トマ・シルデの名言

トマ・シルデのプロフィール

トマ・シルデ。フランスの日本文化の総合博覧会「ジャパンエキスポ」代表。

トマ・シルデの名言 一覧

ジャパンエキスポの特徴は人工的な動きではなく、純粋に民間同士の交流の中から生まれたマーケットだということ。


我々は単に日本のアニメや漫画を紹介したいだけでなく、日本という国、文化に対する情熱があります。継続的に日本に興味を持ってもらうためにも、ポップカルチャーだけでなく、他の日本文化を紹介することも大事だと思っています。


ありがたいことに、ジャパンエキスポは立ち上げから15年で約25万人の方にお越しいただけるイベントとなりました。正直に言って、ここまでのイベントに成長するとは最初は考えていませんでしたが、要因はニーズにお応えしてきたからではないかと考えています。最初はインターネット上だけの交流だったものが、ファン同士がリアルな場所で会えるようになったことに加え、日本からの企業やアーティストが欧州で自らの存在をアピールするために製品や作品を持ち寄る場ともなりました。日本の商品を扱うフランス企業の参加もあります。一つのマーケットになったとも言えるかもしれません。


最初、我々はフランス国内ではなかなか受け入れられず、「変わった趣味を持った人達だな」と思われていました。それでも同好の士が集まる場所を作りたいと考えて立ち上げたのがジャパンエキスポです。日本文化への扉を開くために、フランスの人々に人気のアニメ、漫画を紹介しつつ、ポップカルチャー以外の文化についても幅広く紹介をしていきたいと考えました。


トマ・シルデの経歴・略歴

トマ・シルデ。フランスの日本文化の総合博覧会「ジャパンエキスポ」代表。

他の記事も読んでみる

樋口泰行

私に与えられた使命は、ダイエー単体としての競争力を回復することでした。かつては(中内功氏による)強力なトップダウン型の会社でしたから、現場が自分自身の頭で考えなくなっていたし、部門間の提携もあまりありませんでした。
【覚書き|ダイエー社長として再建をしていたころを振り返っての発言】


本田宗一郎

成功者は、例え不運な事態に見舞われても、この試練を乗り越えたら必ず成功すると考えている。そして、最後まで諦めなかった人間が成功しているのである


鈴木英敬

失敗事例にこそ次の成功のカギがある。


上田早夕里

この物語(『破滅の王』)はフィクションですが、史実を繋ぎあわせて、読者に「ひょっとしたら……」と感じさせるような虚構を作りました。書いていて心がけたのは、分かっている史実は変えないことでした。その日誰がどこにいたかということから、その場でどんな言葉を発したかまで、資料は忠実に取り入れるようにしました。史実を変えるのではなく、起こったことの解釈でどこまで独自性を出せるかが腕の見せ所。これまで書いてきた作品とは正反対のやり方で苦労しましたが、やりがいも大きかった。さすがにフィクションだろうというようなエピソードが実は史実だったりするので、関心がある方は巻末に載せた資料にあたってみてください。


千原せいじ

生きる上において間違った努力をし続けてしまうことは、何もしないよりもひどいですから。しまいには「俺、こんなに頑張ってんのに」って気持ちが入ってくる。この気持ちに心を奪われたら駄目です。そこで成長、止まってしまいますから。


枡野俊明

禅では実践を最も重んじています。そのことを教えているのが「冷暖自知(れいだんじち)」という禅語です。器に入っている水は見ているだけでは冷たいのか温かいのかはわからない。考えるより動くことが大事なのです。


蜂谷二郎

信用金庫でも私はリテール部門で個人のお客様とのビジネスを担当していました。そのときに感じていたのは、お客様の奥の奥まで見ていない限り、お客様にとっての最大のメリットを引き出すプレゼンはできないということでした。


石田淳(コンサルタント)

私は、これまで20年以上運動をしたことがなかったにもかかわらず、「半年後にフルマラソンを完走」という最終ゴールを立てて実行したことがありました。その目標に向けて最初に私がしたのは、「週に2回、20分歩く」ことです。行動を継続できない人がやってしまいがちなのは、張り切って最初から高めの目標を設定すること。例えばランニングなら、「出勤前に3キロ走る」といった目標です。しかし、未経験者がいきなり3キロも走ると、疲れすぎてその後の仕事に影響が出てしまうでしょう。本気でゴールを目指すのなら、最初は物足りないぐらいのサブゴールを、週に1回ペースでこまめに設定すること。ちなみに私は、半年後にフルマラソンを完走したのち、トライアスロンや100キロマラソンをゴールに定め、全て完走しました。未経験者がウォーキングから始めても、ここまでできるんです!


山岡孫吉

乗鞍岳の東大宇宙線研究所に納入する自動発停式の自家発電用ディーゼルを製作して、一部の同業者間に流布されていた「ヤンマーは技術の低い百姓のエンジン屋だ」という悪口を完全に封じた。


松本幸夫

ソフトバンクの孫正義氏は、坂本龍馬を敬愛しています。龍馬に恥じない仕事をすることを自らに課し、大企業になっても現状維持せず、買収などで更なる成長を目指しています。目標を持つことで自らを鼓舞し続けているわけです。


山口洋

保育の質を上げ、評判を高める。「○○会社の保育は良い」という親の評判が定着すれば、自治体もその会社の設置を認めるようになる。そのために保育士向けに質の高い教育・研修を課し、処遇も上げていく。


鈴木英智佳

だじゃれには、場を和ませ、相手との距離を縮める効果があります。数パターンのスキルを学ぶことで、老若男女、誰でも作り出せるのもだじゃれの良さです。いまでは、小学3年生の国語の教科書でも紹介されていますし、お年寄りの間で脳トレとして使われることも。おじいちゃん・おばあちゃんがお孫さんとだじゃれで遊ぶ場面を見ると、温かい気持ちになります。


杉山金太郎

大豆油を食用にし、脱脂大豆(油を搾ったあとのいわゆる「豆かす」)を、醤油、味噌、豆腐の三大用途に使うことを完成し、私の生涯の理想もここに至ってはじめて実現したことになるのである。「杉山さん、あんた、これだけのことを国家に対してやったのだから、勲章をもらわなければいけませんね」と冗談を言う人があるが、私も「せめて勲三等ぐらいならね。四等より下ならご辞退しますよ」と冗談を言うのである。


上西京一郎

東京ディズニーランドの場合、現場に立つキャスト(従業員)のほとんどは準社員、いわゆるアルバイトです。応募されるのは小さいときから来園され、ディズニーが大好きでキャストとして働いてみたいというインセンティブを持った方が非常に多い。入り口部分で意欲の高い方に集まっていただけるのは、開園以来26年間、我々が懸命に守り続けてきたディズニーのブランド力によるものでしょう。


前川孝雄

場合によっては、どうしても上司と戦わなければならない場面があるかもしれません。最後の手段として戦うからには、勝ちにいくべきです。そのためには、自分が動かず、周りに動いてもらうこと。上司の上司、斜め上の上司などを動員するのです。目的が会社のためになることなら、協力してくれるはずです。直属の上司だけではなく、上司の上司や斜め上の上司とも、日頃から出良好な人間関係を築いておくべきです。


ページの先頭へ