名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

トマ・シルデの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

トマ・シルデのプロフィール

トマ・シルデ。フランスの日本文化の総合博覧会「ジャパンエキスポ」代表。

トマ・シルデの名言 一覧

ジャパンエキスポの特徴は人工的な動きではなく、純粋に民間同士の交流の中から生まれたマーケットだということ。


我々は単に日本のアニメや漫画を紹介したいだけでなく、日本という国、文化に対する情熱があります。継続的に日本に興味を持ってもらうためにも、ポップカルチャーだけでなく、他の日本文化を紹介することも大事だと思っています。


ありがたいことに、ジャパンエキスポは立ち上げから15年で約25万人の方にお越しいただけるイベントとなりました。正直に言って、ここまでのイベントに成長するとは最初は考えていませんでしたが、要因はニーズにお応えしてきたからではないかと考えています。最初はインターネット上だけの交流だったものが、ファン同士がリアルな場所で会えるようになったことに加え、日本からの企業やアーティストが欧州で自らの存在をアピールするために製品や作品を持ち寄る場ともなりました。日本の商品を扱うフランス企業の参加もあります。一つのマーケットになったとも言えるかもしれません。


最初、我々はフランス国内ではなかなか受け入れられず、「変わった趣味を持った人達だな」と思われていました。それでも同好の士が集まる場所を作りたいと考えて立ち上げたのがジャパンエキスポです。日本文化への扉を開くために、フランスの人々に人気のアニメ、漫画を紹介しつつ、ポップカルチャー以外の文化についても幅広く紹介をしていきたいと考えました。


トマ・シルデの経歴・略歴

トマ・シルデ。フランスの日本文化の総合博覧会「ジャパンエキスポ」代表。

他の記事も読んでみる

和田勇(積水ハウス)

心が折れそうになったときに救ってくれたのは実績でした。誰も教えてくれないので、見よう見まねで営業を始めたところ、5月に1件の契約が取れました。それを心の支えに頑張ったら2年目に販売数は全社一になりました。こうした実績は不安や迷いを消してくれます。
【覚書き|入社直後、多忙のため誰も新人に時間を割けなかった名古屋営業所に配属されたときを振り返っての発言】


馬渡晃

起業直後の小さな失敗は、その後の「致命的な失敗」を防ぐための糧でもあるのです。たとえば、売上の回収ができなかったら、取引先の選び方や回収の方法を変更することで、解決できるかもしれません。思うように集客できないのなら、宣伝方法や価格設定を見直して、一定期間だけテストしてみるのもいいでしょう。


稲山嘉寛

人間には、過去を振り返って、憧れや郷愁を感じて楽しむ人と、常に将来に向かって生きている人とがあると思う。私はどちらかというと、懐古趣味にほど遠い部類に属するようだ。私は過去はできるだけサッパリと彼方へ押しやろうと努めている。したがって、過去を振り返って記念としたり、郷愁を楽しんだりすることは元来、あまり好きな性格ではない。


有本隆浩

市場で一番高く売れるライン(価格帯)さえ見つけられれば、もう高収益・高付加価値は約束されたようなもの。


石坂典子

原動力はこの仕事に対するプライドですかね。この業界はどんどん変わっていきますが、一方で規制産業、設備投資するのも住民の同意をもらってきてくれといわれてしまう。で、住民さんはわからないから反対しがち。すると新しい設備投資ができない。いま、新しい破砕機を一台入れたいと。農業機械のクボタさんがつくった機械なんですが、入れたいといっても前例がないからと許可がもらえず、いま5年目に入ります。時代の変化と廃棄物処理の技術変化が伴っていないのが現状です。それでも前を向いていきたい。いま、四大卒で他の会社の内定をもらっているのに入社してくれた社員がいます。見学会など経営の公開で会社の評価が変わってきている手応えがあります。


森永卓郎

投資は水物ですから、全財産を注ぎ込んで一か八かの勝負に出てはいけません。お金持ちは、一度勝負に負けても、次に注ぎ込むお金がまだ十分にありますから、投資の世界でお金持ちを相手に戦っては絶対に負けます。一攫千金を狙うのではなく、今後の生活費を確実に確保するために、資産運用を行なってください。


武藤貴宏

応援って何だろうと考えるとき、意外と身のまわりに自分を応援してくれているものがあることに気づきます。たとえば名前。親がつけてくれる名前は、「こういう人間になってほしい」という人生最初の応援じゃないですか。


西村晃(経済評論家)

仕事の効率化には、デジタルとアナログを上手く使い分けるのがコツです。私の場合、「ケータイ」「ポストイット」「ビジネス手帳」この3つを使い分けています。待ち時間や早く着いたときなどに、手帳を開いてポストイットに書いてある「○○さんに電話」のようなその場でできることを済ませてしまうのです。終わったらそのポストイットは捨ててしまいます。こうした作業はポストイットが小さな紙片1枚だからこそ手際よくできるのであって、同じことをケータイでやろうとすると、かなり面倒でしょうね。


似鳥昭雄

受け身、守りの人は絶対にダメ。私が欲しい人材は、実績がありながらも、積極的にこれまでのやり方を変えていこうという人。過去の成功と、現在のシステムを変えて新しいことができる人が必要です。


赤坂祐二

昨年発表した中期経営計画で、「世界で一番お客様に選ばれ、愛される航空会社になる」と宣言しました。「世界で」という部分が重要だと私は思っています。長らく日本人向けのビジネスが中心だったJALは、世界中で知られている航空会社とは言えません。でも外国人の利用者に一度でも乗ってもらえれば、他の航空会社とはサービスの質が全然違うぞ、と必ず実感してもらえるはずです。良いイメージを海外にどんどん広げ、JALを世界に通用するブランドに育てていきたい。


瀬戸雄三

会社という組織は、どうしてもトップが脚光を浴びるものです。ですから、業績が良ければ、すごい社長だ、ということになる。しかし、組織が動いてはじめて成果が上がるのですから、いくら有能なトップでも、自分一人で業績を良くすることはできないのです。だからこそ、トップは組織全体の活性化を図るために、どうすれば良いかということを常に考えておかなければいけない。


伊藤雅俊(イトーヨーカドー)

どれほど一生懸命に作られたものであっても、売れない物は売れないというのが商売の世界です。商いというのは自分たちが作ったもの、提供したものに対して、お客様が価値を認めてくれて初めて成り立つ。お客様が認めてくれなければパッとダメになってしまう。それが原点です。