相手の話を聞くことだと思っています。


川北英貴

銀行は想像以上に実績を重視する。初めての融資には多少のハードルがあるのは事実。だが裏を返せば、一度実績をつくってしまえばいいとも言える。ポイントは、余裕のあるときこそ融資を受けること。そこで「借りて返す」という実績をつくれば、いざ事業拡大で多額の融資が必要になったときにも銀行が味方になってくれるはずだ。


端羽英子

起業を検討する場合にまず需要があるかどうかを確かめてみる必要がある。それほどお金をかけなくても顧客の反応をみる方法はあるわけです。


菊地敬一

まず単純に「本が好きだから本屋をやりたい」と思ったんです。でも、本だけではなく、映画も音楽もアウトドアも好きで、それらを全部、自分の好きなように並べてみたら楽しいだろうな、と。ただ、好きなようにといっても、滅茶苦茶ではいけないわけで、そこにはストーリーがなくてはなりません。僕は、店という箱の中で、本や雑貨を用いてそのストーリーを編集しているんです。


キャロル・ドゥエック

失敗は本当に多くの情報を提供してくれ、将来多くの成功を生み出す可能性を有している。


里見多一

我々の場合、お客様が使っている水質も違えば、設備仕様、そして使っている素材も違うので、お客様にとって最適なご使用条件を満足させるために薬品成分を少しずつ変えて処方化したものを提供しています。


安藤公基

ロフトは現在109店舗を展開していますが、約7割が300坪を基準とする小さめの店舗。商業施設に入居しやすいので身近なお店になれてはいますが、創業の頃のキラキラした「なにかある、きっとある」というイメージは薄れているようにも思います。私はこれを取り戻したい。


執行草舟

自分が出世したい、金持ちになりたい、幸せになりたいというのはエゴイズムで、愛の反対です。たとえば、本当に人を愛するなら、その人のために自分の生命、人生、すべてを捧げなければ駄目です。ただし、愛の対象は人それぞれ違いますから、他人には理解されない。


伊藤博(経営者)

行動規範は集合研修やOJT、昇級試験に出したり、さまざまな場面で伝えています。セコムはお客様からの信頼がすべてですが、鍵を預かることの責任とはどういうことなのか。入社時には真面目、正直であることが大切だと伝えています。くり返しさまざまな機会を通じて徹底しています。


谷原誠

ビジネスの場で出会うやっかいな人の典型として「話が長い人」がいます。たとえば早く商談を進めたいとき、取引先の担当者がこのタイプだと苦労することでしょう。対処法としては、基本的には「長い話でも聞いてあげられる自分になる」ことを目指すのがいいと思います。