名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

トマ・ピケティの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

トマ・ピケティのプロフィール

トマ・ピケティ。フランスの経済学者。フランス・クリシー出身。パリの高等師範学校(ENS)、社会科学高等研究院(EHESS)、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)で学ぶ。経済学博士号を取得。アメリカ・マサチューセッツ工科大学助教授、社会科学高等研究院(EHESS)代表研究者、パリ経済学校初代代表などを務めた。著書『21世紀の資本論』がベストセラーになった。

トマ・ピケティの名言 一覧

各国の状況を比較すると様々なことが分かる。


みんなが上げ潮に乗っている状態では、格差など問題視されない。


トマ・ピケティの経歴・略歴

トマ・ピケティ。フランスの経済学者。フランス・クリシー出身。パリの高等師範学校(ENS)、社会科学高等研究院(EHESS)、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)で学ぶ。経済学博士号を取得。アメリカ・マサチューセッツ工科大学助教授、社会科学高等研究院(EHESS)代表研究者、パリ経済学校初代代表などを務めた。著書『21世紀の資本論』がベストセラーになった。

他の記事も読んでみる

中川志郎

動物の飼育というのは理屈ではなく、経験がものをいう仕事です。しかし、パンダのように野生では笹しか食べないクマの飼育経験はありません。いままでの蓄積がぜんぜん生かせない動物がやってくることになったのです。そこで私が考えたのは、まず、安心できる状況にパンダを置くことでした。動物は心を持っていますから、いつも心から信頼できる飼育員がそばにいることが大切だと考えたのです。そしてベテラン飼育員を主任に据えました。
【覚書き|上野動物園飼育部長時代にパンダがやってきたときを振り返っての発言】


野村亮太

非言語コミュニケーションによって伝わる意味は、社会的、文化的に共有されているもの。ですから、経験豊富な「お手本」を見習うことが上達のコツ。上司でも先輩でもいいので、モデルになる人と一緒に行動し、その人がどうやって非言語情報を活用しているのかを横で見ながら、「自分だったらどうするか」を考えるといい。


江見朗

感情のまま怒鳴り散らして疲弊するのなら、部下の目的を達成させるために熱意を注いだ方が、両者ともハッピーだと思いませんか。だから私は怒らないのです。


冨安徳久

相手を思いやるには、根底には感謝がなくてはいけない。


ジェイ・エイブラハム

「自分は世の中をより良くするため、もっと大きな目的のために存在する」という信念を持ちましょう。その信念は日々のモチベーションを高め、逆境の際に立ち直る力となる。


平塚常次郎

この死線を越えた経験は、後年になって思い出すたびに、人間はめったなことでは死ぬものではないという、一種の人間哲学じみた思いを与えてくれた。それはひとつの収穫だった。人間はどんな危機にも、気力と精神力が強ければ、大抵の危機は克服できるものだということで、仕事の上に大きな支えとなってくれたものだった。
【覚書き|小学生時代、憲法発布の大典を見に行ったとき、混乱した群衆の下敷きになって生死の境をさまよった経験について語った言葉】


義家弘介(ヤンキー先生)

親や教師が、子供と一緒に行く、一緒に頑張る、そのことによって一緒に育つ。これが教育です。その子がいじめで悩んでいるとしましょう。解決のために正解なんてありません。場合によっては、自分が出ていっていじめの加害者と対決しなければならないかもしれない。要は大人が必死になっている姿を見せることで、子供自身に問題解決能力を身につけさせるということです。そういうことをせずに「辛いことは向き合わなくていいよ」と、逃げ場所ばかりを与えているようでは、親も教師も教育者失格だと思います。


吉原毅

我々は融資で収益を上げています。3代、4代にわたる取引先もあります。これは長年の信頼、信用という目に見えない財産が大きい。例えば投資で損をさせた銀行は、信頼が非常にマイナスになる。でも我々はそういうもの(投資業務など)がないじゃないですか。だから、資産家が安心して取引してくださる。


ロベルト・シンヤシキ

アラスカに「ドードー」という名前の鳥がいました。とてもすばしこく、凍ったツンドラ地帯で厳しい生存競争を生き抜いていました。冬になると少し温暖な地域に渡り、季節が変わるとアラスカに戻ってきます。自然と闘い、困難を克服するのがドードーの生態だったのです。あるとき、ドードーはモーリシャス島に渡りました。食料の豊富なこの島で、ドードーはどんどん太り、長距離の移動も、生存のための競争もやめてしまいました。島では何の努力もなしに、必要なすべてのものが手に入ったからです。しかし、ドードーは巣を地上に作る習性がありました。俊敏さを失ったドードーは、そのために簡単に捕まって食べられ、やがて絶滅してしまいました。


石井裕(工学者)

本当にやりたいことがある人、やることがとても大切だと信じている人、そして、やれるだけのエネルギーがある人にとって、(仕事と生活の)インバランス、つまりバランスが取れていない緊張感も非常に大事です。過労死しろとか、家庭をないがしろにしろと言っているのではないですよ。ただ、バランスを優先するとジャンプしにくくなる。バランス自体がある種、ボトルネックになる側面もあります。


岡松壮三郎

通産省時代、新人が入ってくるとよく言っていたのは「学生時代の友人を大事にしろよ」ということです。その際、3回断ったらもう声をかけてくれないぞ、という意味で「スリー・ストライク・アウト」と言っていました。どんなに忙しくても行けと。仕事があれば戻ってからやればいい。なぜ学生時代の友人が大事かというと、本当のことを言ってくれるからです。


鈴木喬(経営者)

一度坂を転がり出したら止めるのは大変。営業も販売店も売らなくなる。