トマ・ピケティの名言

トマ・ピケティのプロフィール

トマ・ピケティ。フランスの経済学者。フランス・クリシー出身。パリの高等師範学校(ENS)、社会科学高等研究院(EHESS)、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)で学ぶ。経済学博士号を取得。アメリカ・マサチューセッツ工科大学助教授、社会科学高等研究院(EHESS)代表研究者、パリ経済学校初代代表などを務めた。著書『21世紀の資本論』がベストセラーになった。

トマ・ピケティの名言 一覧

各国の状況を比較すると様々なことが分かる。


みんなが上げ潮に乗っている状態では、格差など問題視されない。


トマ・ピケティの経歴・略歴

トマ・ピケティ。フランスの経済学者。フランス・クリシー出身。パリの高等師範学校(ENS)、社会科学高等研究院(EHESS)、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)で学ぶ。経済学博士号を取得。アメリカ・マサチューセッツ工科大学助教授、社会科学高等研究院(EHESS)代表研究者、パリ経済学校初代代表などを務めた。著書『21世紀の資本論』がベストセラーになった。

他の記事も読んでみる

伊庭正康

個々の仕事の進め方から、組織のマネジメントまで、ムダを省き仕事を効率化できる余地がたくさんあります。企画書にしても、A4用紙1枚で十分なのに5枚も10枚も書く。文章表現も箇条書きでいいのに、パワポで図解入りで解説する。目的とは関係ない枝葉末節にこだわる。いずれも求められているものとは違ったところで労力と時間をかけてしまうのです。的外れなこだわりによって仕事がやり直しになってしまうのは究極のムダですが、現場では案外多い。仕事はシンプルにロスなくこなすべきです。


林修

男は女性の応援が得られて、初めていい仕事ができるもの。


藤本隆宏

もはや世界の製造業センターといってもいいアジアで、日本の産業が存在感を維持していくためには、我々はいったい何を輸出し、何を輸入していくのか、強み、弱みの自己認識に基づいた戦略的な日本の産業観を持つ必要がある。言い換えれば、経済学が長年考えてきた「比較優位」論を、いまこそ日本に引き寄せて厳しく考え直す必要がある。ただしそこに、経済学があまり正面から導入してこなかった「設計」という工学系コンセプトを注入しつつである。


猫ひろし

僕は朝や夜のほか、舞台や営業があると、少し遠いくらいなら、リュックサックを背負って、走って移動することも多いんですよ。途中で道がわからなくなると、交番に入ったりして聞くんですけど、「走っていく」というと、みんなビックリ! でも、そうでもしないと、1日30キロという距離を稼げませんから。


森田昇(経営者)

その人の気持ちが前向きであるか、あるいは後ろ向きであるかどうかは、組織の生産性を上げるためには大変大事な要素。


大山健太郎

アイリスとて、いまは成長を続けていますが、将来は分かりません。企業の衰退は想像以上に速いものです。トップだけが変化に対応できても意味がありません。多くのビジネスチャンスのカードを持ち続け、従業員と一丸になって変化対応していきます。


塩﨑均(塩崎均)

思い切った先行投資は経済的に余裕があるときでないとできません。大阪府東大阪市にある本キャンパス刷新の400億円は全て手元資金で賄いました。そういう意味では、ビジネス面での成功や、志願者数の伸びはありがたいですね。


森田正光

60代半ばを過ぎてきて、ますます「過去の成功と失敗の経験だけに囚われて生きているような頑迷な年寄りにはなりたくない」と強く思うようになっています。若い頃を振り返るようなインタビューを受けながら、こんな話は矛盾しているかもしれないけど、僕は、今日から明日への時間が一番面白いと思って生きていきたいんですね。


猪瀬直樹

毎日ぼんやり仕事をしていると、誰でもわかることすら見えなくなります。大切なのは、昨日の延長線上で今日の仕事をしないこと。仕事に向かうときに、本当にこれでベストなのか、もっといい方法があるのではないかと考えることで、日常の仕事に潜んでいたズレが浮かび上がるのです。


根岸秋男

背伸びをして届いたら、次はその届いた場所から出発して、また背伸びをすると。そうして10年経ったら、高いところに手が届くわけです。そういう安定した、右肩上がりの経営をしたい。


斉藤惇

日本の経営者は退くことにすごく躊躇する。これは撤退の物差しがきちんと決まっていないから起きるんでしょう。そのため先輩がやっている会社だからとか、そんな情緒的な理由で不採算事業をずるずると残してしまいがちなのです。


松本洋(コンサルタント)

全員が仕事で起こる様々な問題に自責の気持ちで望めば、企業としての目標達成は夢ではない。


中川越

メールやLINEなどで、メッセージをパッと送るのも悪くはありませんが、返事が遅いとなんとなく苛立ちが募りませんか? 私だけかもしれませんが手紙だと割と気長に返事を待てる気がします。返事が来るのを待つ間も、相手と同じ時間を共有しているような気分に。そんな風に、手紙は人生を豊かにしてくれる存在だと思います。


菅原勇継

昔といまの社員の違いをあげるとしたら、お金に対するモチベーションでしょうか。確かに以前は「お金を稼ぐために頑張る」といって入社してくる社員が多かった。でも、いまでは「なぜこの仕事をやるのか」「この仕事を通して自分が社会にどのような貢献をしているのか」に納得できないと、なかなか動きません。逆に、そのことを上司や先輩がきちんと説明できれば、みるみるうちにやる気を出します。


アルフレッド・アドラー

ピンク色のレンズのメガネをかけている人は、世界がピンク色だと勘違いをしている。自分がメガネをかけていることに気づいていないのだ。


ページの先頭へ